平成大みそか|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

平成大みそか

 平成最後のブログ更新。2002年に今は亡き本多先生とともに始めたHP(ブログ)も17年目に突入しており、月日の流れがよく身にしみる。

 4月の試合は、東海Liga Student 2019 が4試合(VS名古屋経済大学0-2、VS愛知東邦大学Boarsort1-1、VS同朋高校9-0、VS豊川高校4-2)、東海プリンセスリーグ1部(VS東海大翔洋高校2-5)、高校リーグ1部(VS安城学園高校3-0)、TRM(VSフェルボール、VSヴィアティン三重、VS名古屋学院大学 …etc)と多くの試合を行った。試合ごとに良かったり、悪かったりとこの時期ならではのチーム状況。中には急成長を見せる選手も出現…。やはりすべてが順調な訳もなく、選手たちも模索しながら過ごす毎日。目指すものはみんな同じ。全国高校選手権大会同様の、またそれ以上の結束力が生み出せるかが今のチームの最重要課題。インターハイを賭けた闘いはすでに各地で行われている。いわんや愛知をや。

 まもなく、平成が終わる。平成元年に本校に赴任したため、数え易かった経験年数もこれからは足し算が必要になる。また、高体連女子サッカー委員長も20年以上務め、長年女子サッカーの普及に尽力してきた。創部当時の女子サッカーは高体連にも加盟して(認可されて)おらず、チーム数も3校のみ。それが愛知県の諸先輩方の努力や思い、Jリーグ発足によるサッカーブーム、各校の指導者の熱意などにより、チーム数も23チームまで増えた。それに伴い、若い指導者・女性の指導者も増え、安心してバトンを渡す人材、環境が整った。そこで、至学館高校の永井先生が高体連女子委員長を引き受けてくれることとなった。いいものは引き継ぎ、変革が必要なことには若さを発揮し、愛知県の女子サッカーの発展に力を貸していただきたい。他の先生方も永井先生を支え、これまで以上の協力をお願いしたい。当の私は隠居する訳でもなく、桐陽高校吉岡先生に代わり、全国9地域の東海地区の高校代表者として、代表者会議に出席する大役を仰せつかった。吉岡先生も長年お疲れ様でした。少しの間、代表務めます。

 念のため最後に書いておくが、令和元年も聖カピタニオ女子高校サッカー部監督である。

ページの先頭へ戻る