サッカー部顧問多田が女子サッカー部の活動を報告します。|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

第73回愛知県高等学校総合体育大会準々決勝

 5月12日(日)に行われた東海Liga Student 2019 の静岡産業大学戦は0対1で敗れ、通算成績は2勝2敗1分けとなった。このゲームでも決定力不足が大きな課題となる。

 5月18日(土)に第73回愛知県高等学校総合体育大会女子サッカー競技の準々決勝が名古屋経済大学で行われた。対戦相手は同朋高校。名古屋経済大学のグラウンドでは徹底した戦術で数々の下剋上を起こしたチームである。

 明日はわが身と臨んだゲームであるが、終始シュートは枠を外れ、同朋高校のGKとDFの頑張りも随所に見られ、なかなかネットを揺らすことができない。そんな中、前半27分にりこがこぼれ球をきっちり押し込み、1点先制。そのまま前半終了。ハーフタイムで苦言を呈し、ピッチに送り出す。また、選手交代を行い、改善を図るも得点は奪えない。すると、後半5分にコーナーキックから失点し、1対1の同点に追い付かれる。ここまでは想定内であったが、続く後半14分、カウンターから逆転ゴールを許し、1対2とリードを許す。喜ぶ同朋ベンチとは対照に浮き足立つ聖カピイレブン。追い込まれた時に真価が問われるのがサッカー。そんな中、キャプテンなるは残り時間を確認し、部員たちを鼓舞する。私としてもこんな所で終わらせる訳にはいかない。ただ、そんな簡単にゴールは奪えず、時間だけが確実に時を刻む。追い込まれた状況に応援も我に返ったように声援を送る。そう、昨年の東海総体の帝京可児高校戦の如く…。すると、思いが通じたのか後半28分、きょうかの狙いすましていないシュートがゴールネットを揺らし、2対2の同点に追いつく。その後のチャンスをお互い決めれず、10分ハーフの延長戦へ。2年生の2つゴールが可能性をつないだ形となった。3年生が試合を決めろと送り出し、延長前半は無得点。ゲームは延長後半に動く。後半1分、まこが狙いすましたミドルシュートを蹴り込み、3対2とリード。後半6分にはようやくえみりが押し込み、4対2で辛くも勝利した。同朋の粘りに苦しめられ、過去に1度だけあるベスト8敗退は何とか免れた。これまでの決定力不足がチームを苦しめる結果となった。不思議な力は今なお健在であるが、3年生の意地と意識改革が今後を左右するであろう。

 準決勝は5月25日(土) 13時キックオフで、安城学園高校と口論義運動公園サッカー場で対戦する。

ページの先頭へ戻る

令和元年度がスタート

 令和元年度がスタートし、10日余り。令和初の○○がネット・新聞等でよく目にする。とにかく平和な時代が続くことを願う。

 5月3日(金) に行われた高校Ⅰ部リーグの愛知啓成高校戦は1対1で引き分け。多くの反省点が見つかった試合。これがサッカーというゲームであった。

 各都道府県でのインターハイ予選も佳境を迎えている。愛知県予選は5月11日(土) から決勝トーナメント1回戦が行われ、シード校である本校も岩倉総合高校で岡崎商業高校と対戦した。試合前に岩倉総合高校に再任用の佐伯先生と再会。若干色白になってみえたが、健在な様子にひと安心。

 試合は開始2分のえみりのゴールを皮切りに、前半8点(えみり2点、なる2点、りこ2点、ひより、OWN)、後半8点(なる2点、えみり、まこ、なあ、りこ、まりん、きょうか)を奪い、快勝した。岡崎商業高校イレブンの全力プレーに、本校も全力で戦えたことに感謝したい。これでベスト8進出。これからも負けられない戦いは続く。おっと、ここで情報が入る。第3シードの愛知啓成高校が至学館高校に敗れる波乱が起きた模様。これだからサッカーはわからない。明日はわが身と気を引き締めよう!!

ページの先頭へ戻る

平成大みそか

 平成最後のブログ更新。2002年に今は亡き本多先生とともに始めたHP(ブログ)も17年目に突入しており、月日の流れがよく身にしみる。

 4月の試合は、東海Liga Student 2019 が4試合(VS名古屋経済大学0-2、VS愛知東邦大学Boarsort1-1、VS同朋高校9-0、VS豊川高校4-2)、東海プリンセスリーグ1部(VS東海大翔洋高校2-5)、高校リーグ1部(VS安城学園高校3-0)、TRM(VSフェルボール、VSヴィアティン三重、VS名古屋学院大学 …etc)と多くの試合を行った。試合ごとに良かったり、悪かったりとこの時期ならではのチーム状況。中には急成長を見せる選手も出現…。やはりすべてが順調な訳もなく、選手たちも模索しながら過ごす毎日。目指すものはみんな同じ。全国高校選手権大会同様の、またそれ以上の結束力が生み出せるかが今のチームの最重要課題。インターハイを賭けた闘いはすでに各地で行われている。いわんや愛知をや。

 まもなく、平成が終わる。平成元年に本校に赴任したため、数え易かった経験年数もこれからは足し算が必要になる。また、高体連女子サッカー委員長も20年以上務め、長年女子サッカーの普及に尽力してきた。創部当時の女子サッカーは高体連にも加盟して(認可されて)おらず、チーム数も3校のみ。それが愛知県の諸先輩方の努力や思い、Jリーグ発足によるサッカーブーム、各校の指導者の熱意などにより、チーム数も23チームまで増えた。それに伴い、若い指導者・女性の指導者も増え、安心してバトンを渡す人材、環境が整った。そこで、至学館高校の永井先生が高体連女子委員長を引き受けてくれることとなった。いいものは引き継ぎ、変革が必要なことには若さを発揮し、愛知県の女子サッカーの発展に力を貸していただきたい。他の先生方も永井先生を支え、これまで以上の協力をお願いしたい。当の私は隠居する訳でもなく、桐陽高校吉岡先生に代わり、全国9地域の東海地区の高校代表者として、代表者会議に出席する大役を仰せつかった。吉岡先生も長年お疲れ様でした。少しの間、代表務めます。

 念のため最後に書いておくが、令和元年も聖カピタニオ女子高校サッカー部監督である。

ページの先頭へ戻る

2019年度のスタート

 新元号が『令和』に決まり、新年度もスタート。サッカー部も30年目を迎える節目の年。スタッフとして中村陽(みなみ)先生、大城穂香(ほのか)先生が新たに加わり、激戦区となった東海地区での戦いに挑む。今年度もよろしくお願いします。

 約1ヶ月ぶりの更新。少し振り返る。

 3月11日(月) にはJENESYS2018日ASEAN U-19女子サッカー大会への参加で、卒業式に参加できなかったちいなだけの卒業式を行った。3月2日卒業した3年生全員が参加し、ちいなの門出に花を添えた。よく涙した3年間であったが、この日は終始笑顔でしっかりと前を見据えていた。もう私の手を離れたが、自分の夢を実現するよう努力を続けてほしい。“信は力なり”  その後に行われた教員チーム、3年生チーム、OGチームとの交流戦は白熱したゲーム展開にも笑いが絶えず、怪我なく終えた。本当に卒業生がサッカーをしている姿はいつ見ても微笑ましい。

 3月25日(月) ~29日(金) までは第25回高校選抜女子サッカー大会「めぬまカップ」in熊谷に18年連続で参加。チームも指導者の顔ぶれもかわり、やはり時の流れを感じずにはいられない。予選リーグは関東学園(9-0)、南陵(3-1)、常磐大高(4-0)、飛鳥(0-0)、大阪桐蔭(2-1)の4勝1分けで、3年ぶりの1位トーナメント進出。1位トーナメントでは常葉大橘(0-3)、広島文教(2-0)、磐田東(0-2)で48チーム中6位で大会を終えた。課題が多く出る中でもミーティングを繰り返し、改善できる所を修正し、次のゲームに生かせた場面が多く見られたのが大きな収穫である。ただ技術的な面は練習あるのみ。出来ていないのだからやるしかない。

 3月30日(土) は東北生活文化大学高校、愛知東邦大学、中京大学とのTRM。2年間本校の教員とサッカー部の指導を務めた水野花奈美先生が中京大学との試合を最後に退職した。本校の卒業生でもあるかなみ先生には感謝しかない。卒業アルバムに書いた「戻っておいで」の言葉が本当に実現するとは夢にも思わなかった。本当にお疲れ様でした。今日(4/1)からはもう新しい職場で奮闘していることでしょう。寂しくなったら会いに来てもいいですよ。

 4月1・2日は蒲郡市海陽多目的広場で行われる東三河フェスティバルに参加。容赦ないスケジュールでありながら部員たちは戦い続ける。同様に40歳になった梶野先生奮闘ぶりも特筆に値する。絶対に感謝を忘れるな!そして会った時にはお礼とともに “ 見~つけた ” との一声を…。

 

ページの先頭へ戻る

第54回 卒業証書授与式

 3月2日(土) に本校の卒業式が行われた。3年間、体育の授業を受け持ち、1.2年次には同じ学年団にも所属し、毎日の学校生活をともに過ごした。毎年感じることだが、高校の3年間は心身の成長が著しく、今後の進路は当然のこととして、生き方・考え方を学び、定着させていかなくてはならない時期である。授業、学校行事、部活動などで学んだ事を忘れずこれからの生活に生かし、前に突き進もう。

 3年生のサッカー部員とは、2月28日に行われた2年生プレゼンツのお別れ会で楽しい時を過ごし、卒業式後には3年生との最後の別れを惜しんだ。まず3年生の1人ひとりが保護者に向けて感謝の言葉を述べた。これを聞いただけでも3年間の成長が感じ取れる。普段は照れて言えない感謝の言葉は涙なしでは見れない?!(保護者とのお別れ会で披露します)

 その後の3年生からのスタッフ、後輩たちへのメッセージは、先輩というより1人の女性としてのコメントであった。性格や考え方、行動の相違にミーティングを繰り返し、人間関係・上下関係に悩み、プレー面でもうまく行かず、何度もくじけそうになった。そんな時、今の仲間がいたからこそ頑張れた。この言葉にウソ偽りはない。まさしく、One For All. All For One.

 また、けがやポジション争いの中で試合に出れない部員も多くいた。そんな状況下でも諦めずに最後まで努力を続けたことがこれからの生き方にも大きな影響を与えるだろう。最大限に努力することが後悔しないことにつながる。努力できるのも1つの才能である。私も3年間君たちと全力で向かい合った。厳しい言葉が多かったのは期待の表れと許してほしい。それぞれの成長した姿・言葉が本当に嬉しかった。私の思いはそれぞれのサッカーノートに記した通り。3年生全員の進路も決まり、あとはそれぞれの道での活躍を祈るばかり。

♫ カピタの誇りを胸に抱いて、十字架軍団さあ行こう♫

1ゆうか 2しほか 3みすみ 4なかむー 5こはる 6あかり 7あゆ

8まいか 9りさこ 10ちいな 11りんか 12さつき 13もな 15たけ 17ひろな

 みんな最高だ   \(^^)/  幸せになってくれ   \(^^)/

ページの先頭へ戻る