東海プリンセスリーグ2016

東海プリンセスリーグ2016 第2節

 テスト明けの最初のゲームはプリンセスリーグの磐田東高校戦。ご存じの通り、磐田東は4年ぶりに全日本高等学校女子サッカー選手権大会に出場するチーム。お互いが1回戦で勝利すると、全国の舞台で戦うことになる。なので、お互い手の内を隠して戦うということをするかと思えば、決してそんなことはない。少なくとも本校はけが人が出たため、新しい布陣を模索中で、そんな余裕は全くない。磐田東とは久しぶりの対戦となるが、北野先生との挨拶は、必ず天狗ポーズから。これは桐陽高校の吉岡先生も同様である。念のために書いておくが、安城学園の中野先生の挨拶はハグである。

 簡単に得点の流れを書いておくと、前半16分、左サイドのたけが先制点を奪う。後半28分には、ちいなのループが決まり、2対0。ピンチも何度かあったものの、無失点で逃げ切り、そのまま試合終了。今回はたまたま本校に軍配が上がった。

 磐田東と高校選手権で戦う確率は4分の1。本校が鳴門渦潮に勝利すれば、2分の1の確率。果たして2回戦での対戦はあるのだろうか。

ページの先頭へ戻る