オーストラリア2015|聖カピタニオ女子高等学校|海外研修ブログ

「オーストラリア2015」 カテゴリーの記事

Mary MacKillop Collegeでの授業の様子

Mary MacKillop Collegeに通う生徒たちもバディと共に様々な授業に参加しています。1時間目は図書室で、Goal Settingについて、学年全員で学びました。その後、日本ではなかなか見られないネットボール(バスケットボールに似たスポーツ)を体育でやったり、家庭科でクッキーやミートパイを楽しそうに作っていました。家庭科では、以前本格的なエスプレッソマシーンを使ったコーヒーの入れ方の授業も体験できたそうです。

ここ数日は雨が降り、アデレードにしては珍しく、肌寒い日が続いています。生徒も寒いと言っていますが、現地のスタッフも「これは冬だ!」と叫んでいたほどです。ただ、週末にはまた暖かくなるということなので一安心です。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

日本では経験できない授業

今日はSt. Aloysius Collegeを訪問してきました。生徒が受けている授業の中で興味深いものがありました。それは「宗教」の授業です。

長年務めている先生が直々にチャペル内でSt. Aloysius Collegeの歴史について話をしてくれました。St. Aloysius Collegeは130年の歴史を持つ学校で、戦前・戦後の女性史を学校の制服を通して学校の歴史や当時の様子を教えてもらいました。カピタニオを生徒も前に出て実際に使われていた帽子をかぶらせてもらいました。チャペルの中で行われる授業は厳粛な雰囲気の中で行われていました。St. Aloysius Collegeもカトリックの女子校なので宗教について学びますが、カピタニオで学んでいる授業とは少し違うよい経験ができたと思います。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

Port Noarlungaでのサーフィン・ボディーボード・シュノーケリング体験

今日は、今年本校の生徒がお世話になっているもう1つの現地校Mary McKillop Collegeを訪問しました。1日かけてアデレードの南西部にPort Noarlungaでサーフィンやボディーボード、シュノーケリングを体験しました。


大きな地図で見る

この日は、あいにく絶好のビーチ日和というわけにはいきませんでしたが、生徒たちはグループに分かれアクティビティーを楽しんでいました。

冷たい海水と強い風にさらされたせいか、帰りは疲れた様子を見せていましたが、それでもバスの中ではまだまだ生徒たちは元気でした。

ページの先頭へ戻る

アデレードでの生活も残り2週間となりました。

生徒たちの現地校での生活も2週目を迎えました。
今日はSt. Aloysius Collegeを訪問し、生徒たちと再会できました。大きなトラブルもなく、みんな相変わらず元気そうでなによりでした。

現地校はカピタニオと同じ45分授業です。ただ、たくさんの違いがあるので初めは戸惑うことも多かったようです。あるクラスの今日の時間割を紹介します。

8:55-9:40 Mathematics(数学)
9:40-10:25? Mathematics(数学)
10:25-11:10 electives(選択授業)
11:10-11:30 recess(休み時間)
11:30-12:15 Science(科学)
12:15-13:00 English(英語)
13:00-13:45 lunch
13:45-14:30 Religious(宗教)

 

Scienceのクラスを今日は教室で見せてもらいました。
言うまでもなく、授業中に使用される言語は英語です。fungus cell(真菌細胞)といった理科の専門的な用語も使われていましたが、先生やバディが丁寧にサポートしてくれていました。宿題も他の生徒と同様にしっかり出されていたので、今晩は忙しくなること間違いないでしょう。

現地校での生活も2週目ですが、アデレードでの生活もあと残り2週間を切りました。悔いの残らないよう、思う存分こちらでの生活を満喫してほしいものです。

 


 

ページの先頭へ戻る

Central Marketで調べ学習をしました。

 午前中は授業で、ランチの後、今日が誕生日の生徒がいたので、Margaret先生とGleg先生がケーキを用意して下さいました。みんなでハッピーバースデーを祝うことがきました。おめでとうございます!

 午後は先週、少し覗いたCentral Marketで調べ学習をしました。土地勘も出てきて、「学校からこんなに近いんだ!」という声が聞こえました。

 お店の人に聞かないと分からない内容もあるので、みな頑張って聞いてましたよ。 「もう話すことに抵抗がなくなって来た」という声がちらほら聞こえます。それが何よりの収穫ですね。魚介類は日本とは売り方がかなり違いますね。多国籍の野菜や果物、に一瞬見えますが、ほとんどがオーストラリアで収穫できるものなのです。新種の果物もあり、現地の人もまだ味の分からないものが見られました。

 少し時間が余ったので、アイスクリームやお茶を楽しんでいました♪ やはりサイズが大きいので、「一人では食べれない」と漏らしています(笑)

 さて、早くも2週間が過ぎ、来週から生徒だけの生活が始まります。 2週間後は2つの学校に別れての生活になります。

 別れを惜しんでの「さよなら」ですが、みなの成長を楽しみにしています!GOOD LUCK!

 

ページの先頭へ戻る