高校選手権大会開幕

高校選手権大会開幕

 9月28日(日)ついに3年生にとって最後の公式戦がスタートした。本校に限らず、引退せずに残っている3年生にはサッカー部の集大成となる大会である。全国各地ではすでに熱戦が繰り広げられ、多くの涙が流されている。愛知県大会は11月3日(日)まで行われ、上位3チームは11月16・17日に愛知県豊田運動公園陸上競技場、球技場で行われる東海予選に出場できる。

 愛知県高等学校女子サッカー選手権大会は19チーム(南山・南山国際合同チーム含む)で行われる。6つに分けて予選リーグを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進む。9月28日は南山女子部・南山国際高校の合同チームと対戦。梅垣先生(日体大出身)率いる南山女子部はこれまでも複数のチームと連合して大会に出場し、そのチームが独立することに大きく貢献している。当の南山はと思われる人がいるかもしれないが、中学生の部員が多くおり、これからは安定したチーム作りをしてくるであろう。試合は前半が3?0、後半が5?0でスコア的には圧勝と思われるが、最後まであきらめずにボールを追いかけ、日頃の成果を発揮しようとチャレンジする姿勢は今後に確実につながる。本校としても課題が修正できていない選手、考えてプレーしている選手、できていない選手、判断が悪い選手など、色々な面が見られたゲームとなった。予選リーグの2試合目は10月6日(日)に岩倉総合高校で清林館と対戦する。

 10月5日(土)は瑞穂公園ラグビー場で行われる伊賀フットボールくノ一対INAC神戸レオネッサ(14:00kick off)の運営を手伝う。各種の大会が重なり協力できるチームがいないため、白羽の矢が立った。試合をじっくり観戦はできないが、国内トップレベルの選手を間近で見て刺激を受けたい。

 当日は、なでしこリーグの選手にお・も・て・な・し・?  by? 滝川コレステロール

 

ページの先頭へ戻る