昨日と変わって、今日は澄んだ青空、心地よい陽の温かさと風が爽やかに吹く4月7日。第59回入学式を無事迎えることができました。

カピタニオガーデンで芽吹く新芽

昨日と変わって、今日は澄んだ青空、心地よい陽の温かさと風が爽やかに吹く4月7日。第59回入学式を無事迎えることができました。

 

DSC_5155[1]

 

IMG_3191[1]校庭の桜、カピタニオガーデンのチューリップは、新入生を迎えるために美しい姿を見せて待ってくれていました。

 

 

 

DSC_5119[1]真新しい制服に身を包み、緊張した面持ちで入学式に臨んだ新入生たち。担任から名前を呼ばれ、元気に応える姿から、しっかり頑張って行こうという思いが伝わってきました。

 

 

 

新入生の誓いの言葉から抜粋します。

「・・・私たち新入生は、今までとは全く異なる環境に身を置き、新たな一歩を踏み出したいという思いで今日を迎えています。

この聖カピタニオ女子高等学校で私には達成したい目標があります。それは、人のために率先して動ける人間になることです。そのためには、より一層勉学に励み、部活動や学校行事を通して、自信をつけていくことが大切だと私は考えます。

今から始まるこの三年間、新たな友と切磋琢磨し、他の学校では触れることのできない教科、宗教、女性学を始めとした多くの分野を通して、自分自身と向き合っていきたいです。・・・」

 

DSC_5196[1]

 

入学式後、生徒たちを待つ保護者とお話をする機会がありました。その中で、入学式の感想を次のように述べてくださいました。

DSC_5180[1]

 

・暖かな入学式でした。キャンドルの灯をお互いにつけあう時、学年の一体感を感じることができました。

・これまで聞いたことのないお話を聞けて、感動しました。

・一人ひとりを丁寧に見ていただける学校であることを知り、安心しました。

 

IMG_3197[1]

 

と、お話をしてくださいましたが、保護者の方が入学して学びたいという思いが伝わってきて、私自身も入学式にふさわしい会話ができたことに喜びを感じました。

 

カピタニオの土壌に植えられた球根たちが、三年後にどのような花を咲かせていくのか、私たち教職員、保護者、そして、生徒たち本人も希望を持てた入学式でした。

 

IMG_3199[1]

 

 

ページの先頭へ戻る