どんな週末だったかな?|聖カピタニオ女子高等学校|海外研修ブログ

どんな週末だったかな?

週末がすぎて、久しぶりに顔を合わせた生徒たちに、どんな週末だったかきいてみたところ、いろいろな返答が。

フットボール観戦やクリケット観戦に連れて行ってもらった人。

ホストファミリーの友達や親戚のうちのだれか彼かの誕生日会に出た、という人。

プールに連れて行ってもらった人。

バーベキューをした人。

ホスト同士が友達で、別のカピタニオ生のいる家にお泊りに行った人。

ホストマザーとショッピングに行った人。

教会に連れて行ってもらった人。

日本料理を作ってあげた人。

どこにも行かなかった人。

日本の宿題をがんばってやっていた人!!

、、、いろいろです。

また新たな週末がやってきます。

家族の一員として過ごすわけなので、いつもいつもスペシャルなわけではないでしょうが、ちょっとしたことでも素敵な体験になり得ます。

週末だけでなく、日々の生活の中にもいろいろな発見があるはず。

それを楽しんでほしいと思います。

今日お話をした生徒の一人が、ホームシックというわけではないけれど、日本という国の良さを感じることができた一週間だった、と言っていました。(保護者の方の中には、ホームシックではない、ときいて、ちょっぴりさみしい思いをされたかもしれませんが(^ ^;))

 

さて、週明けの今日、月曜日。

本来なら午後からBush walkingが予定されていたのですが、天気予報で午後から雷が!と言われていたので、急遽予定が変更され、Marionという街にある巨大ショッピングセンターとSA aquatic & leisure centreに行って来ました。

(ところが、とっても朝の曇り空からうってかわって、午後はとてもいい天気になっておりました、、、。)

お昼はショッピングセンターのフードコートで。ただし、ホストが作ってくれたお弁当を持参してきていたので、みんなそれを食べていました。

そして、一時間ほどの買い物時間を楽しんだあとは、すぐとなりにあるSA aquatic & leisure centreへ。

ここは、今年の夏に開かれるロンドンオリンピックに向けての水泳の代表選考会がもうじき開かれるところで、とても立派な設備(ジムやプールなど)が揃っています。

センター内の設備説明を英語でしてもらいながら、中を見学しました。

もうじきイアン・ソープが来るんだって!!と勝手にもりあがった私でしたが、イアン・ソープを知らない生徒が多かったことに、哀しいかな、ジェネレーションギャップ、、、。

しかし、とにかく素敵な設備で、生徒たちは「泳ぎたーい!!」と申しておりました。

明日の授業で、自分でバスを使ってどうやって行けるか、を説明してもらえると思います。

(今日は、学校からハイヤーしたバスに乗っていったので、、、。)

 

 

ページの先頭へ戻る