つま恋での修養会、初日は止揚学園福井先生のお話など充実した内容

つま恋での修養会、初日は止揚学園福井先生のお話など充実した内容

1年生は6月6日から8日の3日間、ヤマハリゾートつま恋で修養会を行なっています。台風3号の心配もありましたが、その影響を受けることなく、無事に学校を出発することができました。

つま恋まではバスで約3時間ほどかかり、少し疲れた様子の生徒もいましたが、到着すると、どの生徒も嬉しそうに家から持参したお弁当で昼食をとっていました。

昼食後は学校から運んできたマリア像が飾られた会場で開会式が行われました。開会式では聖歌を歌い、聖書朗読、校長先生のお話、実行委員長の挨拶があり、全員でお祈りをしました。

開会式が終わると、理事長先生が準備した本校の歴史をプロジェクタに映し出し、画像に合わせて歴史が振り返られました。

本校は来年で創立50周年という節目の年を迎えますが,創立に至るまでの経緯や建設途中の校舎の写真など貴重な写真もありました。

休憩後、滋賀県にある福祉施設「止揚学園」から福井先生、西竹先生をお招きし講演が行われました。学園での出来事を元に福井先生がお話をされ、 西竹先生がその話のテーマに沿った歌をとても美しい歌声で歌っていただきました。心温まるたくさんのお話と歌で、生徒の心に何か感じるものがあったことでしょう。

入浴時間、自由時間を過ごした後は、生徒たちお待ちかねのディナータイム。食事はバイキング形式で、どの生徒もおいしそうに食べていました。

夕食後は本日最後のプログラムのグループワーク「なぞの宝島」を行いました。グループに分かれての共同作業で、宝島の地図を完成させていきます。 自分の持っている情報カードを言葉だけでメンバーに伝えなければならないため、上手に伝えられなかったり、情報を上手く整理できなかったりとみんな苦戦していました。

最後に、夕べの祈りで心を落ち着かせ一日を振り返り、お祈りをして就寝しました。

以下ギャラリーで様子をお楽しみください。

?

ページの先頭へ戻る