なでしこリーグ&予選リーグ

なでしこリーグ&予選リーグ

 10月5日(土)瑞穂公園ラグビー場で行われた伊賀フットボールクラブくノ一対INAC神戸レオネッサ戦は前半にフリーキックとひねりの利いたヘッドから伊賀が2点を先制。神戸の前節の3年ぶりの敗戦を引きずっているかのような立ち上がりに、伊賀の金星を予感させる。石原監督としても心中穏やかでないのはベンチからの態度、言葉からも察知できた。しかし、コーナーキックから鮮やかに1点を返すと、右サイドから川澄が縦に突破し、同点ゴールを叩き込む。前半を2対2で折り返すと、後半の立ち上がりに神戸の南山が勝ち越しゴールを奪う。その後、ゴーネル・ヤネズが押し込んで4対2で神戸が逆転勝利した。神戸の前半の選手交代がゲームの流れを大きく変えたように思う。1対1の局面での強さ、高さ、ファーストタッチ、ヤネズのポストプレーが明暗を分けた。伊賀もスピードでは対抗する場面も何度かあり、前半をリードしたまま折り返せば、違う結果になっていたかもしれない。なでしこリーグの選手を間近で見たが、プレー自体最後まで諦めず、フェアに戦い、マスコミ、ファンへの対応も丁寧に行っている。感心したのは両チームの選手ともどんなスタッフに対しても挨拶をし、笑顔で応えてくれる点である。注目されると驕る選手も多く見かけるが、どの選手も謙虚である。なでしこジャパンの強さの一面を見た気がする。

 10月6日(日)は予選リーグの2戦目。対戦相手の清林館高校は今年から本格参戦したチームで、本校とは初対戦。チーム事情でメンバーは11人揃っていない。本校は初スタメンの選手も含め、2,3年生中心のメンバーで臨んだ。選手にとっては生き残りをかけた大事な試合。もちろん手を抜くことなど許されない。攻め続ける場面が多く、試合に勝利したが、どんなゲームであっても課題が見つからない事はやはりない。何点取られても清林館の選手は諦めなかった。本校以上に学ぶべき事は多かったに違いない。

“あきらめたら、ここで試合終了だよ。” by 安産先生

ページの先頭へ戻る