第52回創立記念日 みことばの祭儀|聖カピタニオ女子高等学校|行事の写真館

第52回創立記念日 みことばの祭儀

5月14日(木)、天気に恵まれた中、本校の創立記念式典である「みことばの祭儀」が行われました。

?本校の母体である幼き聖マリア修道会の創設者であるバルトロメア・カピタニオとヴィンチェンティア・ジェローザの、人のために生きた生き方が聖人として認められた日を祝う日です。世界21カ国に聖カピタニオの学校、病院、その他の施設あり、そのすべてが心を合わせて聖カピタニオを讃えてお祈りします。

式典は、各クラスの代表生徒と校長、理事長による献花から始まりました。厳かな雰囲気の中、学年代表、生徒会会長、校長からの共同祈願や式典での歌からは、生徒一人ひとりのこれからの学校生活への思いと感謝の気持ちが伝わってきました。式典の最後には数か月前から練習してきた「ラ・カリタ」がカリタスホームに美しく響き渡りました。

?式典後は、お世話になった出身中学校や地域の施設に日頃の感謝の気持ちを込めてお花を届けに行きました。

ページの先頭へ戻る