第68回高校総体 準々決勝

第68回高校総体 準々決勝

 5月11日(日)に準々決勝が岩倉総合高校で行われた。相手は予選リーグから徐々に調子を上げ、決勝トーナメント1回戦でも堅実な戦いぶりを発揮した名経大市邨高校。予選ではゲームの入りの悪さが課題の1つであったため、その点を注目していたが、自分たちのペースでゲームに入れていたのは収穫であった。すると、前半4分、左サイドからのクロスをさおりが幸先良く先制点を決める。しかし、その後が悪い。打つシュート、シュートが空砲。市邨ディフェンスにシュートを打たされている感じで、まるでゴールする気配がない。また、DFの緩慢なプレーであわや失点かと思われるシーンも出てくる始末。それでもともなが前半25分にミドルを決めて2対0で折り返した。後半に入っても、DFラインの裏が取れず、シュートは枠外。結局後半30分にまゆが3点目を奪い、3対0で勝利したが、シュートの決定率の悪さが後味の悪さと重なった。これも市邨の選手たちがそれぞれの役割を果たし、全力で挑んできた結果がそうさせたのは間違いない。

 その他の試合結果は、旭丘1?0小坂井、安城学園3?1時習館、椙山女学園2?1岡崎商業となり、5月25日(日)の準決勝の相手は旭丘高校と決まった。見ての通り、準々決勝においてもすべて好ゲームを展開した。愛知県に限ったことではないようであるが、各地域の全国常連校も簡単には勝たせてもらえない時代に突入した感がある。だからこそ高校サッカーはますますおもしろくなる。愛知県の実力は全国にはまだまだ及ばないものの、各チームの監督、選手たちの思いはすこぶる熱い。必ずや努力が実を結ぶと信じる。そんな仲間がここ愛知にはたくさんいることを誇りに思う。

 本当に全くの余談であるが、今日5月12日、ワールドカップ日本代表23人が決定した。毎回色々なドラマがある発表であり、サプライズがあるかと思い、自分の名前を捜したが、やはりなかった(+_+) 4年後のロシアW杯に期待するか…。

 

 

ページの先頭へ戻る