5月11日(金)、本校の創立55周年を5月の透き通った空が、祝福してくれました。

創立55周年記念式典

5月11日(金)、本校の創立55周年を5月の透き通った空が、祝福してくれました。

名古屋教区長松浦悟郎司教様の司式のもと荘厳に、55年間神様と人々からいただいた恵みに感謝を捧げました。

DSC_0606

 

ごミサの前に、聖バルトロメア・カピタニオの生き方を、本校理事長SR.フランチェスカが次のようにお話をしてくださいました。

DSC_1279「・・・聖女の生き方は、目の前に困っている人たちに愛の手を差し伸べ、神様の愛を伝えました。

しかし、家の外の人たちを助ける前に聖女が行ったのは、身近な家族への愛の実践でした。私たちも聖女に倣い、身近な家族から愛の実践を始めましょう。・・・」

と、愛の実践を生きるようにと励ましの言葉を私たちに贈ってくださいました。

 

 

続いて、全校生徒の合唱「天の集いは」の澄んだ歌声から、感謝ミサが始まりました。

「一粒の麦」の聖書箇所の朗読の後、松浦司教様は記念日を祝う意味を話してくださいました。

DSC_0617「記念日の受け止め方には、2通りあります。1つ目は、アルバムを開いて思い出すこと。2つ目は、聖書に書かれている記念の意味。

聖書は、記念することが今と深い関わりがあると教えています。

今から56年前イタリアから2人のシスターが、聖バルトロメア・カピタニオの遺志を受け継ぎ、日本の子どもたちの教育の要請を受けてやってきました。

そして、聖バルトロメア・カピタニオは、今から約2000年前のイエス・キリストの遺志を受け継ぎ、目の前に困っている人々に愛の手を差し伸べながら、神の意志を自分なりに表してきました。

その全ての意志は、今日の皆さんに繋がっています。

 

DSC_1319私は25年前内戦が終わったカンボジアへ行ったときに、難民キャンプを訪れました。

そこにはたくさんのカトリック信者がいて、母親を中心にして祈っていました。

『家族がやっと口にできる食料しかないのに、昼は政府軍が来て食料を持っていき、夜はポル・ポト軍が村にやって来て食料を奪っていきます。』

と現状の苦しみを訴える母親に何が1番必要なものかと尋ねると、

『学校が欲しい。』という返事が返ってきました。

子どもは成長していく時に、人間らしく、共に生き、世界を広げていきます。

その時に、自分で選択しながら人間らしく生きてほしいから“学校が欲しい”という返事が返ってきました。

 

朝起きて何も考えず、流れの中で勉強をしていくと、損得の価値観しか身につけなくなります。

人間が人間らしく生きる柱、中心になるものを持って生きていってください。

この学校は、その生き方を教えていると思います。損をしても生きていく大事な生き方を、自分の柱、指針として身につけてください。」

 

DSC_1287

 

記念ミサ後、3月にイタリア研修をした生徒たちから研修の報告がありました。

「神を信じる生き方」というテーマで、聖バルトロメア・カピタニオと聖ヴィンチェンツア・ジェローザの生き方に加え、アッシジの聖フランチェスコと聖クララの生き方がパワーポイントを使って紹介されました。

神を信じて生きた人たちは、他者の幸せのために自分の生涯を捧げる生き方。

その生き方が「一粒の麦」のように、たくさんの人々に人間らしく生きる生き方を教えていると伝えてくれました。

 

イエス・キリストの遺志が聖バルトロメア・カピタニオに受け継がれ、その遺志が今生きている私たちにも影響を与えているこの繋がりから、私たち一人ひとりは神様から大切にされている存在であることを強く実感させられた創立記念日でした。

 

DSC_0654

 

ページの先頭へ戻る