|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

イタリアの現状から

   毎日報道されている新型コロナウイルス、イタリアの死者は中国を抜く数になりました。これから先、イタリアはどのようになっていくのか不安を抱えて生活しているイタリアの人々。

そんな中、イタリアの様子が修道院に伝わりました。感動させられたお話があるので分かち合いたいと思います。

 IMG_20180325_140346

 

*感染拡大を防ぐために葬儀ができず、たくさんの棺が教会に安置されています。家族は亡くなった方に、最期のお別れができない状態です。

そんな中、一人の老神父(80歳代)が棺の前で祈りを捧げる時、棺の上にケータイを置き家族とともに祈りを捧げています。

イタリアは埋葬なのですが、今回のこのような非常事態なので火葬されます。ところが火葬場は日本のように多くありません。

軍隊が出動し棺を遠く離れた火葬場に運び始めています。だからこそ、この老神父の行為は、家族の慰めになっていることでしょう。

 

IMG_20180325_174056*今、教会でミサがあげられないので、神父様たちが屋上に上がりミサを捧げているのを、町の人々は窓を開けて神父様たちと一緒にお祈りをしているそうです。

人知を尽くしても見えない敵と戦っているこの時、人々のできることは心を合わせて祈ることだけですね。

 

*一人の女医さんが医療における自分の使命を果たしながら、もう一つの使命が私に課せられたと言っています。

それは、病人に会えない家族からの手紙を、女医さんが家族に代わって本人に渡すことです。

女医さんは「今の自分の使命はこれなのだ」と喜んで使命を果たしていると言っていました。

また、医療従事者と分かれば、ガソリンはタダにするところもあるそうです。

医療関係者も自宅に帰れずホテル住まい。家族にも会えず医療現場で不眠不休で働いている方々のことも心にとめておきたいですね。

 IMG_20180321_113516

 

 モノと人が自由に行き来できるグローバル社会へと発展してきた世界、今や一国の問題だけで済まされず地球規模の問題へと発展していくことを、新型コロナウイルスは私たちに教えてくれました。

今回のこのようなことを通して、神様は私たちに何を教え導いてくださっているのかをしっかり受け止めたいものですね。

 

IMG_20180322_103106 便利さ、発展を追求していく人類は、目に見えないものからの脅威をますますこれからも感じるようになるのでしょうか。

人類のおごりがこのような事態をもたらしたのであれば、私たちはもっと自然からの声を聴き、人類の自然に対する関わり方を謙虚に学び、自然との共生、お互いを労わり合う人間関係を作り上げていけるように祈りたいと思いました。

 

ページの先頭へ戻る

令和元年度終了

3月19日(木)は、令和元年の修業式が行われる予定でした。

DSC_3754本校は変則的に時間を設け、各自教室に置いてある新年度の教科書と担任の先生からもらう通知表を受け取り、すぐ帰宅の措置を取りました。

校舎内に久々の生徒たちの弾んだ声が響き渡り、校舎も本来の自分の姿に戻りホッとしているように思います。

 

DSC_3749今年度は5月に年号が「平成」から「令和」になり、学校でも書類の書き方などに戸惑ったりしていました。そのような状態から、徐々に日常生活に落ち着きが戻り何気ない普段の生活が始まりました。

 

そんな中、今度は気温の上昇に悩まされ、「異常気象」という言葉をよく耳にするようになりました。

相次ぐ台風の上陸で、多くの方々の日常生活が一瞬のうちに奪われてしまいました。日常生活が今も取り戻せていない方々も多く見えると思います。

 

DSC_3751やっと、日常生活を取り戻し生活をし始めたら、今度は新型コロナウイルスの感染拡大。

政府の方針を受けながら各行事の見直しを考えていると、3月から休校の措置。生徒たち自身、クラスの仲間との交流もできず、今年度を振り返る心の準備もしないまま、毎日の生活が有無を言わせず断絶され、令和元年度を終了することになりました。

登校してきた生徒達と話すと、「学年末試験がなくて残念!テストの準備をしていたのに・・・。」と残念そうに話した姿が印象的でした。

この不完全燃焼感を生徒たち一人ひとりが向き合い、自分なりに4月の新年度を迎える準備ができるエネルギーに変えてくれるように、祈っています。

 

DSC_3752想定外のことが起きたこの1年。今更ながら、日常生活を送ることは、「当たり前」ではないことを痛感させられました。

毎日放映されている各国の新型コロナウイルスの報道を見ていると、そのお国柄を感じますね。

 

特に、イタリアの人たちがバルコニーに出て国歌を斉唱している様子は、どんな状況にあっても希望をもって「今を生きる」ことの大切さを教えてくれます。イタリア人たちから学びたいと思いました(笑)。

DSC_3744

ページの先頭へ戻る

感謝ミサ・卒業式

     新型コロナウイルスの影響で、年度末の行事はすべて変更という事態になりました。

 

 2月28日(金)全校生徒で行った卒業式の合同練習が、在校生と卒業生のお別れの会になりました。

その後、卒業生のみの卒業感謝ミサが、フィリップ神父様の司式で執り行われました。

 

DSC_3505

 

「もし一粒の麦が死ななければ、それは一粒のままである。しかし、死ねば、豊かな実を結ぶ。」(ヨハネ福音書12章24節)

のみ言葉から卒業生に門出のお言葉をいただきました。

 

DSC_3516「麦で作られたものにパンがある。パンは麦の味はしないが、パンの味がある。

皆さんも各中学校からこの学校に入学して、3年間仲間と一緒に生活して、自分が造られてきたはずです。

ブドウからワインが作られます。その時に、少しお酒を入れるので、ワインになりますが、お酒を入れないと酢になります。

それと同様、勉強もそこに愛を入れると、喜び、希望に変わります。人生、教育はワイン作りに似ています。」

とこれからの人生を歩む卒業生たちに、「愛の心」をもって生きる大切さを話してくださいました。

 

 DSC_3526 DSC_3524

 

 

 2月29日(土)、第55回卒業式が執り行われました。卒業生と保護者、教職員がカリタスに集まり、例年と違う式次第で約1時間で式が無事終了しました。

この間、本当に温かいもので会場が包まれ、良い卒業式になりました。

 

DSC_3588 DSC_3631 DSC_3657 DSC_3667

 

 これまで、当たり前にしていたことが、今回このような想定外のことが起こると、当たり前に感謝ミサをし、卒業式を迎えてきたことが、当たり前でないことに気づかされます。

そして、自分たちの計画通りに執り行うことが、幸せだと思い違いをしていたことにも気づかされました。

本当に大切なことは、「今を生きること」だけであることを実感させられました。

 

DSC_3695 卒業していった生徒たちは、入学した時の修養会の会場変更を余儀なくされたことからスタートした学年でした。

そして、卒業式を含め他学年が経験したこともない行事を行うことによって得た気づきは、各自の歩むこれからの人生に大きな意味をもたらす生き方をしてくれることを祈っています。

ページの先頭へ戻る

神様から愛された日

  本校の2学期は、クリスマス会で終了します。

今年も刈谷教会の主任司祭フィリップ神父様に、司式をしていただきました。

神父様のユーモアたっぷりのお話に、生徒たちもクリスマスの喜びの心が準備されていったようです。そのお話を、皆様に分かち合いをします。

 

DSC_3419

 

「今日は皆さんのクリスマス会に行くと思ったら、いつも食べているモスバーガーが特別おいしく感じました。

日常生活で普段行っていることは、普通な出来事としてとらえます。

しかしたとえば、特別な日と思って手紙を書いていると特別なことになります。

幼稚園の子どもたちは、クリスマスの日に親に何をプレゼントしたらいいか、お金もないし、と話し合っていました

。私はその子供たちに“I love you”と親に言って、ほっぺにチュをしてあげなさいと言いました。

私たちは生まれ育った環境の中で自分が愛されていることに気づくと、どんな状況になっても周りの人を愛する喜びを感じます。

これがクリスマスです。私たちの日常を超えるために与えられたのが、クリスマスです。

“I love you”という時、その人を信頼する心、赦す心、与える心があるということです。

“I love you”をクリスマスの日に、周りの人たちに伝えましょう。」

 

DSC_3436

 

 神様は人間をお創りになったままにしておかれませんでした。

私たちと同じ苦しみ、寂しさを味わい、いつも私たちと共にいてくださることを望まれ、神様の御独り子をこの世界に贈ってくださいました。

そして、いつも私たちと共にいる神様になってくださいました。

 クリスマスは、その神様の私たちへの想いを思い出す日でもあります。

自分の自己中心な生き方を乗り越えて、周りの人々を愛する力を願いましょう。

 

DSC_3405

 

 今年もいろいろありましたが、いつも神様が共にいて下さってることを信じながら、日々を過ごしてまいりました。

これもたくさんの方々のご支援、ご協力の賜物です。新しい年、皆様の上に神様の祝福が豊かにありますように、お祈り申し上げます。

ページの先頭へ戻る

喜びが2倍

 12月9日(月)、10日(火)の両日、天候にも恵まれ奉仕活動が行われました。

本校の奉仕活動は待降節期間中に、毎年実施されています。

神が御独り子イエスを、私たちに送ってくださいました。

見えない神が見える神の姿としてこの世に誕生なさり、私たち一人ひとりに、「あなたが大好き!」というメッセージを送ってくださいます。

だから、クリスマスは“喜び”の日なんですよ!

 写真 2019-12-10 15 50 10

 今年で第41回目になる奉仕活動のキーワードは、「FOR  YOU」でした。

このキーワードを聞いた生徒たちの中には、「結局自分のためになるから、FOR  MEになるんじゃないの?」とか、「上目線の感じで嫌だな」という感想が聞かれました。

この感想を聞きながら嬉しく思ったのは、彼女たちなりに意味をしっかり考えているということです。

私たちは、自分のことを優先したり損得を考えて行動を取りがちです。

そのことに気づいてもらいたくて今年のキーワードに込めたのは、“相手の必要性に応える”ということに焦点を合わせて活動をしてもらえたらという願いです。

 DSC_3039 DSC_3033

 地域の施設にお世話になりながら奉仕活動をさせていただき、皆様のご協力で、無事終えることができました。

今年は学校付近の道路、河川の清掃にも力を入れました。清掃活動を通して、これからどのような生き方をすればよいか考える機会になったのではないかと思います。

本当にありがとうございました。

 

生徒たちの感想文を抜粋します。

 

*私は通学するときに名鉄を利用しているので、日ごろの通学路のゴミ拾いをしようと思いながらもそんなにゴミは落ちていないと思っていました。

しかし歩いてみると側溝にビン、缶、ビニール袋、いたるところにたばこの吸い殻が捨てられていました。

いつも何気なく歩いている道に、これだけのゴミが落ちていることに驚きました。

日ごろ私たちを見守ってくださっている地域の方々のために、何かをすることで「気持ち良く過ごしてもらえるかな」という事を考えて行動することができました。

また、ぼーっとするのではなく、細かいことに目を向ける大切さを知ることができました。

写真 2019-12-09 9 17 04 写真 2019-12-09 9 17 55

*私は普段人見知りですが、気づいたら積極的に行動していました。

私が積極的になれたのは、この人たちのために頑張ろうと思えたからです。

ただ単に頑張ろうと思ったのでは、楽しさはうまれないと思います。人と関わってその人を知ることで、この人のために頑張ろうといった気持ちや心の余裕が生まれ、楽しく活動をすることができるのだと思います。

少しの時間でしたが、とても集中でき施設がきれいになっただけではなく、自分自身もきれいになったと思います。

今回の奉仕活動のテーマをとても実感できた2日間になりました。(2年生)

 写真 2019-12-10 13 35 41 写真 2019-12-10 13 35 25

*今回のテーマ「FOR  YOU」ということで、施設の方々にやる気がないように見えないように、奉仕の心を持って仕事をこなしました。

仕事の内容は、イルミネーションの取り付け、掃き掃除、幼児と遊んだり、屋根に上って拭き掃除をしたりしました。

思っていたより重労働で、10人いても1つの仕事をこなすのに急いでやっても時間がぎりぎりでした。

私たちがいない時は、この仕事を少人数の保育園の先生方がこなし、さらに幼児の面倒を見ておられたと思うと、とても大変なお仕事なんだと実感しました。

私たちが少しでも先生方の負担を減らせてあげることができれば、とても嬉しいと思い、仕事をさせていただいたことに感謝したいと思いました。(2年生)

 写真 2019-12-10 13 47 14 写真 2019-12-10 13 39 05

*キーワードである「「FOR  YOU」を大切にしながら、誰かのためにできることを自ら見つけて行動することができた2日間だったと思う。

午前中には敷地内の森の中の落ち葉掃きをした。

12人でやっても全く減らないくらいあったので、きれいになった時には、なんだかすごくやりがいを感じることができた。

掃除が終わった後、子供たちと遊ぶことができた。この2日間子供たちを見て思ったのは、「ありがとう」、「ごめんなさい」がちゃんと言える子がほとんどだったという事だった。

当たり前のように言えている姿を見て感心すると同時に、私たちも当たり前のことを当たり前にできるようにしないといけないと改めて気づかされた。(2年生)

 写真 2019-12-09 9 28 02 写真 2019-12-10 14 27 20

*今年のテーマの説明、エプロン制作の目的を聞いて私は特定の人を思い、この2日間活動することにしました。

それは1年、2年生の時に奉仕活動で出会った介護施設の入居者でした。

その1人が、「私は体が不自由だから自分では動けないし、毎日同じ景色で楽しくない。

けれど食事の時間が楽しみだ」と言っていたのが印象に残っています。食事の時間をより楽しく、快適に過ごしてもらえるといいなという思いを、場所は違うけれどエプロンを使う人にこの気持ちが伝わることを願いながらエプロンを制作しました。

誰かを思いながらする作業は気持ちが温かくなり、いつも以上に頑張れた気がしました。

この3年間学んだことは、これからの自分に生かしていきたいし、大学でも1年に数回奉仕活動のような誰かのためになる活動をしていきたいと思いました。(3年生)

 写真 2019-12-09 9 34 13 写真 2019-12-09 9 34 02

 

 2日間の奉仕活動を終えて、生徒たちの心にイエスをお迎えする準備ができたようです。

自分のことしか考えずに生きていると、心の中は不満で一杯になりますが、他者のことを優先していく時に、自分の心から自分が解放されていきます。

 

「国境なき医師団」の協力募金を、名古屋駅で行いました。金額は、28,7506円になりました。皆様の温かいご協力ありがとうございました。

 写真 2019-12-10 19 06 34

ページの先頭へ戻る