認定NPO法人アイキャンが主催している「中部SDGs for ユース2019」 のアクションプランのうちの2つ、本校が例年実施している絵手紙交換と、今年初めての「SDGsスクールアクション」に参加しました。

1歩目のSDGs

  認定NPO法人アイキャンが主催している「中部SDGs for ユース2019」 のアクションプランのうちの2つ、本校が例年実施している絵手紙交換と、今年初めての「SDGsスクールアクション」に参加しました。

絵手紙は、1年生が夏休み前に取り組みました。

今回「SDGsスクールアクション」として、本校が行った活動は、学校近くを流れる水瀬川河川敷きのゴミ拾い活動です。

出校日(8月19日)に河川のゴミ拾いを呼びかけると、あっという間に23名の生徒が参加の意思表示をしてくれました。

 

8月21日(水)午前9時開始。

蒸し暑さの中、手にごみ袋を持ち通学路を歩いていると、道端に落ちているペットボトルや空き缶が目に留まり、それを拾うことから始まりました。

IMG_0364

水瀬川に到着。

この河川の両側には桜の木が植えられており、桜が満開になる時期は本当にきれいな日本独特の景色を見ることができます。

夏なので両岸は草で覆われ、ごみが落ちていないように感じられましたが、草をかき分け進んでいくとペットボトル、缶、レジ袋が見つかりました。

見つけるたびに生徒たちの歓声。他には電池、ライター、毛染めスプレー、バケツ、傘などの日常品。

IMG_0354

河川の傍には、「ポイ捨てはやめましょう」と書かれた看板があちこちに設置されているのを生徒たちは横目で見ながら、

「なぜポイ捨てするのかな?」

「ひとり一人が心がければ無くなるゴミばかりなのに」

とつぶやいていました。

中にはレジ袋が千切れているの見た生徒は、

「これが海に流れ、魚が食べるんだね!」

と魚のお腹からレジ袋が出たニュースが現実味を帯びた様子でした。

IMG_0351

拾ったゴミの大半は、やはりペットボトル。

ゴミ拾いをした生徒たちは、この経験を通して「ゴミは、ゴミ箱へ」の当たり前のことをすることの大切さを実感したようです。

IMG_0356

一人の生徒は、次の感想を述べてくれました。

「今日のボランティアを通して私が気づいたことは、私たちに拾える量のゴミだったということです。

ゴミ拾いをし終わった後、感想を述べるときに悪い所(例えば、各自の責任感のなさ等)に目がいってしまいがちになるけれど、私はよい方向に考えてみることも大事じゃないかと思います。

それは、日本は諸外国と比べて綺麗な国です。

街中にゴミが落ちている国がたくさんある中で、これだけゴミが少なくて綺麗な日本に住めるのは幸せだなと思うとともに、もっと自分にできることがあることを実感させられました。」

IMG_0348

温暖化、異常気象、絶滅危惧種など地球環境の問題は、地球に住む私たち一人ひとりの生き方に原因があります。

そのことに気づくためにも、今回のように身近にできる河川のゴミ拾いの経験は、自分の生き方を考えるきっかけになった時間でした。

生徒たちの感想から、私たち大人の生き方が問われた感じがしました(痛い)。

ページの先頭へ戻る