2017夏休み終盤|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

2017夏休み終盤

 長かったようで短かった夏休みも明日で終わる。

 8月23日(水) は高校1部リーグで椙山女学園高校と対戦。結果は12対0で快勝。監督の三浦先生との会話で少し昔を懐かしんだ。8月24日(木) は東海Liga Student で、今年度から新規参入の四日市西高校と対戦。相手がけが人や入試の関係で10人の戦いを強いられ、結果は35対0で快勝。監督の福井先生の熱い声掛け、熱意はこれから三重県の女子サッカーを盛り上げてくれるに違いない。8月25日はフェルボールMIMOSAとTRM。U-15とは思えない技術の高さを見せ、全国出場の片りんを見せた。8月26日はLiga Student で名古屋経済大学と対戦。結果は3対0で勝利。三壁監督の顔色は曇り、いつもの黒い輝きを失っていた。念のために書いておくが、今回の勝利はたまたまである。8月28日~30日までは高校1部リーグ炎の3連戦で、対同朋戦は6対1で勝利。対安城学園戦は3対1で勝利。対南山戦は4対0で勝利した。それぞれの監督とはこの夏休みの振り返りや今後について話し合った。みんな本当に熱い人たちです。

 関東や関西では全国高校選手権大会に向けての予選が始まっている。そして、いくつかのチームはすでに涙を飲んでいる。強いチームが勝つとは限らない。それは実証した。チームは次の目標に向けて突き進む。絶対に後悔だけはしないように…。

ページの先頭へ戻る