全日本高校女子サッカー選手権大会 抽選会|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

全日本高校女子サッカー選手権大会 抽選会

 11月23日(金) JFAハウスにて、第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の抽選会が行われた。会場には何と1番乗り。何の得もない。抽選会前に東海地域の代表(藤枝順心・聖カピタニオ・磐田東)の東西(東1校・西2校)を決定する。その結果、本校が西に。と言うことは1回戦で東の代表との対戦が決まる。続いて抽選会。抽選順は3番。シードの4つの場所が決まって最初の抽選チームである。あかりが緊張した面持ちで引いたボールの番号は30番。続いて磐田東高校だが、当然同じ地域なので対戦はしない。次は聖和学園高校がくじを引く。引いた番号は29番。あっけなく、本校の対戦相手が決まった。確率を計算するのは面倒なのでしないが、とにかく早っ!聖和学園とは2年前の選手権の2回戦で敗れ、隣のトーナメントの山の前橋育英には今年のインターハイで敗れ、作陽には2年前のインターハイ2回戦で敗れている。過去の対戦相手がこの山に入る確率を計算するのは面倒なのでしないが、とにかくリベンジするチャンス。名付けて “リベンジ大作戦” ふざけたネーミングですいません…。

 11月24・25日は修徳高校有賀先生に同行し、関東LigaStudentファイナルを視察。会う人、会う人に2度見され、何で?何で?を連発される。深い意味は何もありません。とにかく、さすがは関東。盛り上がりもハンパない。11月25日の早朝。残念なニュースが飛び込む。U-17日本女子代表が準々決勝でニュージーランドU-17にPK戦の末、敗れた。ちいなは後半途中からの出場。結局、ゴールは奪えず、チームは涙を飲んだ。ただ、PK戦では4人目のキッカーとして、外したら負けの場面できっちり決めた。本当に長期にわたる遠征・試合と選手もスタッフもお疲れ様でした。結果は残念だが、一般人には絶対にできない貴重な体験ができたはず。その体験は大切に胸にしまっておこう。ただ、どんな試合であっても負けることはやはり悔しい。悔しさがあるから次に進んで行ける。そうしてみんな成長していく。

 ついにチームは最終章を迎える。全国509校のうち、予選を勝ち抜いた32チームの1つとして、一戦一戦全力で戦い、“ リベンジ大作戦 ” を成功させたい。

ページの先頭へ戻る