皇后杯第41回全日本女子サッカー選手権大会愛知県予選 決勝|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

皇后杯第41回全日本女子サッカー選手権大会愛知県予選 決勝

 9月15日(日) 口論義運動公園にて皇后杯愛知県予選決勝が行われた。対戦相手は本校卒業生が5人お世話になっている名古屋経済大学。昨年度のチャンピオンであり、東海女子サッカーリーグ2部で、首位を走るチームである。監督は公私ともにお世話になっている三壁さん(日本国籍)である。

 立ち上がりはお互い相手の出方をうかがう。名経大のボールの動かしにも対応し、決定的な場面を作らせない。攻撃面では後ろに比重を置いた分、厚みのある攻撃ができず、結局0対0で前半を折り返す。後半に入り、名経大が先に動く。耐える時間が続いたが、得点は許さない。すると、後半20分、DFとGKの連携ミスを逃さず、えみりが値千金のゴール。給水タイムが入った後、名経大の怒涛の攻撃が始まる。コーナーからの連続攻撃はオフサイドの判定でゴールを免れる。速攻からフリーで打たれたシュートはなるが身を呈してのクリア。まこのシュートがポストに嫌われるシーンもあったが、終盤は完全に名経大のペース。それでも虎の子の1点を守り切り、1対0で勝利した。準々決勝からの出場で苦しい戦いの連続であったが、3年ぶり3回目の皇后杯愛知県予選の優勝となった。

 皇后杯東海予選は10月5.6.12.13日にテラスポ鶴舞で行われる。10月5日の対戦相手は岐阜県代表の帝京大学可児高校である。

 9月16日の敬老の日から、全日本高等学校女子サッカー選手権大会の愛知県予選が始まった。トーナメント方式で勝ち上がった4校で決勝リーグを行い、東海予選に出場する2チームが決まる。3年生にとっての最後の戦い。熱い戦いが待ち受けている。

P.S.皇后杯の岐阜県代表は今週末に決定するそうです。決勝進出のジュベンFCフロールの選手ならびに関係者の皆さま失礼しました。ジュベンには本校卒業生が3名所属しています。対戦を強く望みます!!!

 

ページの先頭へ戻る