模試を受験する時の心得 ?同じしぐさ?|聖カピタニオ女子高等学校|Misiion C26 ブログ

模試を受験する時の心得 ?同じしぐさ?

イチローはばったボックスに入る前に、必ずおなじみのしぐさをします。バットをピッチャーに向け、肩のユニフォームをまくるあの仕草です。

?ゴルフのタイガー=ウッズも、スイングの前に、毎回、「同じしぐさ」をします。

?これは、常に「同じしぐさ」をすることによって平常心を保ち、ベストパフォーマンスをするためには、とても有効な方法です。。

?これは、実は受験でも同じことが言えるのです。

?模試の段階から、常に受験会場では「同じしぐさ」で臨んでほしいと思います。

さらに言えば、模試の日の朝から、受験当日の朝まで、いつも同じ朝食を摂るのも、平常心のためにはいい方法です。

?こうすることで、脳のリズムを一定にし、平常心が作り出されるのです。

?模試だから、入試当日だからと、特別な準備をすればするほど、力は発揮できなくなります。

?受験生の人は、模試の段階から、自分で「同じしぐさ」をすることを心がけてください。

この回数が多くなればなるほど、入試当日への無意味な不安が減少していきます。

3年生の受験生もここからが勝負、

同じしぐさ」は大切ですよ

ページの先頭へ戻る