愛知県高等学校女子サッカー選手権大会

高校選手権 準決勝

 すっかり秋めいた名古屋学院大学で準決勝の時習館戦が行われた。今年のインターハイ県予選では準々決勝で対戦し、4対0で勝利している相手ではあるが、中盤には切れ味鋭い武器を持った選手がいる。試合は立ち上がりから攻め込むもパスの精度が悪く、得点できない。先週とは全く違うピッチ状態でミスを繰り返すようでは・・・と考えながら、ゲームの流れを静かに?見守った。均衡が破れたのは13分、みのりのミドルシュートだった。その後、17分、29分にみさきが、アディショナルタイムにはももかが決めて4対0で折り返す。もしかしてももかってアディショナルタイムの女?! 後半に入ると、ともなが3得点、みさきとみのりが1得点し、9対0で決勝進出を決めた。時習館は1,2年生だけのメンバーであるが、最後まで諦めない姿勢でボールを追い続けた。実際、残り20分の時間帯は得点が奪えていない。新人戦ではもっと力をつけて上位進出を果たすに違いない。本校に敗れたとは言え、まだ東海大会出場のチャンスは残されている。もう1つの準決勝、椙山女学園高校対同朋高校は5対0で、前評判通りの強さで椙山女学園が勝ち上がった。決勝は11月3日(日)の14時から名古屋学院大学で行われる。

 決勝進出を果たしたことで、12年連続15回目の全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選の出場を決めた。今年の東海大会は11月16,17日に豊田市陸上競技場、球技場で行われ、本大会のテレビパートナーであるTBSテレビ(CBC)の協力のもとテレビ中継が実施されることとなった。今回、地域予選が放送されるのは、関東大会、関西大会、東海大会の3地域で、大会の盛り上げ、発展にJFAが協力してくれる形となった。当然、入念な準備・打ち合わせが必要となり、運営面での負担が増えるが、高体連女子委員会の結束の固さが大会を成功に導いてくれるに違いない。運営協力する中でどのチームの選手もこの舞台に立って戦いたいという欲求が高まり、それがモチベーションとなり、そしてチームのレベルが向上すれば、ますます愛知県の女子サッカーが発展すると確信する。

 もう1つ、静岡の県予選で桐陽高校が常葉橘高校にPK戦で勝利し、決勝進出を決めた。東海大会の日程を尋ねる電話の声からも吉岡先生の興奮ぶりがうかがえた。逆に言うと東海大会のもう1つの枠は、常葉橘と磐田東で争われる。すなわち、昨年度の全国大会出場チームのどちらか一方が県予選で消える訳である。じぇ・じぇ・じぇ

ページの先頭へ戻る