|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

いのちの学習

 先生 本校では学年ごとに、「いのちの学習」を行っています。3年生は10月12日(木)に実施しました。

講師は、咲江レディースクリニックの丹羽咲江先生です。

先生は職業柄、現在女子高生たちがどのような様子なのか理解しておられるので、ピンポイントでお話してくださいました。

 

 内容は、SNSで出会った男の子との交際の結末を、3つのケースで具体的にお話してくださり、男の子の「大丈夫」は、絶対大丈夫ではないこと。

安全日はないので、自分の体をしっかり自分で守ること。望まない妊娠をした場合について。

妊娠をする適齢期等、これから生きていく上で、自分を大切にする為に知っておかなければならない知識を、しっかり教えてくださいました。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

生徒たちの感想を紹介します。

 

IMG_0304*3年間「いのちの学習」を学び、やっぱり自分の意見をパートナーに伝えることの大切さを再確認しました。

女性である以上、生きていく上で立ちはだかる壁はたくさんあると思うけれど、そこを乗り越えるためにはコミュニケーションが大切だと感じました。

 

*今まで何度か「いのちの学習」を受け、性に関わる話を多く聞くことができ、男性とどう上手くやっていくべきなのかや自分の体を第一に考えることが大切なのだということを知ることができた。

3年間の集大成として今日はより具体的にリアルに話してくださったので、もっと一人の女性として学ぶことがあるのだということを考えさせられた。

 

*私たちぐらいの歳の男の子で、異性の体のことに興味をはあっても、女性が妊娠した後のことや月経のことなど、きちんとした知識がない人がほとんどだと思うので、「絶対大丈夫」の根拠は本当にないんだと心から思いました。

 

IMG_0306*10代で妊娠とかドラマの中だけと思っていたけれど、先生のお話を聞いて驚いた。悪いこととは思わないけれど、私は計画的に自分が望んで妊娠、出産したいと思った。

今ではインタ―ネットやテレビなどで性に関する情報をすぐ手に入れることができるけれど、3年間の「いのちの学習」を通して、正しい情報を身につけることができた。

また、性のことについて学ぶことを恥ずかしいと感じた時もあったが、これから私たちが生きていく中でとても大切なことだと思えるようになった。

 

*女性という立場、子どもという一つの命について真剣に考えさせられた。私たちの身勝手な行動で亡くなってしまう命があることはとても悲しいこと。

自分は自分で守れるそんな強い女性になりたい。母にもよく強くなりなさいと言われます。

こういうことも含めてなんだろうなって思えました。恋することが怖いってなってしまうのではなくて、傷つくから成長できることもあるという言葉がとても心に響きました。

望まない妊娠をするまではいけないけれど、失敗して学ぶことは大切。女性としてのステキな人生の過ごし方も教えてくださった講演会でした。

 

IMG_0305*咲江先生の講演会は、イラストや写真が豊富でとてもわかりやすいので好きです!!

今回も気をつけなければいけないことが増えました。この講演会を受けているのといないのとでは、これからの人生が大きく左右されていくと思います。

私たちは恵まれているなぁ!自分たちの幸せのために、性の知識が必要なんだと言う言葉がぐっと心に刺さりました。

 

*正直今までこういった話は、あまり自分には関係ないと思っていたけど、今日の講演を聞いているうちに、後から性についてちゃんと勉強しておけばよかったと思わないように、今学ぶことが大切だということに気づかされました。

なぜなら、今日紹介されたトラブルのケースは全て性の知識が十分になかったことが共通していると思ったからです。

私は今日の話を聞いて、若い人々は皆性について学ぶべきだと思いました。相手に頼りすぎるのではなく、自分たち一人ひとりが自分の身を自分で守るべきだと思いました。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

「性は生」と言われますが、生徒たちの感想を読むと本当に実感します。

この世界の生き物には、「性」が与えられています。人間の性は、一人ひとりの生き方に影響を与えます。

ニュースで報道される内容が、その事を物語っています。生徒の感想にもあったように、男性、女性が性についてしっかりと学べば、もっと男女がお互いを尊重し合える社会になっていくことでしょう。

IMG_0050今年卒業した生徒が、「聖カピタニオを卒業して本当に良かったと思う。」「なぜ、そう思ったの?」「いのちの学習をさせてもらったから。大学に行って男女の関係が乱れていることに驚かされた。」と話してくれました。

自分を大切にする仕方を、「いのちの学習」から学んだ生徒たちの表情から、また成長したことが伝わってきました。

ページの先頭へ戻る

愛の実践

 1年生は宗教の時間、発表1週間の間で行った愛の実践を毎時間3名発表します。

2学期から始まったこのコーナーで各自の愛の実践を発表していますが、聞いている私たちの心はほっこりします。先日次のような発表がありました。

 

IMG_2219「譲り合い」 私は毎日、自転車で通学しています。私の通学ルートにはスーパーマーケットがあり、私が部活が終わって帰る時刻は、買い物をする人たちが多く車の出入りが激しいスーパーマーケットの駐車場の入り口を横切らなければなりません。

いつもその道だけはスムーズに進めず車の様子を少し確認しつつ通りますが、進むか譲るかで悩んでいましたが、最近では車の人に毎回譲り、スーパーマーケットから出てくる車がなくなってから進むようになりました。

その事から、私がこの実践で学んだことは、譲り合う大切さです。

もし、誰も譲らず、自分の思い通りに動く人ばかりだったら、スムーズに車が出入りすることはできません。

しかし、誰か一人でも譲り合いたいという心を持っている人がいれば、解決できる問題だと思います。

昨日の集会で先生がおっしゃった、「自分が今誰かのために、自分のためにできることを考えて、その事を実行するということ」を私たちが常に忘れず行動することが大切だと気づかされました。

 

人間の心には「人のために何かをしたい」という愛の気持ちがあります。

それと同時に、自分さえよければという気持ちもあります。

この2つの気持ちの葛藤の結果、その人の選択した道が、その人の人間性を育てていきますね。

そして、その心の動きに気づくことで、自分を成長させていくことができ、深い喜びが心の底から湧き上がってきます。

 I1210157940_1440_1280

これからもほっこりした愛の実践があれば、ご紹介しますね。

ページの先頭へ戻る

非日常のパワー

IMG_0204 夏休みが終わり、2学期が始まるとすぐ学園祭準備。

夏の蒸し暑い日々を過ごした生徒たちも先生たちも、学校生活のエンジンがなかなかかからない状態で、学園祭準備は始まりました。

今年のテーマは

「Once upon a time~私たちの世界を変えた人~」

でした。

このテーマのもと、各クラスが「ある分野や物を変えた人物」を取り上げました。

これまでの展示の仕方を変えるために生徒会執行部6人は、夏休み中ほぼ毎日登校し生徒会の部屋を、「聖バルトロメア・カピタニオ」ワールドに仕上げ、全校生徒たちに物作りの模範を示しました。

 DSC03685 DSC03687 DSC03688 DSC03695

 

 学園祭当日(10日)は、お天気にも恵まれたくさんの方々に来校していただき、全校に喜びのエネルギーが全開状態でした(笑)。

 DSC03792 DSC03822 DSC03793

 

 準備期間や学園祭当日の非日常生活によって、日常見ることがない生徒の姿、成長していく姿を見ることができます。

1つの目標に向い各自が協力することによって、自分の殻から脱出する機会が与えられます。

そのチャンスを自分で上手にキャッチできる生徒や周りの一言でキャッチできる生徒、まだまだ自分の殻を破れない生徒がいましたが、一人ひとりにとって大事な時間を過ごしていました。

 DSC03805 DSC03815 IMG_0258

 

今月のみ言葉、

「ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。」(ルカによる福音書16章10節)

平凡な日常生活が自分を形造り、その姿をチェックする機会が行事のような大きなイベントではないかと思います。

それは私たち教員にも言えることですね(笑)。

 

 今年の生徒会企画は、「アクションペインティング」を行いました。

広島大学准教授大島徹也先生から「アクションペインティングとジャクソン・ポロック」について講演をしていただきました。

DSC_0070

私にとって抽象画は縁遠いものでしたが、先生のお話を伺いながら非常な親しみを感じました。

そのお話の中で私が心に残っていることは、抽象画家は具象の中から本質的なものだけを取り上げて描いていることと作品を仕上げる過程を大切にしているということです。

 

 先生のお話を聞いた後、生徒たちは実際にキャンパスに向かって思い思いに絵具をぶつけていました。

DSC_0089 DSC_0099 DSC_0102 DSC_0108

 これも、自分の殻を破る機会になったと思います。

講演を聞き、実際に体を使って描く体験を通して、新たな自分を発見し多角的なものの見方がまた育った学園祭になりました。

 

ページの先頭へ戻る

魂のふれあい

 7月15日~16日、滋賀県東近江市佐野町にある止揚学園に行ってきました。

今年の参加者は、1年生だけのグループになりましたが、まとまりもよく積極的に活動をしていました。

IMG_1290

 

 生徒たちは止揚学園のお話を修養会で聞いているので、ある程度のことは想像して来ていると思いますが、知能に重い障がいを持っている人たちの施設へ行くのは初めてなので大変緊張した様子でした。

IMG_0981能登川駅から15分ほど歩いて、施設に向かいました。

最後の曲がり角を曲がると20m先にカラフルな建物が見え、その玄関先で止揚学園の人たちが思い思いに手を振って

「いらっしゃい!」 「待っていました!」 「ようこそ!」

と声を上げ私たちを大歓迎してくださいました。

ありのままの私たちを丸ごと受け止め大歓迎してくださっている様子に、生徒たちの心も開かれ、

「こんにちは!」

と声を上げ手を振り始めました。

 

 オリエンテーションで、職員の田村先生が私たちにお話をしてくださいました。

田村先生は、

IMG_0994 「私は誰?何のために生きているの?人間とは何か?と言う疑問を持ちながら生きてきて、この止揚学園に来て私は、一人の人間として受け入れられました。

いのちそのままを生きている脳に重い障がいを持っている人たちと一緒に生きて、出会って、自分の殻を破ることができました。

この施設は、命を守るために職員が心を一つにしているからチームワークが生まれます。」

 とご自分がこの施設で働くことになった経緯やご自分の心の内を話してくださいました。

 

 

IMG_0951IMG_0965 2日間止揚学園の方々と共に、食事の準備やお風呂、野菜取り、花火、プール遊びをしていくうちに、生徒たちの表情がどんどん変わっていきました。

それと同時に、積極性も出てきました。

止揚学園の方々のために準備していった「妖怪体操」を最初に踊った時は、恥ずかしがりながら踊っていましたが、最後には元気よく顔の表情も活き活きとして踊っていました。

また、止揚学園の方々を喜ばせるために何をしたらいいのか、チームで自分たちができることで相手を喜ばせることは何かと話し合っていました。

 

 

生徒たちが夜の分かち合いで話したことは、

IMG_0980・言葉を話すことのできない方々が自分の意思を、自分ができることで伝えようとしてる姿に感動した。

 

・自分はいつも相手が来るのを待っていた。自分たちが使える能力を一生懸命に使っている生き方を見て、自分はそんなに真剣に毎日を過ごしていないことに気づかされた。

 

・障がいを持っている人たちに偏見を持っていた。一緒に過ごして、自分たちと同じ人間であることを知った。

 

IMG_1171・私はいつも人から何かをしてもらう事を待っていた。ここの人たちは、いつも人のことを考えて声をかけてくれるので優しいと思った。

自分もこれから積極的に人と関わりを持とうと思った。

 

・ここの人たちと生活し、自分の殻を破れた気がした。人を怖いと思っていたけれど、その気持ちが薄れてきた。

 

IMG_1061・今まで自分のことしか考えていなかったし、人の目をいつも気にしていた。自分の素が出せなかった。

ここの人たちは、自分が思うことを素直に出しているのを見て、自分もこれから人の目を気にしなくてもいい生き方ができるような気がした。

 

 

 

 止揚学園に来て、まだ半日しか経っていないのに、生徒たちの魂が癒されている感じがしました。

その様子を見ながら、私は魂の本来の働きに気づかされました。

神から一人ひとりに与えられている魂は、他者のことを思いやる=愛の働きがあります。

IMG_0957 IMG_0960

 脳に重い障がいを持っている止揚学園の人たちは、私たちのように話したり、考えたり、自分の行動を自発的にする力が弱い分、魂の働きに忠実に動いているように思いました。

私たちは自分の行動を支配できるので、魂の本来の働きより自分の考えの方に囚われてしまいます。

そのため、かえって不自由な生き方をしているのではないかと思いました。

 

DSC_1083 修養会で福井生先生がおっしゃっていた、

「私たちは障がいを持っている人たちから、生き方を教えられます。」

という言葉に感動した生徒がいましたが、こちらに来て、その言葉が真実であることを確信しました。

本来の魂に触れたから、私たちの魂が癒されるのですね!

 

 

ページの先頭へ戻る

身近にある依存

KIS_5509 7月7日(金)薬物乱用防止教室が、開かれました。

講師は、岐阜ダルクから来ていただいた3人の女性です。

3人の女性たちは、現在で社会復帰できるように努力しておられます。

今回、本校の生徒たちにご自分の体験を赤裸々にお話してくださいました。

 

 

DSC_1068 アルコール依存所になったマユさん(51歳)は、大学生時代ディスコ、お酒の毎日。結婚するが離婚、そして再婚。

娘と夫の仲が悪くなり娘は自傷行為をする。会社は倒産。お酒漬けの毎日。

精神病院に入院し、現在リハビリをしながら社会復帰をしている過去のお話をしてくださいました。

 

 DSC_1069薬物依存症になったアヤカさん(25歳)、小さいころから、自分はいなくなればいいと思っていた。

人が怖く小学校、友人はいなかった。中学校へ行けば変われると思ったけれど、友人はできなかった。

両親は仲が悪かったので家に帰りたくなかった。

行く場所がないから学校のグランドにいたら、ヤンキーがやってきて毎日お酒を飲んで遊んでいた。

一応高校に入学したが、3か月で辞めてしまった。

家に帰りたくないから出会い系の男性と遊び、覚せい剤に手を出し始めた。

とにかく現実から逃げたかったと言葉を詰まらせながら話してくださいました。

 

DSC_1065 もう一人の方は、18歳の時に薬を使い始めた。摂食障害になった。

寂しかったが、その自分を隠し一人でも大丈夫なフリをしていた。

友人から嫌われたくないから、差し障りのないことばかり言っていた。

人と比較し、自分はダメ人間と思っていた。

両親は愛情を注いでくれたが、自分の欲しいものとは食い違っていた。

この気持ちを紛らわすために、アルコールに手をだし、男性と付き合い、その男性に薬物を勧められ嫌われたくないから薬物に手を出す。

薬物を飲むと現実逃避ができ、自分に対するコンプレックスも消えた。

薬物を手に入れるために、体を売ること、人をだますことは平気だったと、自分のこれまでの生き方を淡々と話してくださいました。

 

 image4

 

生徒たちの感想を抜粋し紹介します。

 

*私は自分を下に見る癖がある。「自分なんていなくなればいい。」話をしてくれた人と似た考え方をよくしていた。

私は薬やアルコールではなく、本に逃げた。

人の多い所や賑やかな所、自分が不安になる時は、本を触っていないと自分を保つことができなくなった。

IMG_0570本が好き。初めは一人でもいいと自分を納得させるため、寂しくないとごまかす手段だった。

私と私たちに話してくれた方々の違いは、薬やアルコールに逃げたか、本に逃げたかの違いだけだと思った。だから、聞いていて泣きそうになった。

でも今私は、本がなくても居られるようになった。だから、話をしてくださった方々も、やめれるように頑張ってほしい。

 

*まず、覚せい剤という言葉はニュースで聞いたことはあって、悪いことだなとは思っていたし、今までも講習などで「ダメ」って聞かされていた。

しかし、どうせヤンキーとか暴力団の人、芸能界の人とか裏の悪い人たちと繋がっていそうな人だけが買わされるものだと思っていたけれど、一般の普通の人も買ってしまうものだと知りました。

独りぼっちで「相談する」ってことを知らなくて、ネットで知り合った人と関わって出会うことがあるなら、私たちの身近でもあり得そうで怖くなりました。

 

IMG_7397*話を聞いて、とても苦しんできたんだなと思ったし、その時を思い出し話をするのでさえもとても辛そうに話していて、やってしまったら後悔しかないんだな、絶対やっちゃダメなんだと思いました。

話の中で「相談することを知らなかった」とか、「話してもどうせわかってくれない」というようなことを言っていたので、相談をしてみていたらもっと変わっていたかもしれないと思いました。

なので、自分が困ったり悩んだりした時は、人に話してみると自分一人ではどうにもならない事でもどうにかなるかもしれないので、相談をするというのはとても大切なことなんだと思いました。

 

*今日の講演で、実際に依存症を体験した人の生の声を聞くことができました。

とても貴重な体験になったし、依存症の恐ろしさを聞くことができました。

「悩んだら誰かに相談する」ことが、一番だと思います。それは簡単なことではないと思います。

yjimage誰しも知られたくない、言いたくない悩みがあります。

それを隠し通すのは、一生辛い思いをしなければならないけれど、信頼できる人や専門家の人に相談して恥ずかしいと思うのはその時だけだと思います。

その勇気を乗り越えれば人としてまた大きくなれるだろうし、人間関係も築けるし、心の傷も少しは癒されるのではないかと思いました。

 

*今日の話を聞いて共通しているところは、自分に自信がない、自分が嫌い、相談できる人がいないという精神状態の時に、薬物乱用に逃げるんだなと思った。

私も自信がない時はあるし、不安な時も、自分が嫌いになる時もあるけれど、相談できる人がいるというのが1番の救いなんだなと思った。

 

yjimage2*貴重なお話を聞くことができ、とても勉強になりました。

薬物は人の弱い心に付け込んでくるとても危ないものだということが、改めて分かりました。

お酒をたくさん飲んでやめられなくなってしまったり、薬を何十粒も飲んだりと健康を害することが分かっていても止められないということはとても怖いことだと思います。

それを止めることも何をするにも自分の強い意志を持って、自分の弱い心に負けず自分の心と向き合って戦っていくことが大切だと思いました。

薬は軽い気持ちで始められるのに、止めるには強い意志がなくては止めることができないことは、本当に怖いものだと改めて思います。

 

 yjimage3

 

 今回の講演会は、薬物とアルコール依存症になった方々のお話でした。

生徒たちの感想にも多く書かれていましたが、薬物依存になる人は自分とは関係ない存在と思っていたようですが、今回のお話を聞いて自分ももしかして・・・・と身近なことに置き換えられ、他人事ではないことに気づいたようです。

私は個人的に生徒たちに、「依存」ということについて考えてほしかったです。

一人の生徒の感想にあったように、「本」に依存している自分に気づいたように、スマホに依存している自分、○○に依存している自分というように、何かに逃げている自分の現実と向き合って欲しいと願わずにはおられませんでした。

yjimageFAA1JYID

ページの先頭へ戻る