高校生活入門セミナー|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「高校生活入門セミナー」 タグの記事

「いのち」の主役は、わたし!

 平成30年度1学期は、無事終了しました。

1年生にとって初めて経験する事ばかりでめまぐるしい日々だったと思います。

その中で、修養会の経験は生徒たちにとって新鮮で自分と向き合うことを体験できた行事になり、思い出深いものになったようです。

 j10_3163

 

 生徒たちが感じた修養会の感想を読み終えた今、生徒たちが感じたことを分かち合いたいと思います。

分かち合いは、物事の本質を深くとらえることができます。

日頃忙しくして生きることを深く考えない私たちに、生徒たちの気づきが私たちを立ち止まらせ考える時間を与えてくれるでしょう。

 

j29_3614*スマホがないだけで、こんなにたくさん話せるんだ!お菓子がないだけで、おいしいご飯がたくさん食べれるんだ!と気づくことができました。

そして、空いている時間に自分が苦手だなと思っていた子とたくさんお話をすることができ、いい機会を持つことができました。

自分の一方的な判断で、この人は多分合わないと思うという思考をやめていきたいと思いました。

金子神父さんや福井先生から「人間」についてのお話が聞けて良かったです。

「人間とは何か?」「私は誰?」という疑問についても深い考えを生み出し、とにかく私たち“人間”についてよく考えた3日間でした。

 

j35_3620*修養会を終えて、私の弱いところは、誰かと比較してしまうことだと分かりました。

比較するということは、人間の「クセ」だと金子さんが言っていました。

私は授業でも自分の書いた意見が間違っているのではないかと、いつも誰かの意見を見て似ているようなことを書いているか確認してしまいます。

でもこの修養会での話を聞いて、考えが変わりました。友だちと意見が違ってもいいことに気づくことができました。

自分は自分の意見をしっかり持ち、相手に伝える、それができるようになりたいと思うことができました。

 

j33_3618*私は自分を見つめ直すとか、本当の自分を知るということが苦手でした。

昔からうわべだけの関係の友達が多く、私を受け入れてくれる人が居なくて、その原因は自分自身にあることぐらいは分かっていたから、自分の悪いところなんて知りたくないと思っていました。

しかし、この修養会でわかったことがあります。まず、自分を認めてあげること。

私がまず私を分かって愛してあげないと周りから愛をもらえないことを知りました。

性格的に良いところは認めるけれど、悪いところも含めて自分だと認めてあげることで、なんだか少し心が軽くなって次に進める気がしました。

 

j17_3174*「人が独りでいるのは良くない。」という言葉は確かにと思った反面、その後にあった金子神父様の話の中で、「孤独と向き合うことで、それが人間の価値をつくる。」というのがあったので、孤独になることも自分にとって必要なことだと思った。

自分はたくさんの関わりの中で生きている。

家族、友達、先生など、たくさんの人の支えで生きることができているのだと改めて実感した。

生きることは無条件に愛されることであり、「ありがとう」と言うだけの小さなことでも「愛する」ことなんだと分かった。

人間には誰かの愛が必要であり、それをお互いに求めている事も分かった。

「あなたは私の愛する子」とあるように、自分は独りではないし、たくさんの人に支えてもらって生きていることを忘れないで、これから過ごしていきたい。

そして、自分の弱さは責めるのではなく、認めることによって、日々の生活はもっと楽しくなると思った。

 j19_3177

 

 毎日の生活から離れ、非日常生活に身を置くことは人間にとって大切な時間であることを、生徒たちの感想から気づかされますね。

今年の高校生活入門セミナーの保護者コーナーで少しお話させていただきましたが、キーワードは「主体的」ですね。主体的に行事に参加したからこそ本人が気づきを得、次のステップの方向性や手段について考えることができます。

人生の主役は、誰でもない「わたし」です。

社会に振り回されて生きるのではなく「主体的」に生きることを学ぶ機会が、本校にはたくさん準備されていますね(笑)。

ページの先頭へ戻る

安心する場、いのちを育む場

 7月20日から夏休みが始まりました。生徒達と同様、私も心待ちにしていました(笑)。

 しかし、休みと言っても他校と同様、夏季補習が始まりました。生徒たちは部活動、補習と毎日登校しています。3年生は受験を控え、勉強に取り組んでいます。

 その3年生の一人が、本校舎とセレニタ棟の渡り廊下を歩いていたら、ジャスミンの茂みの中に私たちが手が届くところに、鳩が巣を作り卵を温めていることを報告にきました。

 早速見に行き、写真を撮ってきました。受験生は受験で頭がいっぱいなのに、この生徒はゆったりと周囲を見て色々なものに心を止めて気分転換をしていることに気づかされました。

IMG_0266 IMG_0268

 7月30日(土)、31日(日)の両日、中学生対象の「高校生活入門セミナー」が行なわれました。

 中学生とその保護者が来校し、各自が希望する講座を受けて、高校生の            気分を味わっていました。

KIS_8462 参加した生徒達から、「本校に漂っている雰囲気は明るく、とても落ち着いた感じがして、先生と生徒の距離感もよく、友達がたくさんできそうな雰囲気だった。」とほとんどの生徒たちが感想に書いてくれていました。

 自分たちが持っていた女子校のイメージが、変えられたようです。本校の「スモールスクール」、「スロースクール」の特徴が伝わったと思うと嬉しいですね。

 

 保護者からの感想は、

 「卒業までの間、子どもが大きく成長できそうな学校と感じました。」

 「施設一つ一つの美化について行き届いており、とてもきれいでした。また、案内係の生徒さん一人ひとりが明るく礼儀正しく、教育理念が反映されていると感じました。」

KIS_8440 「このような人間力を養える教育が学べる高校に、娘を通わせたいと思いました。」

 「建学の精神、教育理念がしっかりしていて、大学入試に向けた勉強だけではなく、将来にわたって役立つ意識を持っていて素晴らしいと思いました。」

と、色々な立場から感想を述べていただきました。

 

 親として子どもが安心して自分の命を育み成長できる学校を、強く望むのは当然です。そのような学校だから、鳩も人の手の届くところに安心して雛を育てようと思ったのかもしれませんね(笑)。

 私は2学期に向けて、心と体にエネルギーを入れるためにしばらく学校から離れます。ですから、ブログもしばらくお休みさせていただきます。暑い夏、皆様お体を大切になさってお過ごしください。また2学期にお会いしましょう!

KIS_8444

ページの先頭へ戻る

高校生活入門セミナー「保護者講座」から

7月27日(土)、28日(日)の両日、本校の高校生活入門セミナーがおかげさまで盛況のうちに無事終了しました。参加してくださった中学生の方々、また保護者の方々に感謝いたします。相談コーナーではたくさんの保護者の方が、順番を待ってくださったのにもかかわらず、スクールバスの時間の関係でお帰りになった方々には、大変申し訳なく思っております。また、次回のオープンスクールにお越しくださることを願っております。

私は保護者講座を、担当いたしました。「女子教育・情操教育・国際教育」の題で、本校の教育の特徴を生徒の様子を交えてお話させていただきました。現代の若者は、自分を成長させにくい社会だという事を耳にします。その事を踏まえながら、人間は関係の中で成長し、関係によって生き方も修復されていくことを、授業や行事のねらいを具体的に話しながら、本校の全人間教育について説明させていただきました。お話させていただく中に、私は意識して親の関わり方を話させてもらいました。社会の最小単位は家庭です。家庭の人間関係がうまく作ることができれば(お互いにきちんと向き合っているかという事で、お互いに争いもなくという意味ではないのですが・・・)、お互いが人間として成長していくのだと思っています。参加くださった保護者の方々の感想を抜粋して紹介いたします。

 

  • 子どもが人との関わり方について悩み、諦め、だんだん孤立した感じですが、何も良いアドバイスができません。今回の講座で自分自身気づかされたことがあり、大変良かったです。精神面の教育って難しいですよね。
  • マザーテレサやSr.渡辺和子さんが大好きなので、お話の中にお二人を感じながら聞かせていただきました。カトリック幼稚園を卒園した娘にとって、カピタニオの雰囲気や教育理念はぴったりだと実感いたしました。今現在、人間関係に苦しんでいる娘に、この講座を聞かせたかったです。
  • 教科の学習だけが勉強ではないと思っておりますので、人として女性としてとても大切な事を学べるのだと思い感動いたしました。私自身も勉強になりました。
  • お話を聞くまでは、カトリック系の学校は馴染みがなく、想像できませんでしたが、聞いた後は子どもにとって、とても良い学校であると思いました。
  • できれば父親にも聞いてほしかったと思いました。
  • 自分とは何か?私自身も親になって、初めて考えるようになりました。宗教の学校というイメージは、正直なところありましたが、宗教を学ぶことより、生活の中で生きることとして、まずこの教えをダウンカードしていく事で、生徒たち個人が自分らしさを自ら発見していく事ができるのだと初めて知りました。
  • 自分を知り、相手を知り、見えないところを見るという事は、とてもいいことだと思います。これから社会に出ていく子達にとって、人間力を育てることは、一番大事だと思います。
  • 生命について考える事の重要性について、とても勉強になりました。高校生活3年間をこの学校で女性らしく、人間らしく教育していただけることを知り感動いたしました。
  • 貴校が大切にされている教育方針をしっかり伺うことができ、今回の講座に参加させていただき良かったと思います。“自己肯定感”については、私自身娘に求めている力です。今日のお話を娘に聞かせたいなと思いました。
  • 中学に入学した頃から、娘となかなか上手につき合えていないと感じておりましたが、子どもと共感するところが足りなかったと感じました。今日のお話の内容を帰ってから、子どもと話し合えるとよいと思いました。
  • 自己肯定感をしっかり持つこと、とても大切な事と思いますが、なかなか難しいことと思います。これから子どもが成長し、社会人になるうえで最も大切なところだと思いますので、子ども自身そのように育ってくれたら、どれだけ良いだろうと思いながら、私自身も改めて気づかされる部分もあり、ありがたい気分になりました。

 

参加してくださった方々が丁寧に感想を書いてくださり、ありがたく思いました。私の話したことが家庭の人間関係を、良い方向へ持っていくきっかけになってもらえると嬉しく思います。この2日間、本校の生徒たちも笑顔でお客様をおもてなししている姿を見て、教職員と心を一つにして学校の行事に参加していることに感動致しました。それが聖カピタニオ女子高校の特徴でもあることに、気づかされました。

?

ページの先頭へ戻る

高校生活入門セミナー「保護者向け講座より」

毎年実施される中学生対象の「高校生活入門セミナー」に多くの中学生、保護者の方にお越しいただき、ありがとうございました。

私は「保護者向け講座?本校の女子教育?」を担当させていただきました。2日間とも会場の図書室は、保護者の方でいっぱいになり、話す私は喜びと元気をもらいました。

思春期・青年期の特徴を踏まえて行われている本校の教育プログラムを、生徒の様子を交えながら具体的に説明させていただきました。

思春期はこれまで培ってきた親の価値観を破り、自分の価値観を持ち自分らしさの土台をつくる大切な時期だからこそ、本校は心の教育に力を入れています。教科に宗教、ウマニタス(女性学+総合的学習)を取り入れ、自分の存在が唯一かけがえのない存在であること、他者と比較するのではなく、自分の成長を認められる人になること、女性という“性”、また他者とどのように関わっていけばよいのかを考えています。生徒の感想を読みながら話させていただいたので、保護者の方々に授業の内容と生徒の内面の成長も理解していただけたようです。

 

また、宗教行事の意味や婦人科ドクターの連携についても説明させていただきました。

保護者アンケートの内容を読み、ほとんどの方々が「とてもよかった」と評価していただきました。拙い説明でしたが本校の教育を理解していただいた様子にほっとしております。参加してくださった方々の声を、少し掲載させていただきます。

  • 女性向けに、女子の成長(心と体の)を考えて作られているプログラムに感心しました。
  • 公立高校では学べない、私立ならでは、又、貴校ならではの特徴がよくわかりました。
  • 学習だけでなく“女子教育”をしっかり学べる説明があり、とても興味深いお話を伺うことができ、参加させていただき良かったです。
  • この学校で、子どもに何を教えていきたいかが大変よくわかりました。今の世の中で、勉強ももちろんですが、人間という事について教えてもらえるのは大変ありがたいです。
  • 長女が自分の気持ちを人にしっかりと伝えられる子に育ったのは、こちらでの教育のおかげだったんだと気づきました。
  • 教育方針について具体的に聞くことができてよかったです。人生の大事な時期に自分を見つめる時間を設けるというカリキュラムが、とてもいいなと思いました。
  • 飾ることなく、生徒さんの活動や学びの様子をお話してくださり、具体的な感想も紹介されて、子どもの内面の成長を大切にしている学校であることがよく伝わりました。
  • 公立の高校へ進学させることを中心に考えておりましたが、せっかく女の子として生まれてきたのなら、このような素晴らしい考えの高校で、3年間を過ごすのも良いのではないかと考えが変わりました。
  • 子ども一人ひとりを見ていただけるのがわかり、安心できました。女子教育の良さに気づかされました。
  • 他の高校では教えていただけない、自分のことを知って相手のことを思いやることなどが学べることがよくわかりました。将来自分のことを好きになることは、とっても大事だと思いました。
  • 娘に伝えることがなかなか難しいので、学校生活を通して“自分とは”“生きるとは”を学べる学校は、素晴らしいと思いました。
  • 人間とは、愛とは、と生きていく上で一番大切なことを授業で教えていただけることが有り難いと思います。(ニュース等でも辛い事件が多い今、とても大切だと思います。)
  • 生徒の気づきの声に何度も涙ぐんでしまいました。教育の本質を分かっている学校だと感じました。自分と向き合う機会を得られることは本当に幸せなことだと思います。進学の為に勉強もとても重要ですが、これからの人生を過ごすには、それだけでは足りない多感な高校生の時期を有意義に過ごせる学校だと感じました。

 

暑い日、それも休日を返上し、本校に足を運んでいただき、何人かの保護者の方とお話させていただいた中に、「女子高は怖い。宗教の学校は敬遠しがち」というイメージをお持ちでしたが、そのイメージが払拭された感じを受けました。今、ニュースで話題になっている学校関係の問題を耳にするたびに、私の心は痛みます。自分は大切な存在であることに、一人ひとり気づいてもらえたらと願ってやみません。

 

今回お越しいただけなかった保護者の方のために、10月の「保護者のための学校見学会」を予定しておりますので、多くの方のお越しをお待ちしております。

ページの先頭へ戻る