H28 新人戦 準決勝

H28 新人戦 準決勝

 冬の雨は冷たい。文字を打つ手が自由に動かない。

 2月5日(日) に雨の中、パロマ瑞穂北陸上競技場で準決勝が行われた。対戦相手は初のベスト4入りを果たした豊川高校。全員1年生とは言え、個人戦術に長けた選手が揃う。試合は開始早々に動く。前半2分、こはるが押し込む。南山戦では得点が奪えず、シュートがヘタと私から揶揄されたが、この準決勝では貴重な先制ゴールを奪った。ただ、この1点だけで終わるのがこはるである。追加点は前半15分、新キャプテンさりーの豪快なミドル。同23分にはちいなのヘッド。同33分にもまいかのヘッドが決まり、4対0で前半を折り返す。後半2分、13分にもちいなが得点し、ハットトリックを達成。3点ともヘッド。どうやら利き足は頭のようである。試合は6対0で勝利し、決勝進出。対戦相手は安城学園高校を3対0で破った愛知啓成高校。秋の愛知県高校女子サッカー選手権の準決勝では圧勝しているが、新チームではいかに?!一方、敗れた安城学園の中野先生。少し痩せた身体は冷たい雨と決勝進出を逃した悔しさで小さく見えた。しかし、目は決して死んでいない。ポジティブシンキングの彼は今日の負けを次のステップと捉えているに違いない。(多分)

 ビックニュースをもう1つ。U-16日本女子代表候補トレーニングキャンプ西日本候補に高校チームからは唯一ちいなが選出された。もちろんチームとしては初の選出である。まだ、代表選手に決まった訳ではないが、いいチャレンジをしてどんどん成長してほしい。私もまた背負うものが増えた。また、サッカーは一人では勝てないスポーツ。なお一層、他の選手の成長を促さないとならない。

≪ローマは一日にして成らず≫

U-16日本女子代表候補トレーニングキャンプ西日本(2/17~19@J-GREEN堺) メンバー・スケジュール

 

ページの先頭へ戻る