令和2年度入学式|聖カピタニオ女子高等学校|校長ブログ

令和2年度入学式

 暖かな日差しの下、本校第58回入学式を執り行いました。保護者の方々をはじめ、皆様方のご協力を得て、特別な形で無事行うことができました。式後には校庭のあちらこちらで、親子であるいは友達と楽しそうに写真を撮る姿を見、私もうれしくなりました。桜の花々も新入生を優しく、かつしっかりと待っていてくれました。新型コロナウイルス感染防止のため、やむを得ず明日からしばらく休校にはなりますが、生徒の登下校、学校生活の安心安全を担保するためです。今度はマスクなしでお会いできるのを楽しみにしています。

本日の式辞で述べたことを少し引用します。

 1.創立者 聖バルトロメア・カピタニオのことば

   「私は 常に平和な心を保ち

      明るい笑顔と 優しいことば 優しい態度で

       人に接したいと思います」

 2.皆さんとともにこんな学校でありたい、という私からのメッセージ

   「喜びの声が響き渡る学校」

   1日のあいさつに始まり、お祈り、聖歌、ありがとう、という感謝。

   学習、友達との会話、部活動、さまざまな行事での笑顔、頑張ったね、という声掛け、などなど。

   生きている喜びが学校中に響き渡る、そんな学校でありたいと願っています。

 3.聖書の一節

   「いつも喜びを忘れずにいなさい。

      絶えず祈りなさい。

        どんなことにも感謝しなさい。」(テサロニケ、5章16-18)

 皆さんとともに歩んでいくことができる喜びに感謝し、私の式辞といたします。

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

ページの先頭へ戻る