2010年5月|聖カピタニオ女子高等学校|Misiion C26 ブログ

「2010年05月」の記事

キャリア教育  ? 3年生保護者対象キャリアガイダンス ?

本日は本校の「3年生保護者対象キャリアガイダンス」が行われ、60名もの保護者の方に参加していただきました。
予定時間を少し超えて、1時間45分の長時間、ご清聴ありががとうございます。 (さらに…)

ページの先頭へ戻る

明日は球技大会

明日は本校の球技大会です。
女子だけの球技大会ですが、毎年、非常に盛り上がります。
各種目での女性同士の戦いは、それはそれは厳しい真剣勝負です。
バスケットボールやバレーボールはもちろんのこと、サッカー(フットサル)は、足にあざを作りながらの全力プレーです。

また女子高らしくハーフタイムショウも準備されています。
今日もその練習の光景を校内で見かけました。

近年は高校生のこういった行事は盛り上がらないといった話をよく聞きますが、本校の球技大会は数日前から放課後にクラスごとに残り自主練習に励むなど、まさに盛り上がるための準備は万端です。

明日はそれぞれの競技で勝ち負けはあると思います。しかし勝ち負けだけでなく、クラスの団結、学校全体の雰囲気、そして学年を超えた交流、こういったものも各自が感じることができる一日になればいいと思います。

一日、怪我のないように楽しんでください。

ページの先頭へ戻る

キャリア教育  ? 1年生保護者対象キャリアガイダンスの内容について ?

中間試験も半分が終わり、あと2日間です。今日も遅い時間まで多くの生徒が学校に残り、教員に質問をしたり、学習室などで一生懸命に勉強に取り組んでいました。
明日も勉強の成果が発揮できるように頑張って欲しいものです。

さて6月12日の1年生の保護者対象のキャリアガイダンスですが、内容の詳細をお知らせします。

近年、大学は大きく変化し、親世代との状況の違いは著しいものがあります。大学間の格差は想像以上に拡大しています。また大学内での環境も従来とは大きく変化しています。そのような状況をまずはお話しできればと思います。
次に本校のキャリア教育「Mission C26」の取り組みの具体的な内容をご紹介します。さらには親の取り組み、親子の情報共有の重要性などをお話しします。

いわゆる「進路説明会」といったものとは趣がかなり異なりますが、本校の教育の根幹をなす部分であり、伸びる生徒を育てるためのガイダンスとしてご理解いただければ幸いです。
単に大学進学や受験の内容ではありません。しかしこうした機会を通じて、学校と保護者の皆様が少しでも情報共有をできればと思っています。
ぜひ多くの方のご来校をお待ちしてます。

ページの先頭へ戻る

第47回創立記念日

本日は本校の第47回創立記念日でした。偶然ではありますが、本校と自分は同級生であり、なんとも言えない感慨があります。

さて創立記念の式典は、まずは「みことばの祭儀」で始まりました。
本校はイタリアの修道会を母体としており、伝統的に音楽教育を大切にしてきました。それは単に音楽の授業をしっかり行うだけでなく、全員での合唱を重んじてきました。
この「みことばの祭儀」の最初も、入祭の歌として「主イエスの愛は メドレー」で始まります。
最近の子供はあまりこういった行事で声を出さないといった話を世間では聞きますが、本校ではそういったことはありません。大変美しい歌声が本校のカリタスホーム(体育館)に響きました。
その歌声に引き続き、カトリック瀬戸教会の北向神父様の司式で、厳かにミサが行われました。ここでも生徒たちは私語一つない素晴らしい態度でいつものように式に臨んでくれました。

この「みことばの祭儀」の最後に、閉祭の歌「ラ・カリタ」が全員で合唱されました。これは本校創立以来の伝統であり、音楽科の高山教諭の指導のもと、まさに鳥肌が立つような合唱を生徒たちが聞かせてくれました。

後半は、この3月に実施されたイタリア研修旅行の参加生徒のナレーションで、聖カピタニオと聖ジェローザの紹介が行われました。実際の研修の写真をスクリーンに映写しながら、本校の発祥の地であるイタリアのローベレの話を中心に紹介が行われました。
そして最後はやはり音楽です。全員で校歌を歌って式典は終了しました。

創立記念日のたびに、本校のスクールアイデンティティを強く感じます。
他の学校では感じることのできない独特の雰囲気や伝統を、生徒の皆さんにもぜひ誇りに思って欲しいと思います。
本校は世界規模の学校であり、「清い心 責任 奉仕」の3つの学校方針に基づいて設立され、このような素晴らしい創立記念の式典をすることができる学校です。
そしてなにより、あのような立派な態度で式典に臨み、あの素晴らしい歌語を聞かせてくれる生徒は、なにより学校の誇りです。
最後に舞台の上から、今回の創立記念式典の指導担当である可児教諭から、生徒の皆さんへの褒め言葉がありましたが、皆さんはまさに、その言葉に恥じない聖カピタニオの生徒です。

このようにして、自分にとっては、こうして1年で、クリスマス会と並んでもっとも聖カピタニオ女子高等学校に誇りを感じる日が終わりました。

ページの先頭へ戻る

2010年度 2年生校外キャリアガイダンス

今日は朝から2年生の皆さんと京都へ校外キャリアガイダンスに行ってきました。残念なことに一日中雨で、生徒の皆さんはとても疲れたと思います。

雨のために交通状況も悪く、同志社大学への到着も大きく遅れ、学食での昼食も、結果として混雑のピーク時にかかってしまい、各自の席の確保も大変でした。
またそのあとのキャンパス見学も、雨の中でのものとなり、時間も短縮した形になってしまいました。

このような一日でしたが、、まずは感謝したいのは、2年生の皆さんが、教員の指示に従い、ルールを守り、気持ちのよい行動をしてくれたことです。雨の日の不自由さの中で、自律的な行動をすることも、こうした機会の中ではとても大切です。

また、一日の終わりにバスから降りるとき、ひとりひとりの生徒が、バスの運転手さんに「ありがとうございました」ときちんと挨拶してくれくれました。バスの運転手さんは、こんなにきちんと挨拶をしてくれるとは驚きですとおっしゃてくださいましたが、こうした感謝の気持ちを自然と表してくれる2年生の皆さんに感動です。

雨の一日でしたが、その中で各自が何かを感じ、自分の未来を考える刺激として欲しいと、帰校後、このブログの原稿を作成しながら思います。

ガイダンスの様子は改めて画像をアップいたします。

ページの先頭へ戻る