クリスマス会|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「クリスマス会」 タグの記事

内から湧き上がる喜び

 毎年恒例で行われている待降節中の奉仕活動が、12月6日、7日に実施されました。

今年のキーワードは、「HAPPINESS」です。

キーワードは、聖バルトロメア・カピタニオの生き方から毎年選んでいます。

聖女は、いつも相手の幸せを望み、今自分ができることに愛を込めて行動していた方です。

生徒たちもこの2日間、聖女の生き方から学び、相手の幸せを祈りながら奉仕させていただいたと思います。

生徒たちを受け入れてくださった施設の方々に、心より感謝申し上げます。

奉仕活動をさせて頂くということより、生徒たちは学校生活で気付かない自分に気づかされた2日間になったと思います。

そのことを次の生徒が感想に述べていたので紹介します。

 

IMG_3546 IMG_3557

*初めての障害者施設での奉仕活動は、慣れない事ばかりで本当に大変でした。

でも慣れない作業をして、改めて学ぶことがたくさんあったので、とても強くなれた気がします。

障害者の方を見て、本当に彼らは純粋な方なんだと思いました。

彼らに関わることによって自分の心の汚さを見透かされているような気がして、自分の心のエゴに気づかされました。

そういったことがあって改めて心から彼らに向き合うことができたのかもしれません。

大変で辛いと思うこともあったけれど、それ以上に学ばされることが多くて自分の成長に意味のあった2日間だったと思います。(1年生)

 

IMG_3562 IMG_3567 IMG_3582

 

 奉仕活動が終わり、今度は音楽会。クラスの一人ひとりの参加が問われる行事だからこそ、クラス内での話し合いが行われ、ここでも自分のエゴと向き合う時間になったようです。その成果が本番の音楽会で発揮され、クラス皆の心が一つになりました。

 

IMG_20181219_111436 IMG_20181219_105847

 

 21日は、クリスマス会。刈谷教会の主任司祭フィリップ様に、司式をしていただきました。神父様から、次のようにクリスマスの意味をお話してくださいました。

 

IMGP8168

 

 「私の名前の意味は、馬を愛する男です。日本で29回目のクリスマスを祝います。心は日本人ですが、体はインド人です。」

とみんなを笑わせる自己紹介をなさった後、神父様の体験を話してくださいました。

「息子が不良になり、そのことを悩んでいた母親が私の所に相談をしにきました。

母親の話を聞きながら、息子と縁を切ったつもりで息子と関わりなさいと話しました。縁を切るためには愛が必要です。

愛は、信頼、与える、赦すことです。人を背負う必要はありません。クリスマスは、神が人間になったことを祝います。

神の独り子は、私と同じように生き、私と共に成長してくださいました。

そのイエスのように、息子を背負うのではなく、お互いに支え合うことが大切です。

自分の足で歩き、お互いに支え合うと、そこに幸せが生まれます。幸せな家庭が生まれます。

自分の幸せは自分のものではなく、家族みんなのものです。クリスマスは家族でお祝いします。」

という内容で、生徒たちと言うより保護者向けの内容でした。

 

IMGP8155

 

 卒業生の保護者が、

「行事担当の先生が、日常生活から離れ神様と向き合う時間、自分と向き合う時間になったと思いますと言ってくださったように、そんな時間を持つことができました。」

と感想を述べてくださいました。

 

 12月に行なわれた行事に一つひとつ取り組みながら、クリスマスの意味である

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」(ヨハネ福音書3章16a節)

のみ言葉のように、自分がどれだけ神様から大切にされている存在かに気づき喜びが内から湧き上がってきます。

それがクリスマスの喜びです。

 

DSC_0204

 

 今年1年いろいろお世話になりました。

以前に比べブログの回数が減り心苦しいのですが、できるだけ生徒たちの様子をお知らせいたします。

新しい年が皆様にとって良い年でありますように、お祈り申し上げます。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

2017年の締めくくり

 12月に入り待降節を迎え、奉仕活動、音楽会、クリスマス会と、行事を通じて主のご降誕の心の準備をしてきました。

2日間行った奉仕活動の今年のキーワードは、「LUCE~灯~」でした。

キーワードを意識して行った奉仕活動の感想を抜粋して紹介します。

 

 

*今回のテーマは、緊張して話せない私に、優しく暖かく話しかけてくれた施設の方や障害を持った方に、ピッタリのテーマじゃないかと思いました。

IMG_1826「障害」という言葉に偏見を持つ方が多いと思います。しかし、障害を持った方たちは、みんな心が広く温かい人たちばかりでした。

内職の時もやり方が分からない私たちに必死に教えてくれてとても助かりました。テーマである“灯”を実感することができました。(障がい者施設)

 

*「人生の大先輩の方々なので敬意を払ってください。」と施設の方に言われ、昨年とは違う心持で活動できました。

IMG_5765私の持っているLUCE~灯~が奉仕先の方々と共有することができ、そしてまた、その灯が大きくなって自分に返ってきたような気がします。

昨年はぼやっとしていた「奉仕」の意味が少しわかった活動をすることができ、私たちが奉仕活動をさせて頂いたことで、利用者さん、スタッフさんが喜んで、そして灯を分かち合えていたら嬉しいです。(ディサービス施設)

 

IMG_5776*幼稚園の1日が終わり帰る時も、温かい飲み物とお菓子を頂いて、愛の火を灯しに来たのに、逆に火を灯して頂き本当に心が温かくなる2日間でした。

私はお掃除をして少しでも幼稚園のお役に立てたと思うと、灯を灯せたのかなと思いました。

この奉仕活動で良い経験ができたので、たくさんの人に灯を灯せる人になりたいと思いました。(幼稚園)

 

IMG_1844*頼まれたことをやっていくうちに、気づくことも増えました。「もっとこうしたら?」と考えながら活動をしました。

相手の気持ちを想像しながら、心を込めて相手の心を大切にするということは、お互いの心に温かい「灯」が灯る関係作りができることが、奉仕活動の一番大切で楽しくやりがいなのだと思いました。(幼稚園)

 

*今回は今までとは違い掃除ではなく、お年寄りの方とコニュニケーションを取る機会を多く取らせていただきました。

核家族化が進む今、私たち若者にとって多くのお年寄りとお話させていただいたことは、新鮮で私自身にとってとても良い経験になりました。

IMG_5778お年寄りの中には認知症や耳の遠い方、病気により自分で話すことができない方もいらっしゃいました。

その方々との会話のキャッチ―ボールは簡単にできたわけではないのですが、時折り見せてくださる笑顔が心温まるものでした。

私は皆さんからLUCE“灯”を頂いた高校生活最後の奉仕活動でした。(老人福祉施設)

 

*この施設は児童館のような場所で、親子がたくさん遊びに来ていました。

IMG_1830私は当日まで「子どもにどう接したらいいのだろう」とか「どうしたら喜んでもらえるのだろう」とかたくさん考え事をしていましたが、実際に子供と目線を合わせて笑顔でいるだけで子どもたちは喜んでくれました。

今回のキーワードのLUCE“灯”とは「笑顔でいること」ではないかと私は思いました。

どんな時でも笑顔でいれば、周りも明るくなる、つまり灯だと思います。その事に気づかせてくれたのは、奉仕活動です。(子育て支援)

 

*私は特別支援学校で奉仕活動をさせてもらいました。

行く前はうまくできるのか緊張していましたが、実際活動を行い同じ授業を受けたり、いろいろな作業を協力してやっていくうちに、私は緊張感よりも楽しさの方が大きくなってきたし、生徒たちの表情もだんだんほぐれてきました。

IMG_5764先生方も今まで見たことのないほど生徒たちが私に話しかけたり、作業も協力してできているのを見て、先生が「あなたがあの子を受け入れていることが、あの子も分かってあなたを受け入れている。」とおっしゃっってくださいました。

それを聞いて、心の灯は目には見えないけれど、相手の灯を感じることによって、お互いに心を開くことができるのではないかと奉仕活動をして気づきました。(特別支援学校)

 

 

 2日間の奉仕活動を通して、授業では得ることができない貴重な経験をしたことを、生徒たちの感想文から感じました。

IMG_1840人は人との関わりから気づき、成長していきます。

IT機器が人間関係を希薄にさせている現在、お互いの心を豊かにするのはやはり人と人が顔を合わせて関わりを持ち、「あなたは大切な人ですよ。」というメッセージを伝えあうことだと思います。

 

イエス・キリストの誕生の意味は、私たち一人ひとりが神様の目には尊く大切な存在であることを教えるためでした。

宗教の授業で私にとってのクリスマスの意味を考えてきましたが、一人の生徒が次のような感想を書いていました。

「“神様”という言葉を、一つのプレゼント、愛情、喜びと言う言葉で表していて、周りの人や自分に神様が訪れてくれます。お互いを大切にし合う、支え合うクリスマスが、物をもらうより心が温まり、人生で最も濃く素敵なクリスマスになると思います。」

IMG_1857

奉仕活動やクリスマス会を通じて、生徒たちは生きる目的や互いに尊敬し合う関係について考える機会を与えられたと思います。

今年を踏まえ新しい年を迎える心の準備ができたことでしょう。

 

新しい年、皆様にとって良い年になりますようにお祈り申し上げます。

ページの先頭へ戻る

繋がりは喜びを大きく!

 行事が目白押しの2学期は、音楽会とクリスマス会で終了しました。

12月20日の音楽会には、準備期間1週間の間(特に集中した期間)で各クラス一生懸命に取り組んだ結果を披露しました。

この準備期間中、クラス内では皆の心が一つにならず、話し合いが行われ分裂の危機に陥ったクラスなどもあり本番が危ぶまれましたが、さすが生徒たち、本番は美しい歌声を聞かせてくださいました。

pc190232

審査員長の田口先生からの高評で、次の3点についてお話してくださいました。

「まず、各パートで1つの言葉になるように音作りをすること。伴奏者は、歌を盛り上げるように弾く。指揮者は、パートのバランスを保ちながら、歌とピアノを合わせる役目があること」。

周りの人の声に耳を傾けながら自分の声を出すことの大切さ。それに気づくことが、共に生きる喜びを大きくしていくことでしょう。

 

 12月22日は本校のクリスマス会でした。

dsc_1014 dsc_1015 pc210115

あいにくの小雨模様でしたが、保護者、卒業生がたくさん来てくださってイエス・キリストの誕生をお祝いすることができました。

今年のミサの司式をしていただいたのは、刈谷教会の主任フィリップ神父様です。神父様がミサの中でお話してくださったことを要約すると、

 

pc210060「朝、刈谷のファミマでバナナを1本買ってきました。このバナナとクリスマスは、繋がっています。フィリピンの農園で作られたバナナは、トラックで運ばれ船に乗せられ日本に来ました。

日本に送られてきたバナナが日本人に食べられるのではなく、インド人の私が食べるとは農園の人もバナナ自身も思ってもいなかったでしょう(笑)。

オバマ大統領の言葉『人々は繋がって生きている。繋がらないと生きていけない。』と言っていました。

クリスマスは、バナナの話のように繋がっています。馬小屋に羊飼いと天使がやってきて、幼子イエスを拝みました。だから、羊飼い、天使はイエスと繋がっています。

dsc_1033クリスマスは、どんな状況でも私たちはイエスと繋がっていることを教えてくれます。皆さんは学校と繋がっているから、友達とも繋がっています。

人間は繋がっていることによって大きな喜びを感じ、そこに愛が生まれます。

まずは家庭で、家庭に喜びがあれば地域にその喜びが伝わり、地域が喜べば日本中が喜び、世界中に喜びが伝わります。」

 

と、ユーモアたっぷりにお話をしながら、クリスマスのメッセージを伝えてくださいました。

 

2016-12-24-14-06-58

 

 今年も社会に目を向けると、喜ばしいこと悲しいことが多々ありました。

神父様のお話のように、ある地域、国に起きたことは世界中に伝わり、人々は繋がりを持ちます。その結果、喜びは2倍に、哀しみは1/2になったのではないでしょうか。

神様は「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」(マタイ福音書28章20節)ということを、幼子イエス・キリストの誕生のしるしを通して、私たちに教えてくださいました。

来年もいろいろなことが起きると思いますが、いつも私たちと共にいてくださる神様を信じて希望を持って生きていきたいと思います。

今年もいろいろお世話になりました。良いお年をお迎えください!

 

2016-12-24-14-05-28

 

 

ページの先頭へ戻る

世界がちょっと優しくなれる日

DSC_0042

???? 12月22日本校のクリスマス祝賀ミサが、名古屋教区長松浦悟郎司教様と瀬戸教会主任インマヌエル・ビン神父様によって行われました。

 DSC_0306カリタスホームの中だけは、聖夜を思わせるような静けさ。3年生のキャンドルサービスが始まりました。

 ハンドベルの音色が響き渡り、3年生の合唱が主の降誕の喜びを歌で私たちに伝え、ミサに入りました。

 

 ミサの中で、松浦司教様は次のように話してくださいました。

 

 「クリスマスの日は、世界のいたるところで心温まることが起こっています。クリスマスは、世界がちょっと優しくなる日です。

PC210216 戦後、貧しい母子家庭の家で、子どもたちはいつもお腹を空かせていました。クリスマスの日にお母さんが子どもたちのために、カツ丼を準備してくれました。

 子どもたちは大喜びでカツ丼を食べていましたが、ふっとお母さんを見ると、お母さんのカツ丼がありませんでした。『お母さんの分は?』と聞いた子どもたちに、『お母さんは大丈夫』と言いました。

 2人の子どもたちは、その言葉を聞いて涙をこぼしながら、しょっぱいカツ丼を食べました。クリスマスの日は、そんなことが起こる日です。」と司教様は、私たちにお話をしてくださいました。

 聞いていた私は自分が小さかった時のことと重なり、胸がいっぱいになりました。目から熱いものが込みあげ、近くにいた生徒に気づかれないようにと、そっと目頭を押さえました。

 

 世界の中で争っている国々が、クリスマス停戦を迎える話を新聞で読んだことがあります。その最初のクリスマス停戦のお話を、松浦司教様は話してくださいました。

クリスマス停戦 「1945年、ドイツ軍とフランス軍が戦っていました。クリスマスの夜、ドイツ軍の所に有名なテノール歌手が慰問に来て『きよしこの夜』を歌いました。その歌声は静かな夜空に響き渡り、フランス軍の所にも聞こえました。

 彼らは手にしていた銃の代りにワイングラスをもってドイツ軍の所に行き、ドイツ兵も銃を置き皆でクリスマスを祝いました。これがクリスマス休戦の始まりです。夜が明けるとお互いの兵士たちは銃を持って、再び戦いを始めました。

 クリスマスを祝う『せめてこの日だけは』が、毎日に続くように。子どもたちが幸せに暮らせるように、戦争がない日が続くようにと、クリスマスの日に確認をしましょう。

 イエスの誕生によって、神があなたたちはひとりぼっちではないという事を私たちに示されました。神は私たちにご自分を差し出されました。神が駆け寄ってくださいました。

 すべての人がこの日少しでも幸せになるように。そしてそれが続くようにと祈りましょう。」

 

 クリスマスは、今や世界中でお祝いされています。松浦悟郎司教様のメッセージを聞いた私たちが心を合わせて、まず私の心が、そして世界の人たちの心が少しでも優しくなれるようにお祈りしましょう。

 皆様の上に神様の祝福が豊かに与えられますように、お祈り申し上げます。良いクリスマスと良い新年をお迎えくださいますように。

DSC_0315

ページの先頭へ戻る

「救い主がお生まれになりました」

12月22日(月)午前10時からカリタスホームで、クリスマス会が行われました。待降節の奉仕活動で生徒たちは、「愛は形になく、目には見えないけれど、見えないものこそが人間にとって、私にとってかけがえのない唯一の存在だと気づくことができました。」と感想を述べてくれました。奉仕活動を通して出会った人々から、たくさんの愛をもらった生徒たちは、今日のクリスマスミサで皆さんのためにお祈りを捧げることができました。

 

今年も刈谷教会主任フィリップ神父様の司式で、クリスマスミサが行われました。神父様は「私が日本に来て25年になります。日本語を習った時、ダメ、ダメと何回も言うのは良くないと言われたけれど、今年は『だめよ、だめ、だめ』という言葉がはやり流行語も時代とともに変わりますね。ユングは『人間をつくるのは10ヵ月ではなく、70年かかる。』と言っていますが、それは人間死ぬまで時間が必要であると言っています。毎年クリスマスを祝うのは、神と共に歩みながら 、神と自分と隣人を愛することができるようになるためです。神の子が人となってこの世にお生まれになったことで、人は計り知れない尊厳を持っていることを教えてくださいました。クリスマスの日、自分を産んでくださった両親に感謝し、自分を信じ、社会に必要とされる人間になっていきましょう。」とクリスマスのメッセージを私たちにユーモアを持って伝えてくださいました。神父様は何回も「自分は素晴らしい人間であると思いなさい。自分を信じなさい。」と話してくださいました。

 

授業でクリスマスの説明をする時に、「私は神から愛されている存在」であることを話します。一人ひとりが人間のこの現実を理解したら、世の中の問題はほとんど解決されるでしょう。今年もいろいろ悲しいことが日本、そして外国でたくさん起こりました。特にテロによる子どもたちの犠牲に心が痛みました。幼い子どもたちの命を育む使命を与えられた大人たちの心が、平和で満たされるように祈りたいものです。皆様、良い年をお迎えくださいますように!

  

 

 

ページの先頭へ戻る