皇后杯 愛知県予選 3位決定戦|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

皇后杯 愛知県予選 3位決定戦

 9月13日(日) 皇后杯第42回全日本女子サッカー選手権大会愛知県予選の3位決定戦・決勝戦がテラスポ鶴舞EASTで行われた。対戦相手は古豪FCプロジェクトソニアで、本校創部の頃には愛知県の王者として君臨していたチームである。卒業生も複数在籍していたが、今では1人のみである。平均年齢はここでは触れない。いや、触れられない。

 試合は早い時間帯から動く。前半7分、あやかが左足を振り抜き、技ありのシュートを決める。自分で決め切ったところに成長を感じたシーンであった。前半21分、今度はかんながおしゃれなシュートを決める。前半35分、ふうかの突破が相手のOWNゴールを誘い、3対0とリード。前半37分にもかんなが決め、4対0で折り返す。予想以上の展開に、後半からメンバー、システムを変更する。これがバランスを崩す要因となり、相手ペースで試合が進み、後半12分、コーナーキックから失点し、4対1。その後もリズムが掴めず、ストレスが溜まる展開が続く。収穫の少ない後半であったが、監督としては前向きにとらえている…。そんな中、アディショナルタイムにかんながハットトリックとなるゴールを決め、5対1で試合終了。かんなの先週のうっ憤を晴らすかのような活躍もあり、第3位で今大会を終えた。この結果には満足できないが、無事に大会を終えることができ、関係者の方々の努力に感謝である。愛知県大会が中止となれば、本校が前年度優勝チームとして東海大会に出場できたが、それではまったく意味がないし、部員たちも複雑であっただろう。これから限られた時間の中で選手の底上げを図らなくてはならない。まさしく高校選手権大会で真価が問われる。

ページの先頭へ戻る