平成30年度1学期は、無事終了しました。1年生にとって初めて経験する事ばかりでめまぐるしい日々だったと思います。

「いのち」の主役は、わたし!

 平成30年度1学期は、無事終了しました。

1年生にとって初めて経験する事ばかりでめまぐるしい日々だったと思います。

その中で、修養会の経験は生徒たちにとって新鮮で自分と向き合うことを体験できた行事になり、思い出深いものになったようです。

 j10_3163

 

 生徒たちが感じた修養会の感想を読み終えた今、生徒たちが感じたことを分かち合いたいと思います。

分かち合いは、物事の本質を深くとらえることができます。

日頃忙しくして生きることを深く考えない私たちに、生徒たちの気づきが私たちを立ち止まらせ考える時間を与えてくれるでしょう。

 

j29_3614*スマホがないだけで、こんなにたくさん話せるんだ!お菓子がないだけで、おいしいご飯がたくさん食べれるんだ!と気づくことができました。

そして、空いている時間に自分が苦手だなと思っていた子とたくさんお話をすることができ、いい機会を持つことができました。

自分の一方的な判断で、この人は多分合わないと思うという思考をやめていきたいと思いました。

金子神父さんや福井先生から「人間」についてのお話が聞けて良かったです。

「人間とは何か?」「私は誰?」という疑問についても深い考えを生み出し、とにかく私たち“人間”についてよく考えた3日間でした。

 

j35_3620*修養会を終えて、私の弱いところは、誰かと比較してしまうことだと分かりました。

比較するということは、人間の「クセ」だと金子さんが言っていました。

私は授業でも自分の書いた意見が間違っているのではないかと、いつも誰かの意見を見て似ているようなことを書いているか確認してしまいます。

でもこの修養会での話を聞いて、考えが変わりました。友だちと意見が違ってもいいことに気づくことができました。

自分は自分の意見をしっかり持ち、相手に伝える、それができるようになりたいと思うことができました。

 

j33_3618*私は自分を見つめ直すとか、本当の自分を知るということが苦手でした。

昔からうわべだけの関係の友達が多く、私を受け入れてくれる人が居なくて、その原因は自分自身にあることぐらいは分かっていたから、自分の悪いところなんて知りたくないと思っていました。

しかし、この修養会でわかったことがあります。まず、自分を認めてあげること。

私がまず私を分かって愛してあげないと周りから愛をもらえないことを知りました。

性格的に良いところは認めるけれど、悪いところも含めて自分だと認めてあげることで、なんだか少し心が軽くなって次に進める気がしました。

 

j17_3174*「人が独りでいるのは良くない。」という言葉は確かにと思った反面、その後にあった金子神父様の話の中で、「孤独と向き合うことで、それが人間の価値をつくる。」というのがあったので、孤独になることも自分にとって必要なことだと思った。

自分はたくさんの関わりの中で生きている。

家族、友達、先生など、たくさんの人の支えで生きることができているのだと改めて実感した。

生きることは無条件に愛されることであり、「ありがとう」と言うだけの小さなことでも「愛する」ことなんだと分かった。

人間には誰かの愛が必要であり、それをお互いに求めている事も分かった。

「あなたは私の愛する子」とあるように、自分は独りではないし、たくさんの人に支えてもらって生きていることを忘れないで、これから過ごしていきたい。

そして、自分の弱さは責めるのではなく、認めることによって、日々の生活はもっと楽しくなると思った。

 j19_3177

 

 毎日の生活から離れ、非日常生活に身を置くことは人間にとって大切な時間であることを、生徒たちの感想から気づかされますね。

今年の高校生活入門セミナーの保護者コーナーで少しお話させていただきましたが、キーワードは「主体的」ですね。主体的に行事に参加したからこそ本人が気づきを得、次のステップの方向性や手段について考えることができます。

人生の主役は、誰でもない「わたし」です。

社会に振り回されて生きるのではなく「主体的」に生きることを学ぶ機会が、本校にはたくさん準備されていますね(笑)。

ページの先頭へ戻る