小池 芳樹|聖カピタニオ女子高等学校|校長ブログ

「小池 芳樹」 が執筆した記事

創立56周年みことばの祭儀

5月1日より令和と改元され、令和元年度が始まりました。

式の前の発声練習では素晴らしい歌声に聴き入り、懐かしい日々を思い出していました。

また、2部で発表するインド体験学習の資料も昨日なんとか出来上がり本番当日を迎えました。

生徒たちの気づきをメインにした構成にしたので少し長めになりましたがいかがだったでしょうか。

校長挨拶の要旨を添付いたします。

創立56周年記念式典 校長挨拶              2019.5.14

風薫る5月、新緑の芽吹きがまばゆいばかりの今日、幼き聖マリア女子学園 聖カピタニオ女子高等学校の創立56周年を、皆さまとともに迎えることができ、学校長として、ひとこと感謝の言葉を述べさせていただきます。

保護者の方々、ご来場の方々におかれましては、お忙しい中、みことばの祭儀、また、これから行います記念行事にご臨席賜り誠にありがとうございます。

遠くイタリアから運ばれてきた小さな種、それは聖バルトロメア・カピタニオの真心のこもった一粒の麦でした。この瀬戸の地に落ち、地域の皆さまの温かいご支援、歴代の校長先生をはじめとする教職員の方々、今や9000名を数える卒業生の皆さん、保護者の方々、そしていつも微笑んで、共に歩んでくださったシスター方、諸先輩方のおかげで、根を下ろし、実を結び、また新しい種へと聖カピタニオの意思は受け継がれています。

一口に56年と申しますが、文字通り何もないところから始めるわけですので、それは想像をはるかに越えるものであったと思います。様々な苦難を乗り越え、ただただカピタニオのご遺志を継ぎ、カトリックの愛に基づいた女子教育を広めよう、目の前の生徒、一人ひとりを大切にしようという、本校に携わってこられた諸先輩方の情熱と献身的なご努力のおかげで「今」があることを強く感じております。

そして、今ここにいる全校生徒の皆さん、皆さんこそ、その一粒の新しい麦なのです。先輩方が築いてくださった伝統にさらに磨きをかけ、カピタニオファミリーの一員として、「喜びと感謝の歌声を、学校中に響き渡らせ」、より大きく羽ばたきましょう。

生徒たちはこの日のために幾度ものリハーサルを重ねて歌の練習をしてきました。今日は十分その成果を発揮してくれたと思います。いかがでしたでしょうか。伝統は確実に実となっていると感じています。

 これまでの多くの方々のご努力、ご厚意に深く感謝申し上げ、私の挨拶とさせていただきます。

ページの先頭へ戻る

平成31年度入学式

本当に久しぶりに更新します。今年度もよろしくお願いいたします。

本日温かい陽射しと見事なサクラの咲く中、新入生175名を迎え、平成31年度聖カピタニオ女子高等学校第57回入学式を挙行することができました。こんな学校でありたい、このように育って欲しいとの思いを込めた学校長式辞を紹介します。

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。聖カピタニオ女子高等学校 教職員 生徒一同、心から皆さんを歓迎いたします。そして、今日から始まる皆さんの高校生活が、より有意義で楽しいものとなるよう願っています。

 また、保護者の皆さまにおかれましては、お嬢様のご入学を心よりお喜び申し上げます。保護者の皆さま方のご期待に応えられますよう、全教職員、力を合わせて一生懸命頑張って参ります。どうかよろしくお願いいたします。また、学校行事などへも足をお運びいただき、お嬢様方の生き生きとした姿をご覧いただいたり、PTA活動にも積極的にご参加いただきますよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 創立者 聖バルトロメア・カピタニオのことばに次の一節があります。

「私は 常に平和な心を保ち

    明るい笑顔と 優しいことば 優しい態度で

       人に接したいと思います」

  教職員一同この言葉を心にとめて指導に当たって参ります。

  さて皆さん。環境問題を考える上で、そのさきがけとなったアメリカの海洋生物学者で作家のレイチェル・カーソンという人のことを聞いたことがあるでしょう。彼女は「沈黙の春」という本の中で、殺虫剤などの大量散布が生態系を乱し、地球環境の大規模な破壊をもたらすことを警告しました。これがきっかけとなり、時のアメリカ大統領 ケネディをも動かして、世界の人々が環境問題を真剣に考えるようになったのです。

 そして彼女は幼い頃からお母さんから教えられてきた、自然の美しさや神秘をじっと観察すること、あらゆる生き物は互いに関わりあいながら暮らしていること、どんな小さな生命でも大切であることをより多くの人に考えてもらいたいと、彼女の最後の本となる「センス・オブ・ワンダー」を書きました。センス・オブ・ワンダーとは、神秘さや不思議さに目を見張る感性のことです。彼女はこの本の中で、「出会う事実の一つひとつが、やがて知識や知恵を生み出す種子だとしたら、様々な情緒や豊かな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。今が、この土壌を耕すときです。」そして、「美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものに触れたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたび呼び覚まされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけ出した知識は、しっかりと身につきます。」と言っています。

 この聖カピタニオ女子高等学校で、授業はもちろんのこと、皆さんが出会い、体験する一つひとつの事実、様々な行事を通して、豊かな感覚、知的好奇心をおおいに磨き、感性を育てていただきたいと思います。

 私たちの生活を振り返ってみると、思い通りになること、思い通りにならないこと、うまくいくこと、いかないこと、楽しいこと、つらいこと、うれしいこともあれば、かなしいこともあります。でも、皆さんには仲間がいます。自分一人ではできないことでも、友達、家族、先生がいます。学習、部活動、さまざまな行事で、ともに学び、ともに汗を流し、議論を深め、協力しあうことができます。学校生活は、お互いに支えあい、たかめ合うことに意味があるといえます。

 そこで、皆さんとともにこんな学校でありたい、という私からの

メッセージがあります。

 「喜びの声が響き渡る学校」 (あなたの喜びが私の喜びである)

 1日のあいさつに始まり、お祈り、聖歌、ありがとう、という感謝。

 学習、友達との会話、部活動、さまざまな行事での笑顔、

 頑張ったね、という声掛け、などなど。

 生きている喜びが学校中に響き渡る、

 そんな学校でありたいと願っています。

   最後に聖書の一節を紹介します。

   「いつも喜びを忘れずにいなさい。

     絶えず祈りなさい。

       どんなことにも感謝しなさい。」 (テサロニケ、5章16-18)

 皆さんとともに歩んでいくことができる喜びに感謝し

 私の式辞といたします。

ページの先頭へ戻る

一学期終業式

出勤してみると(7:40)カリタスホームはすでに気温35度を超え危険な状態。生徒の健康を第一に考え、急きょ終業式は各教室で行うこととしました。式内での校長のお話を掲載いたします。

 おはようございます。このところ毎年のように、予想をはるかに超えた異常気象という報道がなされます。ここ数日来の強い日差しと最高気温の更新、熱帯夜に悩まされています。一昨年の九州地方の大地震、昨年の局地的な集中豪雨に加えて、広島・岡山を中心とする西日本各地には豪雨、土砂災害により甚大な被害がもたらされました。先日の朝礼でも少し触れましたが、最初の報道ではこれほどまでの深刻な被害となるとは確かに思いもよらなかったかもしれません。しかし長時間同じ場所で猛烈な雨が降り続き、止んだ後も大量の水分を含んだ土砂が次の被害をもたらしました。今年の夏も猛暑の予想、災害を受けた地域の一刻も早い復旧を祈るばかりです。

 ボランティアの方々、多くのお年寄り、先日は小さな子どもが、熱中症、熱射病により、救急搬送されたり、亡くなったりしています。お悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。

 さて、ここで一つ考えて欲しいこと。よく「頑張って」、という言葉をかけられますよね。頑張ることは大切ですが、それと同じくらい頑張りすぎないことも大切だということです。例えば、走っているとき、まだまだいけるなと思っている時点から、もう駄目だというところまではかなりの葛藤があるわけですが、本当にもう駄目、というときには正常な判断ができないことが多いのです。そういう意味で頑張りすぎないことは大切だということです。心についても同じことが言えると思います。いろいろあるけどまだもう少し頑張ってみようなどと。「まだ」と「もう」は隣り合わせであるということが判断できるうちに、ちょっと休憩、立ち止まって見るのもいいですよ。

 このところ報道でもよく取り上げられていますが、世を代表する人たちの、言ったもん勝ちとも思わせる、強いことば、悪意のある言葉、あるいはまったく気持ちが通っていない言葉には、不快にさせられるだけではなく、辛くさみしく感じてしまいます。

 そして、いまだに、人の命や人権を軽んじた、悲しい、痛ましい事件や、加害者の身勝手な事件ばかりが目につきます。暴行を受け、犠牲になった人びと、この世に生を受けた無抵抗の小さな命、はなぜ命を落とさなければならなかったのでしょうか。自らの感情にまかせず、相手のことを少しでも思うことが出来たらと考えずにはいられません。

約6週間の夏休み、新聞報道など社会問題にも目を向け、自分なりの考えを持ち、時間管理、健康管理に十分注意して元気よく9月を迎えましょう。出校日、始業式に元気な笑顔で挨拶を交わすことができることを楽しみにしています。

 

ページの先頭へ戻る

創立55周年記念感謝ミサ

申し訳ありません、気がついてみたら更新からほぼ一年が過ぎていました。昨日名古屋教区松浦悟郎司教様の司式により創立55周年記念感謝ミサをたてていただきました。生徒たちの素晴らしい歌声も学校中に響き渡りました。そこでの校長挨拶を紹介します。

風薫る5月、新緑の芽吹きがまばゆいばかりの今日、幼き聖マリア女子学園 聖カピタニオ女子高等学校の創立55周年を、皆さまとともに迎えることができ、学校長として、ひとこと感謝の言葉を述べさせていただきます。

先ほどの記念ミサにおきましては、松浦司教様の司式のもと、荘厳にかつ温かい雰囲気のなかで感謝のミサが行われましたことを心よりお礼申し上げます。松浦司教様、ニコラス神父様、北向神父様ありがとうございました。また本来ならばご来賓としてご出席いただくのが本意ではございますが、国際ソロプチミスト瀬戸、本校同窓会マリエッタ会の代表の方々、お忙しいところご出席を賜り、ありがとうございました。また保護者の方々、ご来場の方々におかれましても、お忙しい中、本校創立55周年記念感謝ミサ、また、これから行います記念行事にご臨席賜り誠にありがとうございます。

遠くイタリアから運ばれてきた小さな種、それは聖バルトロメア・カピタニオの真心のこもった一粒の麦でした。この瀬戸の地に落ち、地域の皆さまの温かいご支援、歴代の教職員の方々、今や9000名を数える卒業生の皆さん、保護者の方々、そしていつも微笑んで、共に歩んでくださったシスター方のおかげで、根を下ろし、実を結び、また新しい種へと聖カピタニオの意思は受け継がれています。

一口に55年と申しますが、文字通り何もないところから始めるわけですので、それは想像をはるかに越えるものであったと思います。様々な苦難を乗り越え、ただただカピタニオのご遺志を継ぎ、カトリックの愛に基づいた女子教育を広めよう、目の前の生徒、一人ひとりを大切にしようという、本校に携わってこられた諸先輩方の情熱と献身的なご努力のおかげで「今」があることを強く感じております。

そして、今ここにいる全校生徒の皆さん、皆さんこそ、その一粒の新しい麦なのです。先輩方が築いてくださった伝統にさらに磨きをかけ、カピタニオファミリーの一員として、「喜びと感謝の歌声を、学校中に響き渡らせ」、より大きく羽ばたきましょう。

これまでの多くの方々のご努力、ご厚意に深く感謝申し上げ、私の挨拶とさせていただきます。

 

ページの先頭へ戻る

一学期終業式

1学期ももう終わり、申し訳ありません、気がついてみたら今年度初のブログ更新です。

終業式でのお話を紹介します。

おはようございます。気象庁は昨日ようやく、この地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。とは言ってもここ数日来強い日差しと熱帯夜に悩まされています。また全国的に異常気象が続き、線状降水帯の発生により、長時間同じ場所で猛烈な雨が降り続きました。昨年の大地震に加えて、九州地方では甚大な被害を被りました。特に福岡県朝倉市の山間部では局地的に9時間にわたり、気象観測史上でも最大級の集中豪雨となりました。今年の夏も猛暑の予想、災害を受けた地域の一刻も早い復旧を祈るばかりです。

先月、聖書の一節を引用し、「誰の罪でも、あなた方が赦せば、その罪は赦される。誰の罪でもあなた方が赦さなければ、赦されないまま残る。」というお話をしました。ここで一つ考えて欲しいこと。赦してあげる、とか、なになにしてあげる、という感情が出てしまうと、今度は、赦してあげたのに、あの時替わってあげたのに、貸してあげたのに、などと、私はしてあげたのになぜあなたはしてくれないのといった、交換条件のようなものが首をもたげて来ます。ぜひ見返りを求めない、広い心でありたいと思います。

このところ報道でもよく取り上げられていますが、世を代表する人たちの、言ったもん勝ちとも思わせる、強いことば、悪意のある言葉、あるいはまったく気持ちが通っていない言葉には、不快にさせられるだけではなく、辛くさみしく感じてしまいます。

そして、いまだに、人の命や人権を軽んじた、悲しい、痛ましい事件や、加害者の身勝手な事件ばかりが目につきます。集団暴行、いじめはいずれも重大な犯罪です。暴行を受け、犠牲になった人びと、この世に生を受けた無抵抗の小さな命、はなぜ命を落とさなければならなかったのでしょうか。自らの感情にまかせず、相手のことを少しでも思うことが出来たらと考えずにはいられません。

約6週間の夏休み、新聞報道など社会問題にも目を向け、自分なりの考えを持ち、時間管理、健康管理に十分注意して元気よく9月を迎えましょう。

夢・志といえば、将棋の藤井聡太君を想起しますが、1学期始業式にお話しした「夢を持つことの大切さ」については夏の便りに書いておいたのでぜひお読みください。

いつも、「喜びの声が響き渡る学校」でありたいと願っています。

これでお話を終わります。

ページの先頭へ戻る