皇后杯第41回全日本女子サッカー選手権大会東海予選1回戦|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

皇后杯第41回全日本女子サッカー選手権大会東海予選1回戦

 10月5日(土) テラスポ鶴舞WESTで、第41回全日本女子サッカー選手権大会東海予選1回戦が行われた。風は爽やかだが、気温は30℃を超す真夏日。対戦相手は岐阜県代表の帝京大可児高校。8月24日以来の対戦となった。ゲームは順調な立ち上がりでシュートも放つ。ところが、パントキックから一気に押し込まれ、前半4分に失点。あまりにも早い失点に言葉を失う。しばらく小康状態が続き、早めに手を打つか思案していたところ、前半25分、左サイド初先発のまちるがゴールネットを揺らし、1対1の同点。その5分後、トップ起用のきょうかが右足ダイレクトでゴールし、2対1と逆転に成功。2年生コンビが先発起用に見事に応えた。もちろんお膳立ては3年生である。監督なんだから、もっと生徒を信じて我慢しろとの教訓を得た前半となったように思う。反省…。

 後半に入ると、押し込まれる時間帯が続き、ここはたまらず選手交代のカードを切る。この日大学受験を終えて駆けつけたえみりの投入である。きっと間に合うと信じてサブメンバー入りさせていたことが功を奏した。すると、後半11分、そのえみりがヘッド(肩?)で名刺がわりの一発を決め、3対1とリードを広げる。後半20分にはまなが前半の不調を吹き飛ばすヘッドを決め、4対1。このまま試合は終了し、2年連続のベスト8入り。明日は藤枝順心高校と対戦。何の大会かわからなくなりそうだが、あくまでも皇后杯の東海予選(3チームが本戦に出場)である。相手は紛れもなく、東海地区の高校王者。今年度初対戦を楽しみたい。試合はテラスポ鶴舞WESTで13:30 kick off で行われる。スカウティングもほどほどに、日本対サモア戦を観戦する準備を始めるとするか…。

 今日の試合結果。

名古屋経済大学 対 磐田東高校 (2-0)

常葉大学橘高校 対 神村学園高校伊賀分校 (4-1)

ヴィアティン三重 対 ルクレMYFC (1-0)

聖カピタニオ女子高校 対 帝京大可児高校 (4-1)

 

ページの先頭へ戻る