8月前半|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

8月前半

 8月に入り、はや10日程過ぎたが、そこまでを振り返る。

 8月1~3日まではお互いインターハイ出場を逃し、原点回帰といことで、福井工大福井高校のホームグラウンドのカールマイヤーで3日間2チームだけのトレーニングマッチを実行。熱中症に細心の注意を払いながら、30分ゲームを??本。1本1本テーマ、目標を持たせ、ポジション・メンバーも入れ替えながらの戦い。アップの取り組み、行動の遅さ、疲労やミス、コミニュケーション不足などから不協和音が響く。一生懸命取り組むからこその衝突であるが、次に進むためには重要なポイント。選手権に賭ける思いが表れたシーンの1つである。また、決定力、同じミスの繰り返し、終了間際の失点、パスの質などの課題も多く出た。ただ、最終日には手応えもはっきりと感じた。我がチームながら選手たちの頑張りには正直驚かされた。

 8月4日には常葉大橘高校とのプリンセスリーグ第3節。とこはグリーンフィールドに移動し、久々の40分ハーフのゲーム。しかもこの暑さ。強行日程に反省しつつも試合はスタート。前半17分にえりの放ったシュートに反応したまなが先制のゴール。まなにはその前に決めてほしかったことは言わないでおこう。前半31分には中央を突破され、失点し、1対1。前半35分にはまこの狙いすましたミドルがゴールに突き刺さり、2対1で前半を折り返す。後半7分に失点し、2対2の振り出しに戻る。この後、押され気味なゲームをキーパーを含めたDF陣、中盤・前線の選手が対応し、相手の攻撃に耐える。すると、終了間際にビッグチャンスが訪れたが、ゴールラインは割れず、結局2対2で引き分けた。少なからず、福井遠征の成果が随所に見られたことが大きい。

 8月5~8日までは第9回エスパルスカップに参加。前身のワイズメンズカップを含めると、18年連続出場である。≪思えば遠くへ来たもんだ≫ ここは結果だけの掲載でご容赦を!予選リーグVS星翔(大阪)0-0、VS鳥取城北(鳥取)6-0、VS磐田東(静岡)2-0、VS藤沢清流(神奈川)0-0で予選2位。2位トーナメント1回戦VS大和(神奈川)4-0、準決勝VS湘南学院(神奈川)2-1、決勝VS入間向陽(埼玉)0-0(PK1-0)で2位トーナメント優勝。カップ戦とは言え、負けなしは十分評価に値する。無理を強いた遠征が続いたが、全員よく最後までやり切った。余力残しは誰もいない。『痛みに耐えて、よく頑張った。感動した。』 by小泉純一郎(小泉進次郎の父)とにかく、しばしオフの時間をうまく使い、英気を養おう!

 オフ明けからはいよいよ皇后杯、選手権へと最終章に突入する。

 

ページの先頭へ戻る