2016年8月|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「2016年08月」の記事

安心する場、いのちを育む場

 7月20日から夏休みが始まりました。生徒達と同様、私も心待ちにしていました(笑)。

 しかし、休みと言っても他校と同様、夏季補習が始まりました。生徒たちは部活動、補習と毎日登校しています。3年生は受験を控え、勉強に取り組んでいます。

 その3年生の一人が、本校舎とセレニタ棟の渡り廊下を歩いていたら、ジャスミンの茂みの中に私たちが手が届くところに、鳩が巣を作り卵を温めていることを報告にきました。

 早速見に行き、写真を撮ってきました。受験生は受験で頭がいっぱいなのに、この生徒はゆったりと周囲を見て色々なものに心を止めて気分転換をしていることに気づかされました。

IMG_0266 IMG_0268

 7月30日(土)、31日(日)の両日、中学生対象の「高校生活入門セミナー」が行なわれました。

 中学生とその保護者が来校し、各自が希望する講座を受けて、高校生の            気分を味わっていました。

KIS_8462 参加した生徒達から、「本校に漂っている雰囲気は明るく、とても落ち着いた感じがして、先生と生徒の距離感もよく、友達がたくさんできそうな雰囲気だった。」とほとんどの生徒たちが感想に書いてくれていました。

 自分たちが持っていた女子校のイメージが、変えられたようです。本校の「スモールスクール」、「スロースクール」の特徴が伝わったと思うと嬉しいですね。

 

 保護者からの感想は、

 「卒業までの間、子どもが大きく成長できそうな学校と感じました。」

 「施設一つ一つの美化について行き届いており、とてもきれいでした。また、案内係の生徒さん一人ひとりが明るく礼儀正しく、教育理念が反映されていると感じました。」

KIS_8440 「このような人間力を養える教育が学べる高校に、娘を通わせたいと思いました。」

 「建学の精神、教育理念がしっかりしていて、大学入試に向けた勉強だけではなく、将来にわたって役立つ意識を持っていて素晴らしいと思いました。」

と、色々な立場から感想を述べていただきました。

 

 親として子どもが安心して自分の命を育み成長できる学校を、強く望むのは当然です。そのような学校だから、鳩も人の手の届くところに安心して雛を育てようと思ったのかもしれませんね(笑)。

 私は2学期に向けて、心と体にエネルギーを入れるためにしばらく学校から離れます。ですから、ブログもしばらくお休みさせていただきます。暑い夏、皆様お体を大切になさってお過ごしください。また2学期にお会いしましょう!

KIS_8444

ページの先頭へ戻る