8月後半|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

8月後半

 8月後半を振り返る。8月23日は雨の中、サッカー部体験を実施。中学2年生を含む多くのサッカー経験者が参加してくれた。夏の全国高校野球選手権大会優勝の履正社高校同様に本校には寮がない。いくつかの理由はあるが、自宅から通学できる範囲の部員で成り立っている。今回参加してくれた中学生が全員入部してくれれば全国でも十分戦える…?!とにかく雨の中、ありがとうございました。

 8月24日は帝京大可児高校のけやきフィールドで東海Liga Student 2019 の試合を行った。帝京大可児は今年の沖縄インターハイに初出場し、ベスト8入りし、躍進中のチームである。本校は愛知県予選で、『途中で、こけちゃいました』by 谷口浩美  なので、久しぶりの対戦である。試合は前半9分にえみりのシュートが決まり、幸先良く1点を先制。前半13分には13番の選手が抜け出し、シュートを決められ、1対1の同点。その後のチャンスは帝京大可児の固い守備にゴールを奪えず、そのまま前半終了。後半に入ると、後半25分にかんながこぼれ球を押し込み、2対1でリード。31分にはまなが決め、3対1で勝利した。

 8月25日は高校Ⅰ部リーグで同朋高校とけんぽスポーツの森で対戦。前半6分にえり、後半9分にまな、17分にまこ、21分にゆずがゴールし、4対0で勝利。同朋の粘り強い守備の前に手を焼いたが、きっちり勝ち切れた。

 8月26日~28日までは、つま恋でレディースサマーカップに初参加。ビュッフェ形式の食事も魅力の1つなのだが、親の経済的負担を考え、3日間日帰りでの遠征。暑さもほどほどで、ゲーム数もほどほどで、内容もほどほどで、腹8分目の3日間であった。主催者の尾張フットボールクラブ(山﨑由加さん)には感謝!感謝!来年度もぜひお願いします。また、東京の文京学院中学・高校も参加しており、初日と3日目にTRMを組んだ。高校生は今週末に全国高校女子サッカー選手権大会東京予選を控え、我々とは比較にならない日帰り強行軍で最終調整を行った。同級生の床爪先生(全国高体連女子委員長)との沖縄以来の再会も満足度を高めた。ここだけの話だが、tokobi はこの3日間だけはLine 復活!!

 夏休みは8月30日の高校Ⅰ部リーグ(VS時習館高校)と9月1日の皇后杯愛知県予選準々決勝(同朋高校と愛知淑徳大学との勝者)の2試合を残すのみ。いづれも勝利してこの夏を終えたい。

ページの先頭へ戻る