アデレードでの生活も残り2週間となりました。

アデレードでの生活も残り2週間となりました。

生徒たちの現地校での生活も2週目を迎えました。
今日はSt. Aloysius Collegeを訪問し、生徒たちと再会できました。大きなトラブルもなく、みんな相変わらず元気そうでなによりでした。

現地校はカピタニオと同じ45分授業です。ただ、たくさんの違いがあるので初めは戸惑うことも多かったようです。あるクラスの今日の時間割を紹介します。

8:55-9:40 Mathematics(数学)
9:40-10:25? Mathematics(数学)
10:25-11:10 electives(選択授業)
11:10-11:30 recess(休み時間)
11:30-12:15 Science(科学)
12:15-13:00 English(英語)
13:00-13:45 lunch
13:45-14:30 Religious(宗教)

 

Scienceのクラスを今日は教室で見せてもらいました。
言うまでもなく、授業中に使用される言語は英語です。fungus cell(真菌細胞)といった理科の専門的な用語も使われていましたが、先生やバディが丁寧にサポートしてくれていました。宿題も他の生徒と同様にしっかり出されていたので、今晩は忙しくなること間違いないでしょう。

現地校での生活も2週目ですが、アデレードでの生活もあと残り2週間を切りました。悔いの残らないよう、思う存分こちらでの生活を満喫してほしいものです。

 


 

ページの先頭へ戻る