学園祭|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「学園祭」 タグの記事

非日常のパワー

IMG_0204 夏休みが終わり、2学期が始まるとすぐ学園祭準備。

夏の蒸し暑い日々を過ごした生徒たちも先生たちも、学校生活のエンジンがなかなかかからない状態で、学園祭準備は始まりました。

今年のテーマは

「Once upon a time~私たちの世界を変えた人~」

でした。

このテーマのもと、各クラスが「ある分野や物を変えた人物」を取り上げました。

これまでの展示の仕方を変えるために生徒会執行部6人は、夏休み中ほぼ毎日登校し生徒会の部屋を、「聖バルトロメア・カピタニオ」ワールドに仕上げ、全校生徒たちに物作りの模範を示しました。

 DSC03685 DSC03687 DSC03688 DSC03695

 

 学園祭当日(10日)は、お天気にも恵まれたくさんの方々に来校していただき、全校に喜びのエネルギーが全開状態でした(笑)。

 DSC03792 DSC03822 DSC03793

 

 準備期間や学園祭当日の非日常生活によって、日常見ることがない生徒の姿、成長していく姿を見ることができます。

1つの目標に向い各自が協力することによって、自分の殻から脱出する機会が与えられます。

そのチャンスを自分で上手にキャッチできる生徒や周りの一言でキャッチできる生徒、まだまだ自分の殻を破れない生徒がいましたが、一人ひとりにとって大事な時間を過ごしていました。

 DSC03805 DSC03815 IMG_0258

 

今月のみ言葉、

「ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。」(ルカによる福音書16章10節)

平凡な日常生活が自分を形造り、その姿をチェックする機会が行事のような大きなイベントではないかと思います。

それは私たち教員にも言えることですね(笑)。

 

 今年の生徒会企画は、「アクションペインティング」を行いました。

広島大学准教授大島徹也先生から「アクションペインティングとジャクソン・ポロック」について講演をしていただきました。

DSC_0070

私にとって抽象画は縁遠いものでしたが、先生のお話を伺いながら非常な親しみを感じました。

そのお話の中で私が心に残っていることは、抽象画家は具象の中から本質的なものだけを取り上げて描いていることと作品を仕上げる過程を大切にしているということです。

 

 先生のお話を聞いた後、生徒たちは実際にキャンパスに向かって思い思いに絵具をぶつけていました。

DSC_0089 DSC_0099 DSC_0102 DSC_0108

 これも、自分の殻を破る機会になったと思います。

講演を聞き、実際に体を使って描く体験を通して、新たな自分を発見し多角的なものの見方がまた育った学園祭になりました。

 

ページの先頭へ戻る

成長のチャンスをGET!

 2学期が始まり、夏休み前から巣を作っていた鳩が気になり見に行きました。親鳩も雛もいなく、ただ巣だけが残っていました。親鳩も子鳩も元気でいてくれればいいのですが・・・。

 img_0035

 先週はテスト期間があり、それが終わると学園祭準備とあわただしく過ぎていきました。

 

img_0053p9100285

 今年の学園祭テーマは、「Revolution~今しかないこの瞬間~」でした。クラスで話し合いしたことを、クラス企画、ファッションショーで表現していました。

 

 

 クラスの成績順位は生徒たちにとって気になるところですが(実は、生徒以上に担任が気になっていましたが。笑)、成績結果より発表の日を迎えるまでの過程で、生徒たちはいろいろ学んでいました。

 クラスの準備が遅れたり、疲れて文句を言い始めたりした時に、クラスの中で話し合いをする時間を取って、お互いの思いをぶつけ本音で話し合ったクラス、グループもありました。

 そんな様子を目にすると、「今、いい時間を過ごしているね!」と心の中で応援をしていました。こうして、信頼し合える人間関係を作り上げていくのでしょうね。

 
p9100056 p9100099 img_1101 img_0067

 

 生徒たちの様子を見ていると、その行事ごとにリーダーになる生徒の顔触れが変わってきます。

 それぞれの行事の中で、自分の才能を発揮する場が与えられ、それがクラスのためになりクラスの仲間に貢献している充実感があるから、体験を通してお互いの違いを認め合い尊重し合うことをことを学んでいくのだと思います。

 %e7%be%8e%e8%a1%93%e9%83%a8%e7%9c%8b%e6%9d%bf3

 

 3年生がベンチに座り2人で語り合っている前を通った時、「もう、この学校を去るなんて嫌だな。」と私に声をかけてくれました。

 「何故、そう思ったの?」「だって真面目な話を、真剣にこのように語れることができる友だちがいるけど、他のところでそんな話をすると反対にひかれちゃう。」「笑われるかもしれない。」と、卒業後の不安を訴えてきました。

 

 img_2055「生きることとか、いのちの大切さ、他者に対する思いやりを語り合えて、本当にこの学校に来てよかった!」と言ってくれました。

 その短い会話から、人として生きていくために必要なものをしっかり受け止めて自分の成長の糧にしていることを実感し喜びを感じました。

 

ページの先頭へ戻る

学園祭が終わりました

IMG_3140

 平成27年度の学園祭は、天候に恵まれ無事終了することができました。学園祭準備期間中に、台風の接近で1日休校になりましたが、女子力で遅れを取戻し、13日は女子力全開でした。

 

? 例年同様、当日は「せともの祭り」も開催されており、来場者の数を心配しておりましたが、大勢の方々が来校し生徒たちの作品を見ていただくことができました。

 こうして、大勢の方々に支えられていることを知って、生徒たちもそれまでの苦労も吹っ飛び、明日からの糧を得たことでしょう。

IMG_3154

IMG_3146

?
 今年のテーマは、日本の良さを発見する内容で、各クラス様々な発表がなされました。クラス以外にも、部・同好会・止揚学園・Sクラブもブースを設け、物品販売や作品展示をしました。

 特に、止揚学園やSクラブのブースは、その日のために学年、クラスを超えたメンバーで構成されていましたが、準備をしていくうちにお互いを知り学年、クラスの枠が取り払われ、いい人間関係が作られていました。

P9120078

DSC_0153

 

 このような縦の人間関係つくりの場を提供することの大切さを教えられました。この高校時代は、自分と他者との距離感が分からず人間関係つくりが苦手な時期です。そのような時期だからこそ、皆で話し合いながら一つの目的に向かって歩むことによって、人との関わりを学ぶ大切な行事だと思いました。

 

DSC_0307 また今回、台風18号の影響による関東・東北地方の豪雨のための義援金箱を、急きょ受付に設置いたしました。

 来校者の方の中に、「カピタニオにくれば、義援金箱が設置してあると思って来ました。」とおっしゃる方があり、本校の日頃の活動が地域の方々に理解していただいている事を知らされ、これからも地域と共に歩める学校でありたいと思いました。

 

?
 義援金は、40,087円でした。バザーの売り上げの半分をプラスして、日本赤十字社に送金させていただきました。ご協力ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

今を生きる!

今年の学園祭は、秋空のもとで行うことができ感謝しています。今年のテーマは、「Carita?未来へつなぐ3.11?」でした。初日の講演は、中学3年生の卒業式に被災なさった阿部春香さんからお話を伺うことができました。阿部さんは、現在京都にある大学の1年生です。本校の生徒がオーストラリアに留学していた時に出会った方で、今回の講演会を快く引き受けてくださいました。当時の様子をパワーポイントを使いながら、報道されていないことを話してくださり、時々涙声になりながらも、必死に私たちに語りくださって下さいました。

阿部さんが被災なさったのは、中学校の卒業式が終わった午後。クラスで写した当日の集合写真(もちろん顔はブロックされていました)を見ると、希望に満ち溢れ、まさか人生を揺るがす事態が起きるとは誰も予測していなかったでしょう。阿部さん自身、3日前にも地震があり当日の地震は、その余波じゃないかと思ったそうですが、言葉にできない状態だったそうです。地震から30分後に津波が押し寄せてきたことを知り、すぐ防災袋を抱えて小学校に避難し、そこで耳にしたこと、目にしたことを話してくださいました。

避難所になっている小学校から見た、津波が押し寄せている写真、震災翌日に食パンを1枚配給されたそうですが、1枚は4等分にされた大きさだったこと。阿部さんは防災袋を抱えて避難なさったので、ペットボトルの水は高齢者や薬を飲む人に配って回ったことを話し、「食料がなくてもしばらく我慢できるけれど、水がなければ脱水症になり動けなくなります。」と水の大切さを強調していらっしゃいました。避難所での生活で自主的に動き出したのは、阿部さんたち中学生高校生で、トイレの掃除も進んで行ったと聞きました。非常事態でも周囲の人たちのことを考え行動をとっておられた阿部さんたち。私たちに人間の素晴らしさも教えてくださいました。各学年の感想を抜粋して紹介します。

 

  • 実際に震災を体験した人の話を聞くのは、凄く生々しかったです。ニュースとかで見たり、聞いたりするのとでは、凄い違いだと思いました。阿部さんが防災袋が必要だと言っていたので、絶対に必要なんだと思いました。そして、お話を聞いて、人と人との「絆」が大切だと気づきました。知らない人でも、隣に人がいれば助かる、同じ空間にいれば助け合うという精神を大切にしたいと思いました。(1年生)
  • 今回のお話を聞いて、改めて地震の怖さを感じました。たった1秒でも一瞬の迷いが命取りになってしまう、そんなことを強く感じたし、「自分の身は、自分で守る」このことも大切だと思いました。学園祭テーマである「未来につなぐ3,11」は、東日本大震災を忘れず、そこで学んだことを次に活かさなければダメだと思わせてくれるものだと思います。どれだけ地震の様子をテレビや新聞で見て怖いと思う事があっても、体験しなければわからないものはたくさんあると思います。それを阿部春香さんのお話から少しでも知れてよかったです。「この一日は、誰かが生きたかった一日。」この言葉の重みを忘れてはいけないと思いました。(2年生)
  • 春香さんの口から発せられる言葉一つ一つ、噛みしめながら、涙をぬぐいながら話している姿に強く胸が打たれ、私も自然に泣いてしまいました。卒業式の日、思い出に浸っていたかった時間を何の前触れもなく壊されてしまう。「茶色になった雑巾を、茶色の水で洗い、便器を掃除することや、友達のおばあちゃんの死、食パンを4等分にし、1日にそれだけで過ごした。」など、想像するだけで、今の私の生活がいかに恵まれていて、大切な必要なものが目の前にあるかという事を思い知らされました。春香さんが「震災が起きて1年後、留学先で話した時、初めて涙が出た。」と言う言葉に、最初は何で?と思ったけれど、「生きるために精一杯だった」と言う言葉を聞いて、辛い気持ちになった。(3年生)

 

最近のテレビ番組を見ていると、地震についての番組をよく見かけます。先日も南海トラフの地震が起きてもおかしくない状態であることを聞き、私自身も備えの必要性を強く感じました。まず、服用している薬をどこに置いておこうか?外に出てもすぐ取りに戻れる場所にしようか?など真剣に考えるようになりました。阿部さんが家族そろって食事ができたのは、震災後8か月だったと話しておられました。何気なく過ごす毎日、生かされていることに感謝しながら過ごしたいと思いました。

 

ページの先頭へ戻る

誰かの為に・・・

本校創立50周年学園祭生徒会企画の講師として、北京オリンピックのシンクロに出場された石黒由美子さんをお迎えしました。石黒さんは小学2年生の時交通事故に遭われ、顔の表面を500針以上、口の中を200針以上縫う大変な怪我をなさいました。その石黒さんが北京オリンピック出場に至るまでの、現実をしっかり受け止めてこられた過程を、笑顔でユーモアを交えながら私たちに話してくださいました。あれだけの事故に遭いながら常に前向きで生きてこられた一つの大きな要因は、お母様の存在の大きさだと思いました。娘の可能性を信じ、娘と共に歩む生き方のお話を伺いながら、私自身が日頃関わっている生徒たちの関わり方を考えさせられました。無償の愛が由美子さんに注がれているから自分を大切にし、「誰かのために頑張る」ことができ、目の前にいる人を大切にする生き方が出来ることを教えていただきました。生徒たちも石黒さんからたくさんのメッセージをもらいました。以下、生徒たちの感想を抜粋します。

 

  • 石黒さんが今まで経験したことに比べたら、今私達が悩んでいることは本当に小さいことなんだなと思いました。少し考え方や捉え方を変えるだけで気持ちも楽になるし、ポジティブになれることがわかりました。また、どんなに辛くても諦めないことがどれだけ大切な事かも思い知らされました。(1年生)
  • 由美子さんが前向きに夢を追いかけ、由美子さんのお母さんが全力でサポートしている姿を見て、由美子さんの弟妹は自分たちも誰かの為になることをしようと思ったのだと思います。石黒さんのご家庭は、本当に幸せな家庭だと思います。お金がなくてもそれぞれ一人ひとりが家族のために頑張っていて、これこそ理想の家庭だと思いました。私も由美子さんのお母さんのような立派な母になり、素敵な家庭を築きたいと思います。(1年生)
  • 自分の可能性を信じて生きていきたいと思いました。病気というものに振り回されずに、自分のやりたい、叶えたいことをしていくという生き方があるんだと思いました。私も周りにいる私を支えてくださる方々、関わった全ての人々に感謝し、一人でいきているんじゃないという事を忘れないようにしたいと思いました。(1年生)
  • 石黒さんは大変な事故に遭われたのに、あんなに明るく生き生きとして凄いなと思いました。その明るさは、お母さんのお陰もあると思います。「楽しい家族です」と言っていらっしゃいましたが、今日の石黒さんを見て本当に楽しく過ごしているんだなあと改めて感じました。・・・自分の夢の為にできなかった勉強を頑張って夢を実現することができた石黒さんを尊敬します。(2年生)
  • 石黒由美子さんのお話を聞いて、今まで辛いことや大変なことがあったけれど、その中で努力して掴んだ幸せがあることを知りました。・・・・私が今悩んでいること、困っていることは石黒由美子さんに比べればどうってことなく、むしろ見方や、やり方を変えていけば解決できることを学びました。そして、その解決できることをいつも支えてくれているのは、親(家族)だという事を忘れないことも大切だという事も学びました。(2年生)
  • 石黒由美子さんの前向きな考え方は、素敵だなと思いました。誰もが辛いと思ってしまうことでも、明るさで幸せに楽しく変えられるなんて驚きました。あそこまで人生を楽しめる人はそういないのではないかと思います。夢をあきらめないで、大学に進学したり、オリンピックに出たりするのは、不可能ではないのだと思い、やる気というか勇気が出た気がします。(2年生)
  • 私は一つ嫌なことがあると、全て悪い方向に考えてしまう事があります。どんなに小さなことでも、とにかく気にしすぎてしまって、その日一日中嫌な気持ちで過ごす・・・という事がほとんどです。石黒さんがおっしゃった「人生は明るく過ごさないと損だ」という言葉が心に残りました。私はどんな些細な事でも悪い方向に考えてしまうのが癖になっているのだと思いました。・・・・一日を楽しくするのは、全て明るく考え、石黒さんのように自分の意志と夢を持ち続けていく事だと思いました。(3年生)
  • 石黒さんのお話で何度も出てきた「夢ノート」とても素敵なものだなと感じました。「ありがとうございます」という感謝の気持ちを込めて赤線を引いていく、凄いなぁ、私にもできるかなぁと思って早速作ってみました。また、石黒さんのお母さんのお話、家族って本当に大きいなと感じました。温かい家庭は、ものすごく安心できます。私にももちろんあります。とっても大好きな家族です。(3年生)
  • 石黒さんはどうしてあんなに笑顔でいられるのでしょう。それは、石黒さんのおっしゃっていた通り、周りの人たちの支えがあったからだと思います。それを聞いて、やっぱり人間は一人では生きていけないと改めて気づかされました。私も家族や友達にすごく助けられているし、私もその人たちの支えになれたらいいなと思いました。石黒さんは奇跡をたくさん積み重ねてきました。一生懸命な気持ちがあれば、その人が頑張っていれば、私も奇跡って起こすことができるんじゃないかと感じました。また、石黒さんは辛い経験をしたからこそ他人の痛みがわかるとおっしゃっていました。まさにそうだと思います。私も自分の味わってきた苦しみを忘れず、他人の痛みに寄り添えるような優しい人間になりたいと思いました。(3年生)

 

今回の講演会で、石黒さんと出会いお話を聞くことによって、幸せになるヒントをたくさんいただきました。「心を変えると世界が変わる」というメッセージ、5年先の自分、10年先の自分をイメージしながら今何をしなければならないか自主的に生きる「夢ノート」を多くの生徒たちが作ってくれることを願いました。

 

 

ページの先頭へ戻る