夏大会準々決勝 からの 東京2020オリンピック開会式|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

夏大会準々決勝 からの 東京2020オリンピック開会式

 愛知は♪今日も♪快晴♪だった~♬

 7月23日(金) スポーツの日に令和3年度愛知県高等学校女子サッカー大会準々決勝が知多フットボールセンターで行われた。対戦相手は愛知啓成高校。果たして何回目の対戦だろうか、言わずと知れた旧知の仲である。

 最初のチャンスを決められるかが勝負のポイントと思っていたが、前半1分にビックチャンスが訪れ、それをしいながキーパーの股を抜いて先制ゴール。続く7分には、ふうかの特徴の出たゴールで2対0。この調子で追加点を狙うものの、愛知啓成も本校の攻撃にも慣れ、小康状態が続き、前半終了。後半に入っても単調な攻撃を繰り返し、ミスからカウンターを受けるシーンも…。後半12分にしいなの個人技から3点目を奪うと、22分にふうか、30分にれながゴールし、5対0で勝利した。無失点勝利にベスト4進出。まずは1歩前進!明日のサッカー体験を挟み、連戦となるが、この暑さの中でも試合が出来ることに喜びを感じたい。まさかそう思っているのはひょっとして私だけ?!

 まもなく東京2020オリンピックの開会式が始まる。妻沼カップの時期には群馬県で聖火リレーが行われていた。それが今日の開会式で聖火台に点火される。もう見ることのない東京オリンピック、記憶に残しておくためにもアスリートの姿を見届けたい。今に始まったことではないが、私は筋書きのないスポーツ観戦が好きなようである。

ページの先頭へ戻る