卒業生|聖カピタニオ女子高等学校|Misiion C26 ブログ

「卒業生」 タグの記事

17年前の卒業生の来校

今日の午後、職員室に入っていくと、私服のどこかでみたことある女性が二人立っていました。う?んと考え、思い出しました。なんと17年前に本校を卒業した方々でした。

久々に母校を訪れてくれたそうで、忙しい中、ついついうれしくなって立ち話をしてしまいました。

(さらに…)

ページの先頭へ戻る

せともの祭 ?ミスせともの?

今週末の11日(土)、12日(日)の2日間にわたり、「せともの祭」が行われます。実に今年で79回目!!! 歴史ある瀬戸市のお祭りです。

この「せともの祭」では、毎年、「ミスせともの」として3人の女性の方が選ばれますが、今年の「ミスせともの」のひとりが本校の卒業生の川原理沙さんです。 (さらに…)

ページの先頭へ戻る

最後の合格

今日、3人の卒業生の某大学の補欠合格が、繰り上がり合格になりました。

3人とも前期の一般入試では力及ばず、悲しい結果が続いていましたが、3月の入試まで受け続け、結果として一番進学したかった大学の合格を勝ち取りました。
こういうニュースは本当にうれしくなります。

3月にはいっても毎日のように登校し、国語の先生の指導を受け、孤独で辛い中、くじけずに努力した結果です。本当に素晴らしい努力です。

また、先日は国公立の後期日程で都留文科大学に合格した生徒もいます。この生徒も最後まであきらめず、努力をし、最高の笑顔で学校まで報告に来てくれました。

こうした生徒の夢をかなえるためのサポートをするのは教員の大切な仕事です。生徒とともに目標に向かって努力する時間を共有し、合格の報告を聞くことができる、本当に生徒の皆さんに感謝です。

今日で1,2年生の春の補習が終わりました。特に2年生はいよいよ受験の年です。
1年後に、先輩のような報告ができるよう一緒に頑張りましょう。

ページの先頭へ戻る

来年度の準備  ? 春の予感 ?

気がつけば、もう3月も残りわずかとなりました。

明日には、新入生の人数が最終的に確定し、校内では徐々に来年度の向けての準備が行われています。
また、在校生は、連日のように補習・部活動に頑張っています。
サッカー部や少林寺拳法部は、近日、遠征に出発し、さらには、明日にはイタリア研修旅行のメンバーもセントレアを飛び立ちます。

それぞれが、それぞれの場所で自分を成長させ、新学期に備えています。

今日は同志社大学と、来年の2年生の校外キャリアガイダンスの打ち合わせをしました。新2年生には少しでも刺激となる機会となればと思い、訪問時のメニューを大学側に相談に乗っていただいています。
5月の京都は新緑の季節であり大変素敵な時期です。
気がつけばもう1カ月半で京都訪問です。

卒業生も毎日のように学校を訪問し、在学中の感謝の気持ちを伝えに来てくれます。今日も自分が気がついただけでも、7人の卒業生がやってきました。
それぞれが、4月から新しい生活のスタートです。
本校の卒業生であることを誇りに頑張ってください。

こうして、校内は慌ただしい春休みを送っています。

自分も新学期に向けて新たな気持ちで頑張らねばと、気持ちを引き締める日々です。

ページの先頭へ戻る

聖カピタニオ女子高校の進路指導  ? 感謝の気持ち ?

進路指導という役割を担当していると、とかく誤解されることがよくあります。偏差値ばかりを重視し、心の教育をなおざりにしているといった誤解です。

受験指導をしていて心から感じるのは、そういった単純なことで各自の夢をかなえることはできないというとです。学習指導を重視するか、心の教育を重視するかでなく、両方に最高の教育を行ってこそ、はじめて受験は成功します。これはバランスではなく、どちらとも最高のものが必要なのです。

自分は生徒から合格の報告を受けると心から嬉しく思います。しかし、嬉しいのは合格という事実だけではありません。仮に不合格でも、感謝の気持ちをもって報告に来てくれる、その心の成長が一番嬉しくなります。
先日、ブログに「卒業生の皆さん、受験の報告をしましたか。感謝の気持ちを伝えましたか」といった内容のことを書きました。
それぞれが、事情があったのだと思います。ここ数日、多くの卒業生が来校し、また電話で受験の報告をしてくれます。

感謝の手紙を添えてくれた人、これから浪人しますと電話で伝えてくれた人、看護師を目指し頑張ると目を輝かせながら進路室を訪問してくれた人、一年間の浪人の末に合格を勝ち取った人、浪人か進学か迷っていると話してくれた人、受験先のお土産をもって報告に来てくれた人、、、、

みんな素晴らしい報告なんです。1年間努力し、辛さに耐え、そして最後に結果にかかわらず感謝の気持ちを伝えることができる、、、これが本校のキャリア教育の成果です。キャリア教育とはまさに全人間教育であり、本校にとってはカトリックの精神を具現化することです。

いま、校内ではすでに2年生の指導が本格化しています。二者・三者懇談会が連日行われています。進路室にも何人もの人が相談しに来てくれます。
先生方は精一杯応援します。とことん付き合います。
だから、心と頭と両方を成長させましょう。努力は一生の尊敬に値します。そして感謝の気持ちは一生の財産となります。

本校では、そんな進路指導をしたいと思っています。

ページの先頭へ戻る