令和2年度愛知県高等学校女子サッカー大会 準決勝|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

令和2年度愛知県高等学校女子サッカー大会 準決勝

 愛知県に連日150名前後の新型コロナウィル感染者が報告される中、感染防止を徹底し、8月8日(土) の今日、名古屋経済大学で、令和2年度愛知県高等学校女子サッカー大会準決勝が予定通り行われた。対戦相手は本田監督率いる同朋高校。半分以上が1年生のメンバーと、若いチームだけに今最も勢いのあるチーム。

 まずまずのゲームの入りも前半5分、右サイドからのクロスに対し、DFとGKの連係ミスから失点。ここからドタバタしたゲーム展開が始まる。あせりも強いプレッシャーもあり、ボールが落ち着かない。それでもめいからのパスにふうかが抜け出し、きっちりと同点ゴールを決める。成長の跡が見られたシーンであった。前半30分には右からのクロスに対し、あやかが押し込み、2対1と逆転し、前半終了。後半に入り、ゲームは落ち着くどころか、中盤をすっ飛ばしての戦い。これも想定内ではあったが…。最後まで守備陣の身体をはった頑張りもあり、2対1のまま試合終了。よかったのは結果のみである。厳しいようで(*- -)(*_ _)ペコリ

 8月10日(日) の決勝の相手は、至学館高校を3対1と、逆転勝利の安城学園高校。何回目の対戦かはわからないが、新人戦決勝以来の対戦となることは確か。よろしく中野監督。3位決定戦を含め、無事に大会を終えることを切に願う。また、大会に携わるすべての人の感染予防対策をお願いします。

ページの先頭へ戻る