流行語|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

流行語

今年の流行語大賞は≪なでしこジャパン≫になった。暗い話題が多い中で、国民に希望と勇気、感動を与えた意味でも妥当な選考と言える。ただ、流行には『一時的急に世界に広がり、増えること』の意味がある。なでしこジャパンが今年だけのはやりで終わらせないためにも新しい環境作りも必要となる。東電の選手をJ1の仙台が受け入れ、なでしこリーグの2部にあたるチャレンジリーグは東西に分けず、2回戦総当たりで来年度は実施される。これらが選手の底上げにつながり、ロンドンオリンピックでの活躍につながることを願う。我々高校の指導者は上のカテゴリーに選手をつなげる役割を担うことも要求されるが、一番の目的はサッカーを通じての人間教育にある。様々な困難や失敗を克服する中で、現実逃避しない忍耐力を身につけ、選手、監督、保護者、関係者、出会う人に対して心からの挨拶ができ、あらゆる場面で人の話が素直に聞ける女性に育てていきたい。チームスポーツにおいてわがままは許されない。この年代において我慢させる事も重要なキーファクターになると思う。どんな形であれ、社会に貢献できる女性になれるよう、これからも指導を続ける。サッカー部員はもちろんの事、本校生徒のために…。

ページの先頭へ戻る