令和2年度愛知県高等学校女子サッカー大会 決勝|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

令和2年度愛知県高等学校女子サッカー大会 決勝

 8月10日(月) 令和2年度愛知県高等学校女子サッカー大会の決勝が口論義運動公園サッカー場で行われた。気温が高く、30分ハーフのゲームにおいて、前後半2回ずつの飲水タイムを設けての戦い。選手・スタッフ・審判団の熱中症予防にも気を遣いながら、試合開始のホイッスルを聞いた。立ち上がりすぐに安城学園のコーナーキック。今や完全な武器となっているセットプレーに肝を冷やしたものの、何とか跳ね返し、ゲームが落ち着く。お互い手のうちを知り尽くす戦いであるが、幾分メンバーが入れ替わっているのは本校。それでもベテラン監督の域に入りつつある中野監督は静かに戦況を見守る。以前は大きな声がピッチ上にこだましていたが…。結局前半は0対0で、折り返す。後半6分、そこまでほとんど輝きを失っていた背番号10のかんなが左足を振り抜き、待望の先制点。その2分後には、きょうかとの連携からまたもかんなが決め、2対0とリード。そこから安城学園も反撃に出て、後半30分に混戦からのこぼれ球を決められ、2対1。アディショナルタイムは3分。DF陣も粘り、何とかそのまま逃げ切り、夏の大会4年連続、4回目の優勝を飾った。キャプテンまちる、副キャプテンりこの体制になり、初のタイトル奪取となった。安城学園との戦いではいつも学ぶことが多く、サッカーの原点を思い起こさせてくれる。また追われる立場になるが、今のままでは足元をすくわれる。今日は喜びに浸って、明日から “ りスタート ”

 今大会は色々な制約があり、参加することもできないチームも多くありました。長年、サッカーの指導に携わってきた私は、女子サッカーの普及、女子サッカーの地位向上、女子サッカーに取り組む選手たちの人間的成長のために尽力を尽くしてきました。ただ、あるチームの選手や保護者の中で、その思いを踏みにじる言動、行動があったことを耳にすると、残念で仕方ありません。サッカーは保護者も含め、チームの仲間、スタッフ、相手チーム、審判、試合会場…etcがあって成立するものです。今一度、各チームの指導者の方も原点に立ち返り、リスペクトの精神を忘れず、大好きなサッカーに取り組んでほしいと思います。最後に少し説教っぽくなりましたが、優勝の報告と今大会のフィードバックでした<(_ _)>

ページの先頭へ戻る