誰かの為に・・・

誰かの為に・・・

本校創立50周年学園祭生徒会企画の講師として、北京オリンピックのシンクロに出場された石黒由美子さんをお迎えしました。石黒さんは小学2年生の時交通事故に遭われ、顔の表面を500針以上、口の中を200針以上縫う大変な怪我をなさいました。その石黒さんが北京オリンピック出場に至るまでの、現実をしっかり受け止めてこられた過程を、笑顔でユーモアを交えながら私たちに話してくださいました。あれだけの事故に遭いながら常に前向きで生きてこられた一つの大きな要因は、お母様の存在の大きさだと思いました。娘の可能性を信じ、娘と共に歩む生き方のお話を伺いながら、私自身が日頃関わっている生徒たちの関わり方を考えさせられました。無償の愛が由美子さんに注がれているから自分を大切にし、「誰かのために頑張る」ことができ、目の前にいる人を大切にする生き方が出来ることを教えていただきました。生徒たちも石黒さんからたくさんのメッセージをもらいました。以下、生徒たちの感想を抜粋します。

 

  • 石黒さんが今まで経験したことに比べたら、今私達が悩んでいることは本当に小さいことなんだなと思いました。少し考え方や捉え方を変えるだけで気持ちも楽になるし、ポジティブになれることがわかりました。また、どんなに辛くても諦めないことがどれだけ大切な事かも思い知らされました。(1年生)
  • 由美子さんが前向きに夢を追いかけ、由美子さんのお母さんが全力でサポートしている姿を見て、由美子さんの弟妹は自分たちも誰かの為になることをしようと思ったのだと思います。石黒さんのご家庭は、本当に幸せな家庭だと思います。お金がなくてもそれぞれ一人ひとりが家族のために頑張っていて、これこそ理想の家庭だと思いました。私も由美子さんのお母さんのような立派な母になり、素敵な家庭を築きたいと思います。(1年生)
  • 自分の可能性を信じて生きていきたいと思いました。病気というものに振り回されずに、自分のやりたい、叶えたいことをしていくという生き方があるんだと思いました。私も周りにいる私を支えてくださる方々、関わった全ての人々に感謝し、一人でいきているんじゃないという事を忘れないようにしたいと思いました。(1年生)
  • 石黒さんは大変な事故に遭われたのに、あんなに明るく生き生きとして凄いなと思いました。その明るさは、お母さんのお陰もあると思います。「楽しい家族です」と言っていらっしゃいましたが、今日の石黒さんを見て本当に楽しく過ごしているんだなあと改めて感じました。・・・自分の夢の為にできなかった勉強を頑張って夢を実現することができた石黒さんを尊敬します。(2年生)
  • 石黒由美子さんのお話を聞いて、今まで辛いことや大変なことがあったけれど、その中で努力して掴んだ幸せがあることを知りました。・・・・私が今悩んでいること、困っていることは石黒由美子さんに比べればどうってことなく、むしろ見方や、やり方を変えていけば解決できることを学びました。そして、その解決できることをいつも支えてくれているのは、親(家族)だという事を忘れないことも大切だという事も学びました。(2年生)
  • 石黒由美子さんの前向きな考え方は、素敵だなと思いました。誰もが辛いと思ってしまうことでも、明るさで幸せに楽しく変えられるなんて驚きました。あそこまで人生を楽しめる人はそういないのではないかと思います。夢をあきらめないで、大学に進学したり、オリンピックに出たりするのは、不可能ではないのだと思い、やる気というか勇気が出た気がします。(2年生)
  • 私は一つ嫌なことがあると、全て悪い方向に考えてしまう事があります。どんなに小さなことでも、とにかく気にしすぎてしまって、その日一日中嫌な気持ちで過ごす・・・という事がほとんどです。石黒さんがおっしゃった「人生は明るく過ごさないと損だ」という言葉が心に残りました。私はどんな些細な事でも悪い方向に考えてしまうのが癖になっているのだと思いました。・・・・一日を楽しくするのは、全て明るく考え、石黒さんのように自分の意志と夢を持ち続けていく事だと思いました。(3年生)
  • 石黒さんのお話で何度も出てきた「夢ノート」とても素敵なものだなと感じました。「ありがとうございます」という感謝の気持ちを込めて赤線を引いていく、凄いなぁ、私にもできるかなぁと思って早速作ってみました。また、石黒さんのお母さんのお話、家族って本当に大きいなと感じました。温かい家庭は、ものすごく安心できます。私にももちろんあります。とっても大好きな家族です。(3年生)
  • 石黒さんはどうしてあんなに笑顔でいられるのでしょう。それは、石黒さんのおっしゃっていた通り、周りの人たちの支えがあったからだと思います。それを聞いて、やっぱり人間は一人では生きていけないと改めて気づかされました。私も家族や友達にすごく助けられているし、私もその人たちの支えになれたらいいなと思いました。石黒さんは奇跡をたくさん積み重ねてきました。一生懸命な気持ちがあれば、その人が頑張っていれば、私も奇跡って起こすことができるんじゃないかと感じました。また、石黒さんは辛い経験をしたからこそ他人の痛みがわかるとおっしゃっていました。まさにそうだと思います。私も自分の味わってきた苦しみを忘れず、他人の痛みに寄り添えるような優しい人間になりたいと思いました。(3年生)

 

今回の講演会で、石黒さんと出会いお話を聞くことによって、幸せになるヒントをたくさんいただきました。「心を変えると世界が変わる」というメッセージ、5年先の自分、10年先の自分をイメージしながら今何をしなければならないか自主的に生きる「夢ノート」を多くの生徒たちが作ってくれることを願いました。

 

 

ページの先頭へ戻る