平成25年度新人戦 決勝

平成25年度新人戦 決勝

 2月15日(土)名古屋市港サッカー場。決勝の舞台は、前日の低気圧によりシャーベット状になって所々に雪が残っている。試合実施も危ぶまれる状況にあったのは間違いない。ところが、前日から安城学園の中野先生が“新人戦決勝のグラウンド環境を何とかしたい有志の会”を立ち上げ、各校の先生方に水取り用の道具と着替えの準備を呼び掛けたことで、述べ50人以上の生徒や教員が朝早くから会場に足を運び、雪かきをし、水を取った。冷たい雨は降り続き、手も足も感覚を失っているのに、また何かの報酬や見返りがある訳でもないのにである。皆さまの自分を犠牲にしての行動に厚く感謝しています。ありがとうございました。特にマイクを握り、先頭指揮を取り続けた中野先生、輝いていました。熱い呼びかけに係員の人が「マイクの音量を下げた」と報告に来たことを付記しておく。おそらく近隣に住む人への配慮と思われる?!

 試合は予定通り9時45分にキックオフ。人海戦術で準備したとは言え、ピッチは水浸し。そんな状況が幸いしたのか、チャンスは本校が多く作りだした。しかし、椙山女学園も身体を張った守りで得点は許さない。試合が動いたのは前半33分。まあがGKをかわして、右足で待望のゴールを決めた。約束通り、ベンチ前まで来てゆりかごダンス。何が起こったかわからない梶野は横で妙な振りで真似ている。これはもうすぐ産まれてくる梶野先生の第1子の子のためのお祝いダンスで、試合前にこっそり仕込んでおいたものとわかると、表情はなお一層緩んだ。それから程なく前半終了。後半に入るとすぐに、インターセプトしたさおりがセンタリング。それをまたもや、まあが今度は左足のボレーで2点目を決めた。続く後半2分には、コーナーキックからまゆが押し込み、3対0。その後も再三相手ゴールに迫るも決め切れず、そのまま試合終了。9年連続11回目の優勝を飾った。ただ、この優勝がかすむフェアプレー賞は紛れもなく、グラウンド整備、試合運営に携わった人々すべてである。

 その後、高校リーグ(1部・2部)の表彰もそのピッチの外で盛大に行われた。続く男子の準決勝は風が強いものの、いいコンディションで熱い戦いが行われた。これも女子の協力があってのことである。男子の関係者も女子チームの協力体制には感心しきりだったことも最後に付け加えておきたい。

ページの先頭へ戻る