|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「いのちの学習」を終えて

 3年生の高校生最後の「いのちの学習」は、10月18日に行われました。

講師は丹羽咲江先生です。先生には各学年でお話していただいている関係で、3年生に対しては社会に出ていく生徒達のことを考えてお話をしていただきました。

毎年先生のお話を聞いていても1年たつと忘れてしまうから、また聞けたことに感謝するという内容の感想を、多くの生徒が述べていました。

 P6080019

 

 今回、先生は1・2年生からのお話を復習しながら、社会人として知っておくべき妊娠について、精子の働き、卵子の働き、受精卵からヒトへと成長し誕生(出産)する様子を3D映像を使いながら分かりやすくお話をしてくださいました。

妊娠適齢期を知ることによって自分の人生設計をたてることや、SEXはコミュニケーションだから、2人で段階を踏みながら親密さを育てていき妊娠について話し合った結果の最後の段階であることなど、先生の話し方は女性の先輩として、またドクターとして生徒たちの心に伝わってきました。

 

 

 咲江先生のお話も最後とあって、生徒たちは真剣にお話を聞き、次のように感想を述べてくれました。(抜粋)

 

KIS_5467*人間の脳を説明する時に、カエルと猫の脳の働きと比較しながら話してもらい、人間の脳の働きである、思いやることができる相手を見つけたいと思ったし、自分も思いやりの気持ちを大切にしたいと思った。

 

*私は子どもが欲しいと思っているので、今日のお話は将来自分も体験することになるが、パートナーとしっかり話し合い、子供を育てられる準備を整えることが大事であることが分かった。

自分が幸せに、健康に生きるためにも、正しい情報で知識を学び、正しい判断、行動をとれる人になりたい。

 

IMG_1297*今の自分にとっても、これからの自分にとっても、とても学ぶことが多くあった講演会だった。

1回だけだったらとか、自分は妊娠しないだろうなんて軽い気持ちを絶対持たず、自分の体は自分がしっかり守れるようにしないといけないと思った。

実際に中絶をした人の話を聞くと、自分ひとりじゃ押しつぶされてしまうくらいの罪悪感を感じることや、毎日思い出すという言葉に、たった一度の性行為で自分の人生を捨ててしまわないように、きちんとした知識を持っていたいと思った。

 

*この講演会では自分が成長していく上で起こりうる状況について解決策や対策を考えることができた。

例えば、レイプされたらどうすか、子どもが欲しいと思った時にどの年齢で結婚すべきか、もし妊娠したらどうやってストレスを抱えないように生活していくかなど、今まで考えもしなかった女性としての将来のことを考えるきっかけになった。

 

KIS_5426*今日のお話を聞いて、改めて赤ちゃんが生まれるって、すごいことなんだなと感じた。

だからこそ、望まない妊娠で悲しむことがないように、相手任せにせず、自分の身は自分で守らなくちゃいけないと思った。

 

*自分が成長し年齢を重ねていくにつれて、「いのちの学習」が自分にとってとても大切だという実感がわいてきた。

今後の生活で人間関係も身体的な問題も関わってくるため簡単なことではないかもしれないけれど、取り返しのつかない過ちをしないように心がけていきたいと思ったと同時に、自分自身を大切にしていきたいと思った。

 

IMG_0006*特に印象に残ったことは、ピルにはたくさんの種類があることだった。

今まで一種類しかないと思っていて、今回の話を聞いて本当に良かったと思った。

また、受精した時から「人間」であり感情を持っていることを聞いて、改めて人間について考えさせられ、妊婦にとって環境がどんなに大切かが分かった。

 

*命の誕生の素晴らしさに、改めて気づいた講演会だった。

「今この世界にいることが奇跡」という言葉の意味に、とても納得した。自分の体は自分で守り、大切に生きていこうと思った。

 

*女性と男性の性に対する考え方を感じたので、嫌なことは嫌とはっきり伝えること、相手としっかり会話をすることが大切だと思った。

 

IMG_0005*今回最も勉強になったのは、男性側の本音だ。

こういう話題を男女で直接話し合うことがないし、女子高だから男子と話をすることすらあまりないので良い機会だと思った。

男性側が知っていると思って相手に任せてしまう話をよく聞くが、実は男性も正しい知識を持っていないことも多いことに気づいた。

相手に任せずに、きちんと二人で知識を共有して話し合って決めていかないといけないと感じた。

 

 

 この「いのちの学習」の時間は、学年の教員も参加します。

職員室で感想を述べ合うことがありますが、ある男性教員は、「男性にもカピタニオでやっている授業をさせればいいのに。」と男性の立場からの本音を呟いてくれました。

私自身、ずっと願っている事だったので、とても嬉しく二人で今後の教育について夢を語り合いました。

本校で学習した生徒たちが学んだことを、将来出会うパートナーに伝えてくれればと願っています。

「性は生きること」と言われますが、この高校生の時期は、「性」について悩む時期です。

本能のままに行動をし、大切な自分の人生を壊す可能性を秘めているので、この時期だからこそ、このようなお話を聞くのは、とても大切なことだと思っています。

 IMG_0052

 

 丹羽咲江先生が、「自分が幸せに生きる」権利があると言われた言葉を、生徒たちがしっかりと心に刻み、これからの人生を歩んでもらいたいと思っています。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

私たちの託されたバトン

 11月は、カトリック教会では、死者の月になっています。

それにちなんで、本校に関わりのあった方々のご冥福を祈る慰霊の集いを、10月25日(木)の全校朝礼で行いました。

司式をしてくださったカトリック春日井教会の北向修一神父様は、次のようにお話をしてくださいました。

DSC_1500

 

「全日本実業団対抗女子駅伝予選会(福岡県)で、岩谷産業の第2区岩田玲(19)が残り約200mで走ることができなくなり、四つん這いでタスキを渡したニュースがありました。

単なる美談か、大会ルールの問題かはさておき、選手が渡されたバトンは大変な重みがあり、なんとしてでも送り届けなければならないという姿は、たくさんの人の目に焼き付きました。」

と始められた神父様は、今日朗読されたヨハネによる福音書14章1~6節の、イエスから託されたバトンを弟子たちが受け取ることができない様子の描写にちなみ、幼稚園の運動会の園児たちのリレーの様子を話されました。

 

DSC_1490「幼稚園でもリレーは人気で一刻も早くバトンを受け取ろうとウズウズしています。

渡す方も必死で一瞬でも早く渡そうと張り切っています。

競争やレースを人生に置き換えるならばスポーツのように簡単にはいきません。

両親の言うこと・先生が教えること・先輩の指導など私たちはいつも誰かから大切なものを引き継ぐように託されています。

ところが人生とか生き方は受け取る私たちの心が育っていなければ、正確に受け取れません。

何よりそれが正しいことで受け入れていいものかどうか、自分にその資格があるか悩み、自信がないのは当然なことです。

高校生活はその模索の日々と言っても過言ではありません。」

とお話が続きます。

 

DSC_1511「聖バルトロメア・カピタニオは修道会を創立した後すぐ亡くなり、そのバトンが聖ヴィンチェンツァ・ジェローザに渡された時、受け取った彼女は『自分には無理』と思いました。

しかし、自分の考えではなく神の思いに沿い、そのバトンをしっかり受け取ったからこうして一粒の麦が豊かな実を結ぶことができました。」

「慰霊する私たちも心はまだ発展途上ですが、天国に先立ったシスター方・先生方・生徒の皆さん・本校に手助けしてくださった方々は、私たちを今でも天国から見守り大切なバトンを渡そうと願っています。

聖カピタニオ女子高等学校で学んだことをあなたがたにも伝えて欲しい。

愛徳(カリタ)を大切にする心で、たくさんの人たちを助けてより良い高校生活を送ってほしいという気持ちを感じてもらえたら、私たちの心は自然に祈る心が生まれます。」

とお話を結ばれました。

 

理事長先生から本校に関わった方々のお名前を読み上げられましたが、今年もその名簿に名前が加わりました。多くの方々の思いは時間の流れの中で、永遠に受け継がれていると思うと、まさに神様の働きですね。

DSC_1512

この慰霊の集いの前に、宗教の授業の中で各クラスの慰霊祭を執り行いました。

いのちは受け継がれていることを話しましたが、“今私が存在している”前にどれだけの方々が自分の命を生きていかれたか、その中のお一人でも欠けると自分は今ここにいないことを話しました。

生徒たちが、自分たちが生かされているということに少しでも気づき、毎日の何気ない小さなことに感謝できる心が育っていくように祈ります。

 

 

 

ページの先頭へ戻る

真珠の輝き

 9月8日は、「マリア様のお誕生日」です。

私たちの修道会「幼き聖マリア修道会」の名前の由来は、赤ちゃんのマリア様のご像が人の手によって修道会本部(ミラノ)に置かれ、そのご像によって奇跡が行われたからです。

 

DSC_1424

 

 お祝いの9日前から、幼きマリア様のご像が修道院のチャペルに置かれお祈りを捧げます。

当日は、午後5時から修道院のチャペルでお祝いのごミサが行われました。

多くの信者さんに混じり、本校の生徒たちも参加して盛大にミサが行われました。

司式をしてくださったのは、多治見教会のトントン神父様です。

神父様のお話はマリア様の生き方から、私たちが何を学ぶべきかを具体的にお話してくださいましたので、紹介します。

 

 

「新しい本の1ページに1行だけ、それも一つの言葉を書くとしたらどんな言葉を書きますか?

それは、マリアです。マリア様によって救いが世界に入り、世界が新しくなりました。

DSC_1426 もうひとつ、真珠はどのように作られるかわかりますね。

貝の中に小石や砂を一粒入れ、貝が異物に対して分泌物をだし小石や砂を包み込んで、美しい真珠にしていきます。

マリア様の生涯は、傷が多く与えられた生涯でした。

結婚前に妊娠をし、出産時は誰からも場所が提供されず、最後は息子が処刑された十字架の下に立つことしかできなかったマリア様。

そのマリア様の心の傷が神の愛によって包み込まれ、美しい真珠になりました。」

 

 

私たちにもマリア様と同じように、心に傷があります。

傷がつかないように苦しみから逃げたり、その傷を見ないようにしたりして生活する傾向があります。

神父様のお話のように神様の愛によってその傷が包まれて真珠になり、内側から輝くことは、マリア様の生涯から教えられますね。

自分の心の傷を見つめ、神様の愛によって真珠にしていただけるようにマリア様に祈りましょう。

そして、そのように生きていけば、人生が変わっていくでしょうね。

IMG_2055

 

ページの先頭へ戻る

「いのち」の主役は、わたし!

 平成30年度1学期は、無事終了しました。

1年生にとって初めて経験する事ばかりでめまぐるしい日々だったと思います。

その中で、修養会の経験は生徒たちにとって新鮮で自分と向き合うことを体験できた行事になり、思い出深いものになったようです。

 j10_3163

 

 生徒たちが感じた修養会の感想を読み終えた今、生徒たちが感じたことを分かち合いたいと思います。

分かち合いは、物事の本質を深くとらえることができます。

日頃忙しくして生きることを深く考えない私たちに、生徒たちの気づきが私たちを立ち止まらせ考える時間を与えてくれるでしょう。

 

j29_3614*スマホがないだけで、こんなにたくさん話せるんだ!お菓子がないだけで、おいしいご飯がたくさん食べれるんだ!と気づくことができました。

そして、空いている時間に自分が苦手だなと思っていた子とたくさんお話をすることができ、いい機会を持つことができました。

自分の一方的な判断で、この人は多分合わないと思うという思考をやめていきたいと思いました。

金子神父さんや福井先生から「人間」についてのお話が聞けて良かったです。

「人間とは何か?」「私は誰?」という疑問についても深い考えを生み出し、とにかく私たち“人間”についてよく考えた3日間でした。

 

j35_3620*修養会を終えて、私の弱いところは、誰かと比較してしまうことだと分かりました。

比較するということは、人間の「クセ」だと金子さんが言っていました。

私は授業でも自分の書いた意見が間違っているのではないかと、いつも誰かの意見を見て似ているようなことを書いているか確認してしまいます。

でもこの修養会での話を聞いて、考えが変わりました。友だちと意見が違ってもいいことに気づくことができました。

自分は自分の意見をしっかり持ち、相手に伝える、それができるようになりたいと思うことができました。

 

j33_3618*私は自分を見つめ直すとか、本当の自分を知るということが苦手でした。

昔からうわべだけの関係の友達が多く、私を受け入れてくれる人が居なくて、その原因は自分自身にあることぐらいは分かっていたから、自分の悪いところなんて知りたくないと思っていました。

しかし、この修養会でわかったことがあります。まず、自分を認めてあげること。

私がまず私を分かって愛してあげないと周りから愛をもらえないことを知りました。

性格的に良いところは認めるけれど、悪いところも含めて自分だと認めてあげることで、なんだか少し心が軽くなって次に進める気がしました。

 

j17_3174*「人が独りでいるのは良くない。」という言葉は確かにと思った反面、その後にあった金子神父様の話の中で、「孤独と向き合うことで、それが人間の価値をつくる。」というのがあったので、孤独になることも自分にとって必要なことだと思った。

自分はたくさんの関わりの中で生きている。

家族、友達、先生など、たくさんの人の支えで生きることができているのだと改めて実感した。

生きることは無条件に愛されることであり、「ありがとう」と言うだけの小さなことでも「愛する」ことなんだと分かった。

人間には誰かの愛が必要であり、それをお互いに求めている事も分かった。

「あなたは私の愛する子」とあるように、自分は独りではないし、たくさんの人に支えてもらって生きていることを忘れないで、これから過ごしていきたい。

そして、自分の弱さは責めるのではなく、認めることによって、日々の生活はもっと楽しくなると思った。

 j19_3177

 

 毎日の生活から離れ、非日常生活に身を置くことは人間にとって大切な時間であることを、生徒たちの感想から気づかされますね。

今年の高校生活入門セミナーの保護者コーナーで少しお話させていただきましたが、キーワードは「主体的」ですね。主体的に行事に参加したからこそ本人が気づきを得、次のステップの方向性や手段について考えることができます。

人生の主役は、誰でもない「わたし」です。

社会に振り回されて生きるのではなく「主体的」に生きることを学ぶ機会が、本校にはたくさん準備されていますね(笑)。

ページの先頭へ戻る

共に生きる喜び!

 今年も滋賀県にある「止揚学園」を、22名の生徒たちと一緒に訪問することができました。

IMG_3840毎年感じることは、いつもと変わらぬ温かい心で迎えてくださることです。

大歓迎をして迎えてくださる止揚学園の方々に、緊張した面持ちの1年生たちはどのように接すればいいのか戸惑った様子でした。

彼女たちの思いは、脳に重い障害を持っている人たちの施設というイメージでいたので、このように温かく迎えてもらう事は想像もつかなかったと思います。

 IMG_3991

 園長の福井生先生から

「願いは祈りになる。人間は独りだけで生きていくと孤立していく。仲間の人たちは一人では何もできないけれど、私たちに笑顔を与えてくれる。だから、仲間の人たちと共に歩んでいくことができ、みんなの命を守っていこうという1つの祈りになっている。」

というお話を伺った後、おいしい昼食の時間。

IMG_3693昨年参加した2年生の生徒たちは、止揚学園の食事のおいしさを知っているので、この食事時間を楽しみにしていました。

昼食のメニューは、冷やしそうめんでした。バナナの葉の上に並べられたそうめんを、おいしいつけ汁で頂き満足した後、先生たちの歓迎イベントが始まりました。

IMG_3727それはホールの中で、流しソーメン大会が始まったのです。生徒たちも加わり、大はしゃぎ。本当に楽しい食事でした。

ちなみに、夕食は「鶏ごぼう飯」、翌日の昼食は「酢豚」でした。本当においしいお食事で、皆の顔から満足の笑みがこぼれていました。もちろん私も生徒たちと同じです(笑)。

 

 IMG_3721食後は、2年生による「エビ、カニダンス」が披露され、生徒たちは少しずつ止揚学園の仲間たちの中に溶け込み始めました。

止揚学園の先生の指導の下、生徒たちはプールで仲間の人たちと楽しそうに遊んでいました。

 

 止揚学園の大きな目的は、夜の分かち合いです。生徒たちが体験して気づいたことを、皆で分かち合います。

IMG_3681止揚学園には、全国からたくさんの学校の生徒たちが訪れます。

それぞれの学校の特徴があるそうですが、聖カピタニオ女子高校と言えば「分かち合い」と、止揚学園の先生から言われ、私自身その言葉に驚かされました。

なぜなら、分かち合いは、生徒たちにとって必要と思いしていたことが、他の学校とは違うことに驚いたからです。これが本校の教育の特徴であることを、再確認できました。

 IMG_4030

 

 1年生の生徒たちがこのイベントに参加した理由は、ほとんどが修養会でお話してくださった福井先生のお話を聞き、どのような施設なのか、自分の目で確かめたかったからと言いました。その感想をまとめて紹介します。

 

IMG_3981*脳に重い障害を持っている人たちのことを、「仲間の人たち」と言っていたことに驚いた。その言葉によって、止揚学園では、先生たちと障害を持っている人たちは「平等」なんだと思った。

中学校の時に行った他の施設は、利用者と指導者という立場がはっきりしていた。しかし、ここは相手の立場に立って話したりしている。

 

IMG_4008*脳に重い障害を持った人たちのいる施設だから、話が通じないと思っていた。

しかし、止揚学園の人たちは話せなくても、自分の思いを体で表現してくれたし、自分の方からいつも声をかけてくれた。

 

IMG_3744*私は他の施設に行った時、叫んでいる人を見て嫌な気持ちになり、そこで一緒に食事をしたり、そこの人たちがふれたものに触るのも嫌だった。

でも、ここに来て皆さんの温かい思いに触れ、以前のような気持ちがなくなっていた。

 

IMG_3951*私の親戚に障害を持っている子がいて、どのように関わればいいのかわからず、その子と関わることを避けていた。

しかし、ここに来て皆さんと接して、親戚の子との関わり方を学んだような気がしたから、今度から避けずに関わりを持つようにしようと思った。

 

IMG_3863*障害を持っている人に持っていた偏見が崩れた。

みんな自分を持って、それぞれ表現しているのを見て、私は自分を偽って生きてきたことに気づかされた。

自分を偽っていると疲れる。ここに来ると、素直な自分になれて嬉しい。

 

 毎年訪れる止揚学園で、毎回新しいことを発見させてもらっています。

今回は、食後にみんなで交流する場があり、一人の人にマイクを向けてお話をする場面がありました。

その人はマイクを自分で持ち、自分の気持ちを言葉にならない言葉で表現した後マイクを離そうとせず、職員の方が何回かマイクを受け取ろうとしていましたが、言葉を強めるわけでもなく、その人が満足するまでマイクを持たせていました。

私はその様子を見て、その人を尊重するという意味を教えられました。

 IMG_3730

 

 1泊2日の短い期間でしたが、生徒たちも私も共に生きることの幸せを体験できた時間でした。

止揚学園の仲間の人たちが素直に自分を表現でき自分らしく生きているのは、職員、利用者に関係なく、共に人間としてお互いを支え合って生きているところから生れてくるものだと学び気づかされた訪問になりました。

IMG_4055

ページの先頭へ戻る