第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 愛知県予選 決勝リーグ第2節|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 愛知県予選 決勝リーグ第2節

  10月19日(土) 雨の予報も天気は崩れず、決勝リーグ第2節が名古屋学院大学で行われた。立ち上がりから攻め続けるもゴールは奪えず、安城学園高校の魂のディフェンスの前に苦戦する。フィニッシュの精度が悪く、前半9本のシュートはすべて空砲に終わり、0対0で折り返す。後半5分、コーナーキックから放たれたボールが直接ゴールに吸い込まれ、貴重な先制点を奪う。すると、ここから安城学園高校の大きなボールを使った攻撃にさらされ、押し込まれるシーンが続いた。しかし、落ち着いた、集中した守備で無失点に抑え、1対0で逃げ切り、第2節も勝利した。やはり高校選手権大会、3年生にとって高校生最後の戦いでもあり、どのチームも簡単には勝たせてくれない。ただこれで2位以内を確定させ、東海予選への出場を決めた。続く、豊川高校対愛知啓成高校の試合は3対0で豊川高校が勝利し、同じく東海予選出場を決めた。優勝を賭けた大一番は10月26日(土) に名古屋経済大学で行われる。

“絶対に負けられない闘いがそこにはある”

ページの先頭へ戻る