|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

ようこそカピタニオへ!

P4070858-min   4月7日(木)は、聖カピタニオ女子高等学校第60回入学式が執り行われました。

春の暖かなそよ風に桜の花びらが舞い落ちる様子は、新入生の門出を祝福しているように感じました。

 

 

今年度から本校の校長に就任された村手元樹新校長は、新生活に不安を抱えている新入生に向かって、入学式に臨んでいる今の自分は何のために学校に進学したのか考えるように話されました。

そのお話の要点を紹介します。

P4070871-min

 

「義務教育を終えて、皆さんは高校に進学することを選択しました。

令和2年度のデータでは日本の進学率は98.8%。

ほとんどの中学生が高校生になります。

世界に目を向けると、15歳以上で学校に通っているのは60%台で、約1億2100万の子どもたちが教育を受けられない状況の中、高等教育を受けられる皆さんは高校に進学したことは、世界的に見れば少しも当たり前のことではないことが分かります。

 

日本で高校に進学することも当たり前ではありません。

自分の力だけで高校で学ぶことができないからです。

公的機関をはじめ、社会の人々の支援がなければ高校には成り立ちません。

また何より保護者の助けがなければ高校へ行くことができません。

この様に、感謝の気持ちは、自分が周りの人や物に支えられていること、自分が一人ではないことを自覚させてくれます。

 

P4071020-minまた、グローバルな視点で高校生活を考えることは、私たちに学ぶことの本来の意味を思い出させてくれます。

マララさんは「知識は力、教育こそが世界を変える唯一の解決策である」と言っています。自分の生活を豊かにするためには知識や考える力が必要だからです。

 

また周りの誰かを助け、その人の力となるためにも、皆と共に平和で幸せな社会を作っていくためにも学問は不可欠です。

助けたい誰かはまだ見ぬ大切な人かもしれません。

そのために学校に通うのです。

 

高校生活は順調なことだけではありません。

さまざまな課題に直面した時、まず自分で解決策を探ることが必要です。

人は成功より失敗から多くのことを学び、それが成長のチャンスとなります。

自立とは一人で立つことではありません。

感謝しながら他者と力を合わせて生きることです。

自分の弱さを知り、助けを求める勇気を持つのが真の強さです。

強がることは強さとは違います。

それがカピタニオで学ぶ大切なことの一つです。」

P4070851-min

村手校長先生は新入生に向かって、これからの高校生活を送る目的を話してくださいました。

人間は意味を考える生きものです。

「何のために、私はこの学校に来て学んでいるのだろう?」

と自分に問いかけながら歩む3年間。

そうすれば、「自分が何のためにこの世で生きているのか?何をしなくちゃいけないのか?」

と神様が望んでおられる自分の存在意義の答えも見つかるかもしれません。

 

P4070862-minそうして、3年後には「自分を好き」になり、他者のために生きることに喜びを感じる女性に成長していくことでしょう。

そのように成長できるように、共に歩んでまいりましょう!

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

声の力

P3020645-min前日の雨も上がり、3月2日第57回卒業証書授与式が無事執り行われました。

 

 

 

今年の卒業式は、1,2年生も参加して行われるのではないかという淡い期待を持っていましたが、やはりコロナウイルスには勝てませんでした。

P3020548-min昨年と違い保護者の参加人数を制限しませんでしたので、ご家族で参加してくださったご家庭もありました。3年間の集大成である卒業式に臨む生徒たちの表情は、生徒の顔から女性の顔に変化していました。

 

 

 

今年卒業していった生徒たちは、本校に入学し聖カピタニオ女子高校の生活を当たり前のように楽しんで過ごしていました。

1年生の時年間計画の行事は、全て行うことができました。

ところが、1年生の2月から当たり前の学校生活ができなくなってきました。コロナウイルスの感染が拡大し、その時からの異常事態は今も続いています。

 

その様な学校生活を経験してきたからこそ読まれた答辞が、例年とは少し違う趣の内容になっていました。

P3020686-min

 

「・・・仲間と経験した高校生活での様々な行事。

私たちにとっての初めての音楽会は、この学校にとって最後の音楽会でした。

練習ではクラスで声を掛け合ことで自主性が生まれてきました。

本番、どのクラスもカリタスホームに響く歌声で、みんなで声を出して心を合わせて歌うことの楽しさを実感しました。

学年が上がり2年生。

もっと楽しい行事が私たちを待っているだろうと思った矢先、新型コロナウイルスの影響により、学校に登校するという日常ですら難しい状況に変わりました。

久しぶりに登校した時、グランドから聞こえるサッカー部の声、カリタスホームに響く歌声、お弁当の時間に仲間と話す皆の声、そこには何もありませんでした。

声の力が好きだった私にとって、それはあまりにも辛い事でした。

声が出せないこと、集まれないことへのもどかしさを多くの人たちが感じていたことと思います。

japanese-style_00048

・・・正直すべての行事を経験できていない私たちの学年は、何か欠けたまま卒業してしまうのではないかと不安です。

沖縄で体験する命の大切さ、体育祭のプロムナードによって生まれる学年の絆、私たちにはわからないことです。

だからこそ、この学校でもう少しみんなと一緒に居たい、そう思ってしまいます。

でも、離れても、一緒にいる時間が違っても、何週間もみんなに会えない状況が続いても、出会えた時には笑顔になれるよう声を掛け合い、コロナに負けずに頑張ってこられたわたしたちなら大丈夫。

そう信じています。

white-plum-blossoms-181159_960_720

 

 

 

 

・・・最後に、私はこの学校で気づいた声の力を胸に、仲間との思いで、行事が無くなり声を使う機会が減ってしまったことの悔しさ、すべてを持って夢に向かいます。

私たち卒業生は。それぞれの人生を今か今かと満開を待っている桜の花のように明るく、前を向いて歩んでいきます。・・・」

P3020681-min

卒業式後、答辞を読む代表の生徒に私の感想を話しました。

その時彼女から返ってきた言葉は、

「参考のために前年度の答辞を見させてもらいましたが、私たちが経験していない行事のことが書かれていたので、自分の感じたことを書きました。」

でした。

カピタニオでの生活を十分できなかったことで、もしその行事に参加していたら自分の心も成長していたはずではないかという不安。

P3020656-min不完全燃焼状態で卒業していった生徒たちが、これからの人生でできることを精一杯に取り組んで、今、今生きている喜びを体験していくことを願って、送り出しました。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

春の訪れ・・・

今年の冬は例年になく雪が降り、寒い日々を過ごしました。01_03r

その中で、春の温かな日々が訪れるように、3年生たちは新たな門出を迎える準備をしていきました。

 

 

220220225_022429743_iOS-min月25日は感謝ミサ。

コロナ禍の中で今年もカリタスホームで行いました。

司式は、春日井教会の北向神父様にお願いいたしました。

その中のお話を抜粋して紹介します。

 

 

20220225_014436974_iOS-min

「・・・友達とはあなたの欠点を愛してくれる人(チャールズ・M・シュルツ)。

3年間でこのような友達をたくさん得たと思います。

思い出されるのは友達と共に歩んだ記憶が大半かもしれません。

授業や行事や部活動・プライベートで友情を育んできたことでしょう。

また同時に私たちは第3者の視点から見守ったり、アドバイスをしてくれる人もいたはずです。

この学び舎で進路だけではなく、一人の人間として3年間を過ごすかについて、先生方も腐心してきました。

振り返ってみれば、カピタニオ女子高等学校はそのようなことを大切にする場所であったことを、皆さんはお気づきになっていることでしょう。

 

・・・それはあなた方が社会の中で。

一粒の麦になるために必要なことだったから。卒業した後、種の栄養を使って種子が芽吹くように、大きく成長してほしいからです。

神様の愛はどんな時でも私たち一人ひとりに「あなたが大切だ」と言ってくれる愛です。

その愛を他の人にも自分にも向けてあげられるようになって、初めて私たちは一粒の麦になれるのです。・・・」

20220225_014535254_iOS-min

 

 

20220225_014334017_iOS-min生徒達一人ひとりの表情を見ていると、神父様がお話してくださったように3年間で自分の種に必要な栄養を与えてきたことが分かります。

そこには入学時の幼さは見られず、これから先社会の中で自分らしく輝き、社会の一員として生きていく力を蓄えている女性の顔がありました。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

そこに希望がある

2022年、明けましておめでとうございます。本年も本校の教育活動を皆様に配信していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

p_1087

昨年の12月行事の様子は、私の都合により配信できなくて申し訳ございませんでした。

 

PC100022[1]恒例の奉仕活動は、今年度もコロナの関係で1日学校内での活動が行われました。活動内容も3年生にアンケートを取り、以前のように縦割りの活動を行うことができました。

 

 

PC100140[1]この学び舎で3年間学ぶ機会を与えられた仲間との友情を育てるためにも、いい企画だったようです。来年度こそ、地域の施設に出かけての奉仕活動ができれば願っています。

 

 

 

クリスマス会は昨年同様、生徒たちの合唱はなく、代表生徒による演奏が行われました。

クリスマス」の言葉の意味は、「キリストの誕生を祝うミサ」ということを知った1年生にとって、これまでと違ったクリスマスを迎えられたと思います。

DSC_5354[1]

クリスマス」は宗教に関係なく、今や全世界でお祝いされている行事です。

テレビを見ていると

「誰に何をプレゼントしますか?」

「何をプレゼントされたら嬉しいですか?」

と街頭でのインタビューの様子が流れていました。

1年に1回(誕生日のプレゼントを除いて)、それも全世界で多くの人たちが大切な人の喜ぶ顔を思い浮かべながらプレゼントを選ぶ日がある事こそ、私は神様からの贈り物だと思います。

 

画像_-20211222-050334-8f746be4[1]

幼子イエスの誕生は、私たち一人ひとりに対する神様からの贈り物です。

それは、私たちの人生に寄り添って歩みたいという神様の思いが目に見える形で、具体的に示されました。

神である父の独り子イエスを私たちにお与えくださった、その意味は、私たち一人ひとりに神様が「あなたは私の愛する子」というメッセージを伝えるためです。

 

だから、神様が私たちに示してくださったように、私たちは大切な人に自分の心の思いを目に見えるプレゼントとして贈ります。

 

この新しい年も、コロナ感染者急増のニュースから始まりました。

人間関係が希薄になりつつある今だからこそ、クリスマスのメッセージを思い出し、お互いに対する思いやりの心をもって1年を過ごしていきましょう!

1000088588_1000004711_1487411568

 

 

ページの先頭へ戻る

ガイドランナー

IMG_0638[1]コロナ禍のハローウイーンも無事終わり、11月に入りました。11月はカトリック教会では、「死者の月」として亡くなった方々のためにお祈りを捧げる月です。

 

 

IMG_0633[1]本校も各クラスの慰霊祭を終え、11月4日(木)に全校で慰霊の集いを行いました。

理事長先生から創立58年間、本校に携わってくださった教職員、在校中に亡くなられた生徒の皆さんの名前が読み上げられました。

その名前に毎年数名ずつ加えられていくのを知ると、本校の歴史を感じますね。

 

 

例年のように、春日井教会の主任司祭、北向修一神父様にみ言葉の祭儀を執り行っていただきました。

その中のお話を抜粋いたします。

 

IMG_0637[1]

 

「・・・さて、コロナ禍の中で私たちに楽しい時間と希望を与えてくれたオリンピックとパラリンピックを覚えているでしょうか。

私は道下選手と二人の伴走者の走りが一番印象に残っています。

この競技の鍵となる伴走者(ガイドランナー)のルールが3つあります。

このルールに基づきランナーがゴールに到達するまで一心同体でサポートします。

アドバイスをしても、自分の力でゴールするように離れるでもなく近づくでもなく信頼というガイドに結ばれ、共に同じ道を走ります。

もし、私たちに最良なパートナーがいるとすれば、こんな人なのかなと感じました。

私たちに道を作ってくれた先人たちも大切な友だちや先生方、そして、神様と一緒にこの3年間を駆け抜けた方々です。

今度は同じように天国から神様と共に後輩である私たちの3年間を見守ってくださっています。

先に天国に旅立った先輩方、シスター方、先生方、恩人との絆というテザーを思い起こすために私たちは毎年慰霊祭を行っています。・・・」

 

 1601519274038_726960_sample

 
神父様のお話を聞きながら、私たち一人ひとりの1番のガイドランナーは、人となってこの世に来てくださったイエス・キリストだと再確認しました。

イエス・キリストは、ご自分のことを

「道、真理、命」

とおっしゃています(ヨハネ福音書14章6節)。

私たちの人生のガイドランナーとして、私たちがこの世での命を全うしていくべきところへと案内してくださる方が、いつも共に歩んでくださっていることを知ると、深い安心感と平和な心になれますね。

xadf3679deedf4acae1b94e272d7007df.pagespeed.ic_.1KM8RHwg37

ページの先頭へ戻る