高校生活入門セミナーを終えて  ?感謝の気持ち?|聖カピタニオ女子高等学校|Misiion C26 ブログ

高校生活入門セミナーを終えて  ?感謝の気持ち?

昨日から2日間、本校のオープンキャンパスである「高校生活入門セミナー」が開催されました。

両日とも多くの中学生・保護者の皆様に来校していただき、心から感謝しております。

各コーナーでの様々な体験や、本校生徒との触れ合いを通じて、本校の特色を直接感じていただいていればと思います。

自分自身も、朝のスクールバスに乗車し、さらには相談コーナーや大学パンフレットの配布コーナーで多くの中学生や保護者の方と接することができ、たくさんの出会いに感謝しています。

特に保護者の方には暖かい言葉をたくさんいただき大変うれしく思っています。

なかでももっとも嬉しかったのは、本校の在校生の雰囲気、挨拶をさせていただく態度に多くのお褒めの言葉をいただきましたことです。

本校はフォーラムでもご説明させていただきましたように、10年後、20年後を見据えて、学力だけでなく心を育てる教育を行っています。キリスト教を教育の基本理念とし、3年間を通じ人生の基礎を築き、「心を磨き成長させる」ことを本校ではもっとも大切にしています。

本校の雰囲気、また在校生の気持ちのよい態度は、そういった本校の理念の中で培われていきます。「高校生活入門セミナー」終了後も、在校生たちは後片付けを実に気持ち良く手伝ってくれ、最後まで本校生徒らしくふるまってくれました。前回のブログでも書かせていただきましたが、そこがこのセミナーでもっとも見ていただいきたかったところであり、本校のもっとも誇りとするところです。

ぜひ、このような素晴らしい在校生たちとともに過ごし成長する3年間を、今日来校していただいた中学生の皆さんにも共有していただけたらと思います。

また、セミナーの中の様々な場面で、多くの教員にも触れ合っていただけたのではないかと思います。教員一同、その出会いに心から感謝しています。ありがとうございます。

自分も多くの出会いがありました。

このブログをお気に入りに登録して読んでいただいてるとおっしゃっていただいた保護者の方(感激でした)、スクールバスで同乗させていただき初心者ながら本校でサッカーをしたい言っていた保護者と中学生の方(帰りにスクールバスに間に合わないかとヒヤヒヤでした)、中学校では人間関係に苦しんでいるが本校で新しい学校生活を送りたいとお話していただけた保護者と中学生の方(最後の笑顔はとっても印象的でした)、本校の教員に知り合いがいると話していただいた中学生と保護者の方(いまだにどの教員か謎なのが楽しかったです)、かつて担任をさせていただいた卒業生の保護者の方のご友人でお嬢さんを本校に入学させたいとお話ししていただいた保護者の方(こういう形のお話は本当にうれしいです)、将来は東京に行きたいと言っていた中学生と保護者の方(英検ぜひ頑張ってください)、たくさんの大学パンフレットを渡しながらたくさん言葉を交わしてくれた中学生の皆さん(パンフを渡し過ぎて帰りに重たくはなかったか心配です・・・)など、本当にすべては書ききれないほどのたくさんの保護者や中学生の皆さんと個人的にお話しすることができました。とても楽しい出会いでした。ありがとうございます。

ぜひぜひ4月に本校でまた会いましょう。他校では体験できない素晴らしい3年間が待っています。

最後になりますが、在校生のみなさん、今日はお疲れ様でした。全員がすばらしい態度で各自の役割をしっかりと果たしてくれました。終了後には、先生方も口をそろえて感謝していました。

これもこの場を借りて、感謝の気持ちを伝えたいと思います。

ページの先頭へ戻る