人間万事塞翁が馬|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

人間万事塞翁が馬

 2020年度も明日で終了。2021年になって早くも3ヶ月が過ぎ、気が付かないふりしていたが、ブログの更新は何と今年初。誰も何も言わないところに、このページの存在感がわかる。新型コロナウィルスに感染したとか、大病を患い入院してしたとか、旅に出てしまったとか、学校をやめてしまったとか…etc.  色々推測されていたかもしれませんが、1つ齢 (よわい) を重ねただけで何も変わっていませんよ。

 新人戦が途中で中止になり、3月13日 (土) からようやくTRMも解禁。練習ではわからない課題が浮き彫りに。そして3月25日からはついに関東方面に宿泊を伴う遠征。この機会を与えてくれた学校、理解を示してくれた保護者、試合をしてくださったチームにも感謝、感謝。一昨年の高校選手権大会以来の遠征で実に15ヶ月ぶりとなる。ただ、日本各地で新型コロナウィルスの感染者数は、前の週を軒並み上回っている状況。もう何が正解なのか誰もわからない。いや正解などない問題なのかもしれない。だからこそ判断に迷うのだろう。久しぶりの遠征であったが、その喜びというよりも、チーム、運営者側の感染防止対策の徹底ぶりを強く感じた。

 新年度がまもなくスタートする。監督(多田)、コーチ(水野、大城、梶野)、トレーナー(豊田、小松)の陣容は変わらない。信用できるスタッフとともに、32年目のシーズンを迎える。ブログの更新はあてにせず、チームの応援をよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る