平成30年度愛知県高等学校新人体育大会 予選リーグ|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

平成30年度愛知県高等学校新人体育大会 予選リーグ

 3年生が引退し、新チームの練習も不十分のまま、平成30年度愛知県高等学校新人体育大会予選リーグの第1戦が1月14日(月) に行われた。対戦相手は金城学院高校。監督の白井先生と新年の挨拶をかわした。もう1人、今年から金城学院で勤める青年が引率で付き添っていた。以前、本校で英語の教員として数年勤めていた、小多田として面倒を見てきた三小田先生のご子息である。自分の歳を感じるとともに、何か深い縁を感じる。

 試合は前半2分にえみりが口火を切り、12分にひかり、21分にえり、22分になるが得点し、後半2分になるが追加点。ひよりかえりこゆずなみくが公式戦初出場を果たすものの、得点は奪えず、5対0で新チーム初戦をものにした。

 1月19日(土) 予選リーグ第2戦は岡崎商業高校が相手。全力で戦うスタイルがすっかり定着し、最後まで決して諦めることのないチームである。本校も先週と違い、チーム練習も落ち着いてでき、コンディションもよく臨んだ1戦。前半2分にまたまた、えみりが口火を切ると、前後半合わせて、なるが7得点、えりが2得点、えみりが3得点、まこが1得点、りあるが1得点を挙げ、りこきょうかは公式戦初ゴールを挙げた。また、あんしおは得点を奪えなかったが、公式戦初出場を果たした。予選を1位で通過したため、2月2日(土) に名古屋経済大学で行われる準々決勝進出を決めた。

 休む間もなく、新たな戦いが始まっている。

ページの先頭へ戻る