2021年1月|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「2021年01月」の記事

Be My Light

待降節の中で行われる奉仕活動は、コロナ禍で1日の活動になりました。

 

unnamed (3)活動内容も変更し、1年生は日本国際飢餓対策機構(ハンガーゼロ)のボランティア活動「クリスマスカード作り」に参加しました。この活動を始める前に、日本国際飢餓対策機構の方からZOOMを利用してリモート講義を受け、クリスマスカードを受け取るアジア・アフリカの子供たちのお話を伺いました。そのおかげで、生徒たちはカードを受け取る子供たちの心に愛の光が届くようカード作りに専念していました。

 

IMG_0232[1]2年生は近くにある長根小学校の全校児童たち一人ひとりに、手作りのクリスマスカードをプレゼントしました。クリスマスカードをもらった児童たちが、校内に設置された馬小屋の意味を理解し、喜びのあるクリスマスを過ごしてほしいという願いを込めて作成しました。

 

 

unnamed (4)3年生は、例年行われている馬小屋作り、イルミネーション、ステンドグラス、エプロン作り、花壇作り、校外清掃に取り組みました。3年生にとって最後の奉仕活動でしたので、気合が入っていました(笑)。

 

 

 

生徒の感想を抜粋して紹介します。

【1年生】

*今日の奉仕活動を通して、まず世界にはいろいろなことに困っている人がたくさんいて、教育もまともに受けることができない子どもたちの存在を知りました。私はたまたま日本に生まれ、普通の暮らしができているけれど、スクリーンに映っていた子供たちのような生活をしているかもしれないと思いました。そんな人々を一人でも助けたいという思いで活動をしてる人の存在も知り、勉強になった奉仕活動でした。

 

*少しでも多くの人に笑顔になってもらえるように考えながらのカード作成は、自分の心も豊かにしてくれるような感覚がありました。私の作ったカードは一方通行かもしれないけれど、心を込めて作ったカードが、遠く離れた国の子供にわたり、それを見て喜んでくれるのなら、それもまた繋がりなのかなと思いました。

 

*クリスマスカードを作ったことによって、私自身がクリスマスを感じることができて、奉仕というものは与える方も与えられる方も両方が嬉しい、楽しいと思えるものであることに気づきました。

 

IMG-4097[1]

 

 

【2年生】

*前日からデザインを考えたり、こんなのを書いたりしたら可愛いかな?喜んでくれるかな?と小学生の姿を想像していた。でも、実際作ってみると自分の思い通りにならなかったり、表現することの難しさを実感した。そんな時、友だちに助けを求めアドバイスをもらった。友だちと助け合って協力して、1つのことを頑張る事の大切さに気づいた。

 

*目に見えない誰かが喜んでくれるだろうかと相手を思いやる精神をもっていれば、きっと相手もいつか同じことをしてくれるだろうし、お互いがお互いを尊重し合って生きていくことで、どんどん輪が広がってたくさんの人がそのような心を持つことができるのではないかと思います。

IMG_0180 (1)

 

【3年生】

*馬小屋作りでは、協力が大切で普段はコミュニケーションを取らな人とも話さない人ともたくさん話すことができ、行事が減りいつものように人との関りができなかったからこそ、このような場がより楽しく感じた。コロナ禍でいろいろなことが制限され、いつもと違う日々にストレスや不安を感じたりしていたが、少し心に余裕をもって人のために行動することの大切さに気づけた。

 

*校内での活動では、慣れ親しんだ場所での仕事をするので、「仲間の働き」や「仲間と何を共有したか」というように、自分の周囲の人々に目を向けることができました。身近な人々が懸命に働く様子に心地よい刺激を受けて、自分の仕事にも力を入れることができました。奉仕活動とは、どの場においても新たな発見が生まれるのだと学びました。

 

*校内を掃除していくことで、普段私たちが使用している所は、いつも使っているから「ありがとう」の気持ちを込めて行い、使用していない所は私が知らないカピタニオ生が次に使用する時に、気持ちよく使ってもらえるといいなという思いで、掃除をしました。この自分の知らない、眼では見ることができない人のことを思うということが大切なのだと感じました。

unnamed (5)

 

 

1日の奉仕活動によって、他者のために活動をすることの喜びと大切さに生徒たちが気づいてくれたのを知り、奉仕活動のねらいを果たすことができたように思います。クリスマスは喜びのお祝いです。コロナ禍で人々との関りが減り、寂しい思いをしている人たちがたくさんいます。私たちの小さな活動によって、クリスマスの喜び「あなたは神様から愛されている」ことが伝わり、神様からの光がもたらされますように!

 

ページの先頭へ戻る