|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

3Rを訴える!

 穏やかな気候のもと、2月16日(土)オアシス21で、今年のテーマ「プラスチックごみ・生物多様性・温暖化」について発表しました。

プラスチックごみが地球に与えている現状を写真や動画、B紙に書き、来場してくださった方々に説明し、プラスチックの3Rについて共に考える時間になりました。

20180216オアシス21_190219_00213Rとは、reduce(ごみ発生抑制)、reuse(再利用)、recycle(再生利用)のことを言います。

生徒たちが調べて得た結論は、reduce(ごみ発生抑制)の大切さです。

私たち一人ひとりが気をつけて行動すれば、海の生物たちにとって生きやすい環境を造ることができます。

それがまわりまわって、私たちの生活も安全で豊かな生活を送ることができます。

 

20180216オアシス21_190219_0025 来場してくださった多く方々の中に、子供連れの親子の姿や中学生の姿が目立ちました。

説明する生徒たちは最初は緊張していましたが、説明するたびに自信をつけ、目の表情も生き生きしていました。

また、ステージでは生徒達が調べたことを、クイズや劇で表現していました。

回を重ねるごとに、ステージ発表の内容に深まりがあり、生徒たちが持っている才能に感心しました。

 

 今年は3年生の参加者が少なく、1年生、2年生の授業後の活動が主になってしまったので、2月16日に間に合うのか心配しましたが、3年生のチームワークがよく、1年生、2年生を引っ張りみんなで協力してやり遂げることができました。

18日(月)の反省会の時、1年生2年生の生徒たちから3年生に対して、感謝のセレモニーが準備されていてビックリしました。

苦楽を共にした仲間だからこそ、このような形で感謝の心を表現できたのでしょうね。

 20180216オアシス21_190219_0044

 

 BEP活動に参加した生徒たちの感想を抜粋して紹介します。

 

*友人に誘われてBEPの活動に参加した。

20180216オアシス21_190219_0037最初のBEP塾や谷口先生のレクチャーを受け、地球の現状を知りとてもショックを受けた。

特に、海の生き物たちの写真には、とても衝撃を受けました。

この活動に参加して、地球の現状を知れて本当に良かった。(1年生)

 

20180216オアシス21_190219_0042*オアシス21のイベントで、一般の方々と話す機会がたくさんありました。

その時緊張しましたが、それ以上に人に説明する難しさを知りました。

自分は理解していても、相手がどれだけの知識を持っているのかわからず理解してもらうように説明するのが難しく大変でした。

BEPを通して、みんなで協力してやればアイデアも出てくるし、作業も楽しくでき早く進むし、何事も成功することを学びました。(1年生)

 

*オアシス21のイベントに、耳が聞こえなく、言葉もうまく話すことができない方に説明する機会がありました。

20180216オアシス21_190219_0071言葉で説明することができないので、B紙を指さしたり、表情やジェスチャーで伝えると、相手の方も私に笑顔でジェスチャーで会話をしてくれました。

この出来事を通して、言葉で伝えること以外のコミュニケーション方法があることを知り、それを今度学びたいと思うようになりました。(2年生)

 

*BEPは他では味わうことのできない貴重な経験ができます。

20180216オアシス21_190219_0023生徒達が主体となり企画・運営をし、一般の方々に向けて環境問題について啓発していく活動で、学生の今しかできない活動です。

また、地球上で起こっている環境問題に目を向け、たくさんのことを学ぶことで社会に目を向けるチャンスになります。

また、イベントで多くの方々に学んできたことを直接説明することも、リーダーとしてみんなをまとめていくことの大変さもあり、自分自身を成長させる機会になったと思います。(2年生)

 

 オアシス21の会場での、子どもと共に親子で楽しそうに学ぶ様子を見て、家庭の中で今日見たことや地球環境をよくすることについて親子で話題にしていることを想像し、独りでほっこりした気持ちになっていました(笑)。

地球をよくするためには、一人ひとりの意識改革が大切ですね。

その意識改革のサポートをさせて頂くために頑張った生徒たち自身も、いろいろな意味で意識改革ができた機会になり大きく成長したようです。

 20180216オアシス21_190219_0007

 

 

ページの先頭へ戻る

ブルーアースプロジェクト開始

 2019年、新しい年が始まり早1か月が過ぎました。今年もよろしくお願いいたします。

 

 1月から生徒たち有志のBlue Earth Project(BEP)が始まりました。

IMG_3826今年のテーマは「プラスチックごみ・生物多様性・温暖化」です。

最近話題になっているプラスチックごみの問題について考え、身近なことから何ができるのか生徒たちは話し合い、オアシス21で皆様に伝えたいと活動を開始しました。

 

 IMG_3824まず初めにプラスチックの問題を知るために、学習会を開きました。講師はNPO法人BEPの大学生の方々、そして神戸松蔭高校の谷口先生です。

生徒たちは日ごろ目にしない海の中で起きている世界を知り、心を痛めていました。

 

 更に1月26日に行われた「第8回藤前干潟 伊勢・三河湾のごみと水を考える集い」に参加し、環境をよくするために地道に活動を行っている地域の方々の貴重なお話を伺うことができました。

そこで、ペットボトルが捨てられ、それが川から海に流れ出し、海を汚染していく過程を知りました。

一人ひとりの意識を変えていかないと、自然がますます壊され人間に害を及ぼしてしまうこの現実を、一人でも多くの人たちに伝えたいという思いを生徒たちはもったようです。

藤前干潟 ゴミと水を考える集い_190130_0006藤前干潟 ゴミと水を考える集い_190130_0005

 

 そこで、瀬戸市内の様々な店舗に出向き、1月28日~2月12日の間、私たちの活動内容と今の海の現状を書いた小箱の設置とポスターの掲示をお願いいたしました。

店舗アタックの様子②例えば、ちょっと立ち寄ったお店に置かれた小箱に書かれてある内容を読んでいただき、自分はどの行動をとって自然を守るか意思表示をしていただきたいと思っています。

店舗に小箱、ポスター設置のお願いに伺った際、私達の活動を応援し協力してくださり、生徒たちのやる気に火がついたようです(笑)。

 

 2月16日(土)オアシス21で、学んだことをブースや舞台で発表できるように生徒たちは取り組んでいますので、ぜひ見に来ていただき、一緒に地球を守っていきましょう。

 

 

ページの先頭へ戻る

内から湧き上がる喜び

 毎年恒例で行われている待降節中の奉仕活動が、12月6日、7日に実施されました。

今年のキーワードは、「HAPPINESS」です。

キーワードは、聖バルトロメア・カピタニオの生き方から毎年選んでいます。

聖女は、いつも相手の幸せを望み、今自分ができることに愛を込めて行動していた方です。

生徒たちもこの2日間、聖女の生き方から学び、相手の幸せを祈りながら奉仕させていただいたと思います。

生徒たちを受け入れてくださった施設の方々に、心より感謝申し上げます。

奉仕活動をさせて頂くということより、生徒たちは学校生活で気付かない自分に気づかされた2日間になったと思います。

そのことを次の生徒が感想に述べていたので紹介します。

 

IMG_3546 IMG_3557

*初めての障害者施設での奉仕活動は、慣れない事ばかりで本当に大変でした。

でも慣れない作業をして、改めて学ぶことがたくさんあったので、とても強くなれた気がします。

障害者の方を見て、本当に彼らは純粋な方なんだと思いました。

彼らに関わることによって自分の心の汚さを見透かされているような気がして、自分の心のエゴに気づかされました。

そういったことがあって改めて心から彼らに向き合うことができたのかもしれません。

大変で辛いと思うこともあったけれど、それ以上に学ばされることが多くて自分の成長に意味のあった2日間だったと思います。(1年生)

 

IMG_3562 IMG_3567 IMG_3582

 

 奉仕活動が終わり、今度は音楽会。クラスの一人ひとりの参加が問われる行事だからこそ、クラス内での話し合いが行われ、ここでも自分のエゴと向き合う時間になったようです。その成果が本番の音楽会で発揮され、クラス皆の心が一つになりました。

 

IMG_20181219_111436 IMG_20181219_105847

 

 21日は、クリスマス会。刈谷教会の主任司祭フィリップ様に、司式をしていただきました。神父様から、次のようにクリスマスの意味をお話してくださいました。

 

IMGP8168

 

 「私の名前の意味は、馬を愛する男です。日本で29回目のクリスマスを祝います。心は日本人ですが、体はインド人です。」

とみんなを笑わせる自己紹介をなさった後、神父様の体験を話してくださいました。

「息子が不良になり、そのことを悩んでいた母親が私の所に相談をしにきました。

母親の話を聞きながら、息子と縁を切ったつもりで息子と関わりなさいと話しました。縁を切るためには愛が必要です。

愛は、信頼、与える、赦すことです。人を背負う必要はありません。クリスマスは、神が人間になったことを祝います。

神の独り子は、私と同じように生き、私と共に成長してくださいました。

そのイエスのように、息子を背負うのではなく、お互いに支え合うことが大切です。

自分の足で歩き、お互いに支え合うと、そこに幸せが生まれます。幸せな家庭が生まれます。

自分の幸せは自分のものではなく、家族みんなのものです。クリスマスは家族でお祝いします。」

という内容で、生徒たちと言うより保護者向けの内容でした。

 

IMGP8155

 

 卒業生の保護者が、

「行事担当の先生が、日常生活から離れ神様と向き合う時間、自分と向き合う時間になったと思いますと言ってくださったように、そんな時間を持つことができました。」

と感想を述べてくださいました。

 

 12月に行なわれた行事に一つひとつ取り組みながら、クリスマスの意味である

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」(ヨハネ福音書3章16a節)

のみ言葉のように、自分がどれだけ神様から大切にされている存在かに気づき喜びが内から湧き上がってきます。

それがクリスマスの喜びです。

 

DSC_0204

 

 今年1年いろいろお世話になりました。

以前に比べブログの回数が減り心苦しいのですが、できるだけ生徒たちの様子をお知らせいたします。

新しい年が皆様にとって良い年でありますように、お祈り申し上げます。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

「いのちの学習」を終えて

 3年生の高校生最後の「いのちの学習」は、10月18日に行われました。

講師は丹羽咲江先生です。先生には各学年でお話していただいている関係で、3年生に対しては社会に出ていく生徒達のことを考えてお話をしていただきました。

毎年先生のお話を聞いていても1年たつと忘れてしまうから、また聞けたことに感謝するという内容の感想を、多くの生徒が述べていました。

 P6080019

 

 今回、先生は1・2年生からのお話を復習しながら、社会人として知っておくべき妊娠について、精子の働き、卵子の働き、受精卵からヒトへと成長し誕生(出産)する様子を3D映像を使いながら分かりやすくお話をしてくださいました。

妊娠適齢期を知ることによって自分の人生設計をたてることや、SEXはコミュニケーションだから、2人で段階を踏みながら親密さを育てていき妊娠について話し合った結果の最後の段階であることなど、先生の話し方は女性の先輩として、またドクターとして生徒たちの心に伝わってきました。

 

 

 咲江先生のお話も最後とあって、生徒たちは真剣にお話を聞き、次のように感想を述べてくれました。(抜粋)

 

KIS_5467*人間の脳を説明する時に、カエルと猫の脳の働きと比較しながら話してもらい、人間の脳の働きである、思いやることができる相手を見つけたいと思ったし、自分も思いやりの気持ちを大切にしたいと思った。

 

*私は子どもが欲しいと思っているので、今日のお話は将来自分も体験することになるが、パートナーとしっかり話し合い、子供を育てられる準備を整えることが大事であることが分かった。

自分が幸せに、健康に生きるためにも、正しい情報で知識を学び、正しい判断、行動をとれる人になりたい。

 

IMG_1297*今の自分にとっても、これからの自分にとっても、とても学ぶことが多くあった講演会だった。

1回だけだったらとか、自分は妊娠しないだろうなんて軽い気持ちを絶対持たず、自分の体は自分がしっかり守れるようにしないといけないと思った。

実際に中絶をした人の話を聞くと、自分ひとりじゃ押しつぶされてしまうくらいの罪悪感を感じることや、毎日思い出すという言葉に、たった一度の性行為で自分の人生を捨ててしまわないように、きちんとした知識を持っていたいと思った。

 

*この講演会では自分が成長していく上で起こりうる状況について解決策や対策を考えることができた。

例えば、レイプされたらどうすか、子どもが欲しいと思った時にどの年齢で結婚すべきか、もし妊娠したらどうやってストレスを抱えないように生活していくかなど、今まで考えもしなかった女性としての将来のことを考えるきっかけになった。

 

KIS_5426*今日のお話を聞いて、改めて赤ちゃんが生まれるって、すごいことなんだなと感じた。

だからこそ、望まない妊娠で悲しむことがないように、相手任せにせず、自分の身は自分で守らなくちゃいけないと思った。

 

*自分が成長し年齢を重ねていくにつれて、「いのちの学習」が自分にとってとても大切だという実感がわいてきた。

今後の生活で人間関係も身体的な問題も関わってくるため簡単なことではないかもしれないけれど、取り返しのつかない過ちをしないように心がけていきたいと思ったと同時に、自分自身を大切にしていきたいと思った。

 

IMG_0006*特に印象に残ったことは、ピルにはたくさんの種類があることだった。

今まで一種類しかないと思っていて、今回の話を聞いて本当に良かったと思った。

また、受精した時から「人間」であり感情を持っていることを聞いて、改めて人間について考えさせられ、妊婦にとって環境がどんなに大切かが分かった。

 

*命の誕生の素晴らしさに、改めて気づいた講演会だった。

「今この世界にいることが奇跡」という言葉の意味に、とても納得した。自分の体は自分で守り、大切に生きていこうと思った。

 

*女性と男性の性に対する考え方を感じたので、嫌なことは嫌とはっきり伝えること、相手としっかり会話をすることが大切だと思った。

 

IMG_0005*今回最も勉強になったのは、男性側の本音だ。

こういう話題を男女で直接話し合うことがないし、女子高だから男子と話をすることすらあまりないので良い機会だと思った。

男性側が知っていると思って相手に任せてしまう話をよく聞くが、実は男性も正しい知識を持っていないことも多いことに気づいた。

相手に任せずに、きちんと二人で知識を共有して話し合って決めていかないといけないと感じた。

 

 

 この「いのちの学習」の時間は、学年の教員も参加します。

職員室で感想を述べ合うことがありますが、ある男性教員は、「男性にもカピタニオでやっている授業をさせればいいのに。」と男性の立場からの本音を呟いてくれました。

私自身、ずっと願っている事だったので、とても嬉しく二人で今後の教育について夢を語り合いました。

本校で学習した生徒たちが学んだことを、将来出会うパートナーに伝えてくれればと願っています。

「性は生きること」と言われますが、この高校生の時期は、「性」について悩む時期です。

本能のままに行動をし、大切な自分の人生を壊す可能性を秘めているので、この時期だからこそ、このようなお話を聞くのは、とても大切なことだと思っています。

 IMG_0052

 

 丹羽咲江先生が、「自分が幸せに生きる」権利があると言われた言葉を、生徒たちがしっかりと心に刻み、これからの人生を歩んでもらいたいと思っています。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

私たちの託されたバトン

 11月は、カトリック教会では、死者の月になっています。

それにちなんで、本校に関わりのあった方々のご冥福を祈る慰霊の集いを、10月25日(木)の全校朝礼で行いました。

司式をしてくださったカトリック春日井教会の北向修一神父様は、次のようにお話をしてくださいました。

DSC_1500

 

「全日本実業団対抗女子駅伝予選会(福岡県)で、岩谷産業の第2区岩田玲(19)が残り約200mで走ることができなくなり、四つん這いでタスキを渡したニュースがありました。

単なる美談か、大会ルールの問題かはさておき、選手が渡されたバトンは大変な重みがあり、なんとしてでも送り届けなければならないという姿は、たくさんの人の目に焼き付きました。」

と始められた神父様は、今日朗読されたヨハネによる福音書14章1~6節の、イエスから託されたバトンを弟子たちが受け取ることができない様子の描写にちなみ、幼稚園の運動会の園児たちのリレーの様子を話されました。

 

DSC_1490「幼稚園でもリレーは人気で一刻も早くバトンを受け取ろうとウズウズしています。

渡す方も必死で一瞬でも早く渡そうと張り切っています。

競争やレースを人生に置き換えるならばスポーツのように簡単にはいきません。

両親の言うこと・先生が教えること・先輩の指導など私たちはいつも誰かから大切なものを引き継ぐように託されています。

ところが人生とか生き方は受け取る私たちの心が育っていなければ、正確に受け取れません。

何よりそれが正しいことで受け入れていいものかどうか、自分にその資格があるか悩み、自信がないのは当然なことです。

高校生活はその模索の日々と言っても過言ではありません。」

とお話が続きます。

 

DSC_1511「聖バルトロメア・カピタニオは修道会を創立した後すぐ亡くなり、そのバトンが聖ヴィンチェンツァ・ジェローザに渡された時、受け取った彼女は『自分には無理』と思いました。

しかし、自分の考えではなく神の思いに沿い、そのバトンをしっかり受け取ったからこうして一粒の麦が豊かな実を結ぶことができました。」

「慰霊する私たちも心はまだ発展途上ですが、天国に先立ったシスター方・先生方・生徒の皆さん・本校に手助けしてくださった方々は、私たちを今でも天国から見守り大切なバトンを渡そうと願っています。

聖カピタニオ女子高等学校で学んだことをあなたがたにも伝えて欲しい。

愛徳(カリタ)を大切にする心で、たくさんの人たちを助けてより良い高校生活を送ってほしいという気持ちを感じてもらえたら、私たちの心は自然に祈る心が生まれます。」

とお話を結ばれました。

 

理事長先生から本校に関わった方々のお名前を読み上げられましたが、今年もその名簿に名前が加わりました。多くの方々の思いは時間の流れの中で、永遠に受け継がれていると思うと、まさに神様の働きですね。

DSC_1512

この慰霊の集いの前に、宗教の授業の中で各クラスの慰霊祭を執り行いました。

いのちは受け継がれていることを話しましたが、“今私が存在している”前にどれだけの方々が自分の命を生きていかれたか、その中のお一人でも欠けると自分は今ここにいないことを話しました。

生徒たちが、自分たちが生かされているということに少しでも気づき、毎日の何気ない小さなことに感謝できる心が育っていくように祈ります。

 

 

 

ページの先頭へ戻る