怒涛の3連休

怒涛の3連休

 1月7日(土) 8日(日) に行われた第4回名古屋経済大学フェスティバル。監督不在の中、梶野・岩崎コンビでトライ&エラーを繰り返す。ポジションもシステムも固定されることなく、テーマを確認して臨んだ試合は、松商学園高校戦が4対2で勝ち、安城学園高校戦が5対3で勝ち、帝京長岡高校戦が0対2で負けとなった。結果はともかく、収穫ももちろんあるが、課題が山積みであることが2人の報告から確認できた。

 JFA公認指導者研修2017 第10回フットボールカンファレンスは、『育成の検証とこれから』をテーマにJFAや各国の取り組み、世界のトレンドを共有できる貴重な場となった。愛知県の男子の指導者(各カテゴリー)、全国の高校女子や大学の指導者など、本当に多くの人と再会できた。また、時間を超過する盛りだくさんのプレゼンやフォーラムで私のお尻は悲鳴を上げた。念のために書いておくが、痔ではない。

 この3日間で世界のトレンド、世界基準のサッカーについて学び、女子のU-17 ,U-20の世界大会のTSG(テクニカル・スタディ・グループ)の報告も大いに参考になった。レベルは全く違うものの、今まで取り組んできたことと大きな差異はない。とにかくこれからの日常の練習が重要なのは間違いない。

 2016インターハイ以来、2回目の広島は、お好み焼きやカキも飽食し、原爆ドーム、広島平和記念資料館を訪問する中で世界平和を祈念し、心身ともに大きく成長することができた1人旅となった。

 ≪学ぶことをやめたら教えることをやめなければならない≫

ロジェ・ルメール(前フランス代表監督)

 念のために書いておくが、JRAの競馬の騎手ではない。

 

 

ページの先頭へ戻る