近況報告2

近況報告2

 天候が暑すぎます。私の指導が熱すぎます。私の腹まわりが厚すぎます。

 7月19日(日)は東海プリンセスリーグで、藤枝順心高校と名古屋経済大学Gで対戦。2点を先制するも3点奪われての逆転負け。サッカーにおいての2点差は危険であることを改めて実感する。失点の原因はいくつかあるが、これが今の実力か?! 20日(月)は帝京長岡高校が早朝から愛知県に遠出してくださり、炎天下の中、35分×3本、30分×5本のTRM。お互いが持ち味を出し合いながら、ほぼ互角の内容。強いこだわりの中で展開される帝京長岡のサッカー。この2日間で、サッカーの奥深さをこれまた強く実感する。これも名古屋経済大学の三壁さんのお陰。今度はロールケーキではなく、ホールケーキを持っていきます。 22日(水)はFCフェルボールMINOSAとTRM。フェルボールは 25日(土)からの第20回全日本女子ユース(U-15) サッカー選手権大会に出場チーム。ポテンシャルの高さを実感しつつも、きっちりと勝利。2回目出場の全国大会では、惜しくも2回戦で姿を消したが、将来性豊かな選手たちの進路先が気になるのは私だけではあるまい。 23日(木)の高校リーグ(安城学園戦)は、前日からの雨でグラウンドが釣り堀状態。楽しみにしていたが、順延が決定。 25日(土) ・26日(日)に行われた高校生活入門セミナー(オープンキャンパス)のサッカー講座には、2日あわせて約30名程の中学生が参加。初心者から経験者まで、それぞれ持ち味は違えども、サッカーへの真剣な取り組みに私は大満足。この人たちには私の魔の手が伸びるかも…。 27日(月)は高校リーグの春日井商業高校戦。前後半7点ずつ奪い、14対0で勝利。今後に弾みをつけるとともに、昼食の差し入れに脂肪をつけた。

 本校サッカー部の夏の冒険はまだまだ続く。

 

ページの先頭へ戻る