奉仕活動|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「奉仕活動」 タグの記事

内から湧き上がる喜び

 毎年恒例で行われている待降節中の奉仕活動が、12月6日、7日に実施されました。

今年のキーワードは、「HAPPINESS」です。

キーワードは、聖バルトロメア・カピタニオの生き方から毎年選んでいます。

聖女は、いつも相手の幸せを望み、今自分ができることに愛を込めて行動していた方です。

生徒たちもこの2日間、聖女の生き方から学び、相手の幸せを祈りながら奉仕させていただいたと思います。

生徒たちを受け入れてくださった施設の方々に、心より感謝申し上げます。

奉仕活動をさせて頂くということより、生徒たちは学校生活で気付かない自分に気づかされた2日間になったと思います。

そのことを次の生徒が感想に述べていたので紹介します。

 

IMG_3546 IMG_3557

*初めての障害者施設での奉仕活動は、慣れない事ばかりで本当に大変でした。

でも慣れない作業をして、改めて学ぶことがたくさんあったので、とても強くなれた気がします。

障害者の方を見て、本当に彼らは純粋な方なんだと思いました。

彼らに関わることによって自分の心の汚さを見透かされているような気がして、自分の心のエゴに気づかされました。

そういったことがあって改めて心から彼らに向き合うことができたのかもしれません。

大変で辛いと思うこともあったけれど、それ以上に学ばされることが多くて自分の成長に意味のあった2日間だったと思います。(1年生)

 

IMG_3562 IMG_3567 IMG_3582

 

 奉仕活動が終わり、今度は音楽会。クラスの一人ひとりの参加が問われる行事だからこそ、クラス内での話し合いが行われ、ここでも自分のエゴと向き合う時間になったようです。その成果が本番の音楽会で発揮され、クラス皆の心が一つになりました。

 

IMG_20181219_111436 IMG_20181219_105847

 

 21日は、クリスマス会。刈谷教会の主任司祭フィリップ様に、司式をしていただきました。神父様から、次のようにクリスマスの意味をお話してくださいました。

 

IMGP8168

 

 「私の名前の意味は、馬を愛する男です。日本で29回目のクリスマスを祝います。心は日本人ですが、体はインド人です。」

とみんなを笑わせる自己紹介をなさった後、神父様の体験を話してくださいました。

「息子が不良になり、そのことを悩んでいた母親が私の所に相談をしにきました。

母親の話を聞きながら、息子と縁を切ったつもりで息子と関わりなさいと話しました。縁を切るためには愛が必要です。

愛は、信頼、与える、赦すことです。人を背負う必要はありません。クリスマスは、神が人間になったことを祝います。

神の独り子は、私と同じように生き、私と共に成長してくださいました。

そのイエスのように、息子を背負うのではなく、お互いに支え合うことが大切です。

自分の足で歩き、お互いに支え合うと、そこに幸せが生まれます。幸せな家庭が生まれます。

自分の幸せは自分のものではなく、家族みんなのものです。クリスマスは家族でお祝いします。」

という内容で、生徒たちと言うより保護者向けの内容でした。

 

IMGP8155

 

 卒業生の保護者が、

「行事担当の先生が、日常生活から離れ神様と向き合う時間、自分と向き合う時間になったと思いますと言ってくださったように、そんな時間を持つことができました。」

と感想を述べてくださいました。

 

 12月に行なわれた行事に一つひとつ取り組みながら、クリスマスの意味である

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」(ヨハネ福音書3章16a節)

のみ言葉のように、自分がどれだけ神様から大切にされている存在かに気づき喜びが内から湧き上がってきます。

それがクリスマスの喜びです。

 

DSC_0204

 

 今年1年いろいろお世話になりました。

以前に比べブログの回数が減り心苦しいのですが、できるだけ生徒たちの様子をお知らせいたします。

新しい年が皆様にとって良い年でありますように、お祈り申し上げます。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

2017年の締めくくり

 12月に入り待降節を迎え、奉仕活動、音楽会、クリスマス会と、行事を通じて主のご降誕の心の準備をしてきました。

2日間行った奉仕活動の今年のキーワードは、「LUCE~灯~」でした。

キーワードを意識して行った奉仕活動の感想を抜粋して紹介します。

 

 

*今回のテーマは、緊張して話せない私に、優しく暖かく話しかけてくれた施設の方や障害を持った方に、ピッタリのテーマじゃないかと思いました。

IMG_1826「障害」という言葉に偏見を持つ方が多いと思います。しかし、障害を持った方たちは、みんな心が広く温かい人たちばかりでした。

内職の時もやり方が分からない私たちに必死に教えてくれてとても助かりました。テーマである“灯”を実感することができました。(障がい者施設)

 

*「人生の大先輩の方々なので敬意を払ってください。」と施設の方に言われ、昨年とは違う心持で活動できました。

IMG_5765私の持っているLUCE~灯~が奉仕先の方々と共有することができ、そしてまた、その灯が大きくなって自分に返ってきたような気がします。

昨年はぼやっとしていた「奉仕」の意味が少しわかった活動をすることができ、私たちが奉仕活動をさせて頂いたことで、利用者さん、スタッフさんが喜んで、そして灯を分かち合えていたら嬉しいです。(ディサービス施設)

 

IMG_5776*幼稚園の1日が終わり帰る時も、温かい飲み物とお菓子を頂いて、愛の火を灯しに来たのに、逆に火を灯して頂き本当に心が温かくなる2日間でした。

私はお掃除をして少しでも幼稚園のお役に立てたと思うと、灯を灯せたのかなと思いました。

この奉仕活動で良い経験ができたので、たくさんの人に灯を灯せる人になりたいと思いました。(幼稚園)

 

IMG_1844*頼まれたことをやっていくうちに、気づくことも増えました。「もっとこうしたら?」と考えながら活動をしました。

相手の気持ちを想像しながら、心を込めて相手の心を大切にするということは、お互いの心に温かい「灯」が灯る関係作りができることが、奉仕活動の一番大切で楽しくやりがいなのだと思いました。(幼稚園)

 

*今回は今までとは違い掃除ではなく、お年寄りの方とコニュニケーションを取る機会を多く取らせていただきました。

核家族化が進む今、私たち若者にとって多くのお年寄りとお話させていただいたことは、新鮮で私自身にとってとても良い経験になりました。

IMG_5778お年寄りの中には認知症や耳の遠い方、病気により自分で話すことができない方もいらっしゃいました。

その方々との会話のキャッチ―ボールは簡単にできたわけではないのですが、時折り見せてくださる笑顔が心温まるものでした。

私は皆さんからLUCE“灯”を頂いた高校生活最後の奉仕活動でした。(老人福祉施設)

 

*この施設は児童館のような場所で、親子がたくさん遊びに来ていました。

IMG_1830私は当日まで「子どもにどう接したらいいのだろう」とか「どうしたら喜んでもらえるのだろう」とかたくさん考え事をしていましたが、実際に子供と目線を合わせて笑顔でいるだけで子どもたちは喜んでくれました。

今回のキーワードのLUCE“灯”とは「笑顔でいること」ではないかと私は思いました。

どんな時でも笑顔でいれば、周りも明るくなる、つまり灯だと思います。その事に気づかせてくれたのは、奉仕活動です。(子育て支援)

 

*私は特別支援学校で奉仕活動をさせてもらいました。

行く前はうまくできるのか緊張していましたが、実際活動を行い同じ授業を受けたり、いろいろな作業を協力してやっていくうちに、私は緊張感よりも楽しさの方が大きくなってきたし、生徒たちの表情もだんだんほぐれてきました。

IMG_5764先生方も今まで見たことのないほど生徒たちが私に話しかけたり、作業も協力してできているのを見て、先生が「あなたがあの子を受け入れていることが、あの子も分かってあなたを受け入れている。」とおっしゃっってくださいました。

それを聞いて、心の灯は目には見えないけれど、相手の灯を感じることによって、お互いに心を開くことができるのではないかと奉仕活動をして気づきました。(特別支援学校)

 

 

 2日間の奉仕活動を通して、授業では得ることができない貴重な経験をしたことを、生徒たちの感想文から感じました。

IMG_1840人は人との関わりから気づき、成長していきます。

IT機器が人間関係を希薄にさせている現在、お互いの心を豊かにするのはやはり人と人が顔を合わせて関わりを持ち、「あなたは大切な人ですよ。」というメッセージを伝えあうことだと思います。

 

イエス・キリストの誕生の意味は、私たち一人ひとりが神様の目には尊く大切な存在であることを教えるためでした。

宗教の授業で私にとってのクリスマスの意味を考えてきましたが、一人の生徒が次のような感想を書いていました。

「“神様”という言葉を、一つのプレゼント、愛情、喜びと言う言葉で表していて、周りの人や自分に神様が訪れてくれます。お互いを大切にし合う、支え合うクリスマスが、物をもらうより心が温まり、人生で最も濃く素敵なクリスマスになると思います。」

IMG_1857

奉仕活動やクリスマス会を通じて、生徒たちは生きる目的や互いに尊敬し合う関係について考える機会を与えられたと思います。

今年を踏まえ新しい年を迎える心の準備ができたことでしょう。

 

新しい年、皆様にとって良い年になりますようにお祈り申し上げます。

ページの先頭へ戻る

奉仕活動「With You」

 クリスマスを迎える4週間前(今年は11月27日~12月24日)の待降節の期間、12月7日と8日の両日、お天気に恵まれ、生徒たちは校内作業と地域の施設に出かけて行き、「相手の喜びが自分の喜びになるように」という思いで奉仕をさせて頂きました。

dsc_0020 dsc_0006 dsc_0017 dsc_0022

 

 校内活動の馬小屋、クリスマスツリー、花壇とクリスマスリース、ステンドグラス制作の活動によって、一気に学校全体クリスマスモードに変化しました。

 

 馬小屋は、段ボールの壁から雨にも負けない素材に変わり、ご像が小さく見えるほどの小屋(?)になりました(笑)。

スペースができた小屋を見ると、牛と馬がこの中にいるともっとリアルにイエスのご誕生が再現されるのにと思ってしまいます。

dsc_1025 dsc_1027

 

 クリスマスツリーの電飾も工夫を凝らし、東側のフェンスに天使の冠と羽があり、その前に立って写真を撮ると自分の天使像が写せます。

dsc_1015

 

 カピタニオ像の後ろにある大きなハートで表される神の愛がカピタニオに注がれたように、私たちにも注がれていることを実感しますね。

dsc_1012

 ご近所の電飾は早くから飾られていましたが、本校の電飾もプラスされ、夜になると学校の通りはクリスマスモード一色になります。是非、ご覧になってください。

 

 ステンドグラスは昨年に続き、今年は正面玄関にも飾られました。道行く人たちも足を止め、「きれいですね!」と言ってくださいます。

dsc_1024

 制作に携わった生徒たちも、満足そうに眺めていました。本校を訪れる人々にも、クリスマスの喜びを持って帰っていただけるのではないかと思います。

 

花壇を整備した生徒たちは、今年クリスマスリースを作り自転車置き場の壁に飾りました。

dsc_1022

 

 校内では他にも養護施設の子どもたちのためのクリスマスカード作り、老人ホームのエプロン作り、校舎の掃除、落ち葉掃きなど、見えないところで人々の幸せのために活動をしていました。

dsc_0035 dsc_0039

 地域の施設にも出かけていき、奉仕をさせていただきました。

 

 また、名古屋駅、栄、豊田駅で「国境なき医師団」の方々のために募金活動を行いました。

img_3367 img_3376 img_0927

 皆様のご協力によって163,707円を、翌日「国境なき医師団」の事務所に送金いたしました。ご協力ありがとうございました。

 

 

「クリスマス」という言葉を聞くと、みんなの心が優しくなり、いつもより人に優しくなれますね                 。

「神から私たち一人ひとりが愛されている」ことを神が、イエス・キリストの誕生を通して具体的に私たちに示してくださいました。

だから、私たちも人々にプレゼントなどを通じて、自分の想いを具体的に表します。

奉仕活動中、生徒たちの具体的な行為が人々の心にクリスマスメッセージを少しでも伝えることができたことを祈りたいと思います。

 

 

 

ページの先頭へ戻る

「出会い」

DSC_0061 クリスマスを迎える前の4週間を「待降節」と言いますが、この時期に本校では毎年恒例の奉仕活動を行っています。

 今年はお天気にも恵まれ、滞りなく終えることができました。40の施設、募金活動、校内作業で奉仕活動に取り組んだ生徒たちは、今年のキーワード「出会い」を意識しながら取り組んでいたと思います。

 

 募金活動は、「国境なき医師団」の活動支援のために、名古屋駅、栄、豊田駅の3カ所で行いました。多くの道行く方々が生徒たちの活動に立ち止まり、募金でご協力してくださいました。本当にありがとうございました。

 募金に協力してくださった方々との出会いによって、生徒たちは「人々の善意」と出会えたと思います。合計金額は、311,999円になりました。

 

 地域の施設に出かけて行って活動をした生徒たちは、各施設の方々の要望に応えた2日間だったと思います。施設の方々も本校の奉仕活動を楽しみに待ってくださっていると伺い、生徒たちもやりがいがあったと思います。

 施設の方々との出会いは、生徒たちにとって「自分から出て相手の立場に立つ出会い」になったと思います。

 

 校内作業の生徒たちは、クリスマスツリー、馬小屋、ステンドグラス、老人ホームのエプロン作り、花壇の整備、養護施設の子どもたちへのクリスマスカード作り、校内、校外清掃を行ない、地域の人々や全校生徒たちに「クリスマスの喜びを告げる出会い」ができたと思います。

 

IMG_0779DSC_0349IMG_0783

DSC_0340DSC_0327

 

 実際に生徒たちはどのように感じたのか、生徒たちの声をお届けします。

 

IMG_0789*今回の奉仕活動のテーマ「出会い」にそって、たくさんのいい出会いがありました。

 私が思う幼稚園児は、まだ小さく、言葉も可愛らしい話し方で、ただただ元気よく遊んでいるというイメージでしたが、教室に入ると先生のお話をよく聞いて、言われた作業をしっかりとこなしている姿に、とても驚かされました。

 そのようになるまで、先生方の苦労があったんだろうなと思いました。一人であの人数のやんちゃな子どもたちの面倒を見るという大変さと同時に、先生方は本当に子どもが好きで可愛さに癒されているから頑張れるのだろうと思いました。(幼稚園)

*今回の奉仕活動では、出会いをテーマにした活動で、本当に数多くの方々と出会い素敵な時間を過ごすことができました。

 私は子ども達と一緒にいる時間が長く、子ども目線で物事を考えたり、遊んだり、話したりすることで、今まで以上にいろいろな角度から物事を考えられるようになったのではないかと思います。子どもは予想のつかない行動や考えを持っているので、とても新鮮で懐かしく感じられました。(保育園)

 

DSC_0048*私なりに今回の奉仕活動を通じて感じた「出会い」は、「本当の愛の実践」との出会いでした。今までカピタニオに通っていて宗教の時間などを通して、カトリックの考え方などいろいろなことを学んできたけれど、「愛の実践」が具体的にどのようなことなのか、私ははっきりとつかみ切れていなかったと思います。

 だけど、「身を削って人のためになることをする」のが本当の愛の実践なんだと気づきました。人のためになること、役に立つことをするのは素晴らしいことだと思うし、私も自分から進んで積極的に取り組んでいきたいと思いました。(校内作業)

 

*お年寄りのいる施設に行き、普段なかなか聞けないお話をたくさん聞けました。その中で、戦争の話もあって「怖い思いをした」と聞きました。中には、ラバウルに行って戦争をしてきたと言う人もいて、私たちの近くにも、あんな危険な場所で戦っていた人がいたのだと知りました。

 日本も再び戦争をして、多くの民間人も巻き込まれるかもしれないと言われています。戦争体験を語れる人も減ってきているので、今のうちにたくさんの人に戦争についてお話を聞こうと思いました。おじいさん、おばあさんから色々なお話が聞けて嬉しかったです。(老人ホーム)

 

*今回、障害者の方々と一緒にお仕事をさせていただいたり、施設の部屋の掃除などをさせていただきに行きました。そこで、私は気づいたことがたくさんあります。

 まずは、私たちを見かけたら、真っ先に挨拶をしてくれるところに驚きました。しかも、大きな声で元気に挨拶をしてくれたので、こちらも朝から元気になりました。

 一緒に仕事をしてみて気づいたことは、障害者の方々でも自分ができることを探して一生懸命に生きていること、障害者同士だからといって、壁を作らず互いに笑い合って生活をしていること、周りの支えがあってこその自分達だと意識していること、仕事中は「こんなことはもうやりたくない!」などと投げやりな言葉は言っていないこと、感謝の気持ち「ありがとう」をしっかり伝えていることなど、たくさんの事に気づきました。

DSC_0050 これらのことをまとめると、この施設の方々は、どの人も毎日笑顔で前向きに暮らしていることが分かりました。私もこの人たちのように、毎日明るく過ごしていけたらいいなと思いました。(障害者の施設)

 

 

*2日間病院に行って思ったことは、看護師さんはとても忙しい仕事なんだという事です。私の担当してくださった看護師さんも、私にやることの説明中にブザーが鳴るとすぐ飛んでいきます。

 その姿を見て“すごいなぁ”と思ったし、私も頼まれたことを一生懸命にやろうって思えました。クリスマスツリーを飾っている時、おばあさんがニコニコ笑顔でこっちを見ていて、なんだか心が温まりました。

 拭き掃除の時には、おじいさんが「今日は若い子がいるねぇ!ピカピカだねぇ!」って言ってくれました。一番最初の説明の時に看護師さんが、「お年寄りたちは、若い子がいるだけで元気をもらうんだよ。

 もう、そこから始まっているんだよ。」と言っていたのを思い出し、こういうことなんだなって思いました。私は将来の夢で看護師にもなりたいなって思っていて、その思いが強くなりました。(病院)

DSC_0366

 ひとつの思いを共有して、全校生徒たちが取り組んだ奉仕活動で味わった苦労や辛さは、全世界の人々への目に見えない贈り物になってクリスマスの日に届けられることを信じています。

 誰かのために取り組む時、自分の殻から出て新しい自分に成長することを経験することができたことでしょう。

 本校のマリア像の前の馬小屋やフェンスに飾り付けられているイルミネーション、3階の校舎の窓に飾られているイエス誕生光景のステンドグラスは、DSC_0991DSC_0990神様の御子がこの世界にお生まれになった喜びを、来校してくださった方々に伝えています。その喜びを、皆様と分かち合えたら大変嬉しく思います。ぜひ、お越しくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

CARITÀで生きる

今年は11月30日から待降節が始まり、12月4日、5日に、施設や保育園、病院、校内作業、募金の奉仕活動をさせていただきました。今年のキーワードは、「Caritàで生きよう」でした。「Carità」とは、「神の愛」という意味で、それは無償の愛です。「相手のために自分ができることを喜びを持ってさせていただく心」を持って、奉仕活動に取り組ませていただきました。

 

 各担当の教員が奉仕先を回らせていただいた時に、「今年は一生懸命にやってくださいましたよ。」という声も多く聞かれ、生徒たちが「相手のことを考えて」行動していた様子が伝わってきました。中には、ご注意を受けた所もありましたが、生徒たちにとって学びの場になったと思います。校内作業の生徒たちの中で、自分たちの作業を終えたグループは積極的に校舎内の階段や廊下をきれいに掃除をしていました。どの生徒たちの顔にも微笑みが見られ、目には見えない宝物を頂いた感じがします。昨日体調が悪く欠席した生徒は、今朝どうしても奉仕活動に行きたいとジャージを学校に取りに来ました。調子が悪ければ早退するように言って送り出したのですが、活動を終了した後学校へわざわざ報告に来てくれました。彼女の顔色は朝と違い血色がよく、「奉仕活動へ行って、いろいろなことをしていただき、反対に奉仕していただいた感じがします。」と表情から喜びが満ち溢れていました。多くの生徒たちもこの生徒と同じように奉仕先の方々との出会いから、深い喜びをいただいたことでしょう。

   

 4日は「国境なき医師団」のために、募金活動を名古屋駅、栄、豊田駅で行いました。冷たい雨の中、生徒たちは必死になりながら、道行く人々に声をかけ募金を呼びかけていました。おかげさまで多くの方々の善意により、120,479円集まりました。このお金は、国境なき医師団日本へ送らせていただきます。ご協力、ありがとうございました。

 

 本校の奉仕活動にご協力いただいた皆様、生徒たちに良い機会を与えてくださり感謝申し上げます。皆様のおかげで、生徒たちの心に愛の灯がともったことでしょう。この灯が、生徒たちの日常生活の中で愛の実践をしていく原動力となりますように。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る