H26新人戦 準決勝

H26新人戦 準決勝

 2月8日(日) 前日の予報とは違い、朝から冷たい雨。これで高体連主催大会(高校総体、高校選手権、新人戦)の準決勝はすべて雨となった。誰のせい?言いたいが言うまい。

 対戦相手は前にも書いたように南山女子部。黄緑のユニホームに身を包み、気合いは十分に伝わってくる。ところが、人数を何度数えても9人。体調不良からメンバーが揃わなかったとのこと。その上、ピッチは水が浮いた状態で、南山得意のプレーも機能しない。本校の部員も手を抜くなど器用なことが出来るはずもなく、全力でぶつかり、ゲームは快勝した。南山の部員も最後まで得点を奪う姿勢を示し、監督の梅垣先生も声をかけ続けた。このゲームを次に生かそうと…。今度はもう1つ上の決勝で戦いましょう。

 続く、第2試合の安城学園対椙山女学園は6対0で、安城学園が高体連主催試合初の決勝進出を決めた。当然決勝で対戦するのは初めてとなる。中野監督のあの大きな声と不敵な笑み、オーバーアクションに惑わされないように、冷静に戦いたい。決勝戦は、瑞穂公園北陸上競技場で10時キックオフで行われる。当日は愛知県高校リーグ1部、2部の表彰も行われ、13時30分からは男子の決勝戦(中京大中京対岡崎城西の勝者と東海学園対東邦の勝者)も同会場で行われる。

 2月8日のこの日、AIFA(愛知県サッカー協会)アワーズ2014が行われた。女子委員会からは全カテゴリーの中から毎年11名が表彰されるが、本校の杉原朋奈(3年)が高校から選出された。全国大会出場は果たせなかったが、愛知県高体連主催大会3冠のキャプテン、高校リーグ1部の最優秀選手などの活躍が認められての表彰となった。本当におめでとう!

ページの先頭へ戻る